Home > アーカイブ > 2015-01

2015-01

年明けから暗い事件多いですね。

●年明けから暗い事件多いですね。

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

世間ではイスラム国に人質にとられた後藤健二さんの話題で持ちきりですが。暗いニュースはほかにもたくさん。

大阪市内では警察官による殺人事件がありました。警察官という犯罪を取り締まる側の人間が犯罪を犯したという何ともショックな事件です。とはいえ組織が巨大になれば、清廉潔白な人間だけではないもの。一部の人間の行動によって、全体に対しても猜疑心に満ちた目が向けられてしまいます。まじめに職務に励んでおられる警察官にとってはややりきれない思いでしょうね。

他にも、名古屋市の女子大生による老婦人殺害事件。興味本位で殺人を犯したとしか思えない事件であり、大変ショッキングな出来事です。殺人を犯してそれを、SNSに投稿しているような内容な書き込みがあったことなどは驚きですね。

年明けから暗い事件が世間をにぎわしています。明るいニュースが増えていくことを望みます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死防止の取り組み

●孤独死防止の取り組み

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

社会問題化している孤独死の対策に向けて、いくつかの取り組みがあります。

これは昔からの手法ですが、民生委員や社会福祉協議会などといったものによる見守りです。後は地域コミュニティーによる見守り体制の構築。有名なのは千葉の松戸常盤平団地での取り組み。「孤独死ゼロ作戦」と名打って、様々な取組みを行っています。

民間企業でも、警備会社のシステムを利用した見守りシステム、インターネットを活用した見守りシステムなど色々なアイディアが出てきています。費用面での問題があるので、拡大にはもう少し時間が必要な気配ですが。

一方、自治体でも、ライフライン事業者(電気・ガス・水道等)や、宅配業者、食事サービス提供業者、新聞配達などと組んで、日常業務の傍らで何か異変が感じられた場合に、早期に発見が可能になるような取組みも行われています。

ただし、いずれの場合も問題になってくるのはプライバシーの問題です。本人自体が周囲とのコミュニケーションを拒んでしまった場合は、見守ることも難しくなってしまいます。孤独死防止の取り組みが始まってまだ年月も浅いです。これからも地道に励んでいくしかないのでしょうね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つまようじ男

●つまようじ男

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。
つまようじを混入し、動画を投稿して、逃走していた19歳の少年が滋賀県の米原で逮捕されました。稚拙な犯行、稚拙な行動にはあきれるほかないというしかありません。この少年、生活保護を受けていたんですね。逃走資金も生活保護費がもとになっていました。ということは、このしょうもない行動に税金が使われたということになります。国の借金が増えて、消費税も値上がりせざるを得ない状況だけに、こういった生活保護費の受給に関しては、もっと考える必要があるのではないでしょうか。

一概に生活保護が悪いわけではありません。孤独死や独居死された方の中には、生活保護が行き届かずに、餓死に近いような状態になった方々もおられます。本当に生活に困窮された方々にはセーフティネットとして生活保護は欠かせません。一方で、不正受給を疑わざるを得ない人たちも多いのが実情です。(某お笑い芸人の件など、話題になりましたが。)保護費を不正受給して、贅沢な暮らしをしているといった話も耳にします。まじめに働いて、税金を払い続けた国民年金受給者が生活に苦労しているのに、遊んで暮らしている生活保護受給者の方が、暮らしぶりがいいといったケースもあります。

この国のありようとして、どういった方向性がいいのか?生活保護の見直しは必要不可欠ではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阪神・淡路大震災仮設、復興住宅で 孤独死 独居死が1000人 超える

SCS特殊清掃の岡本です。

阪神淡路大震災から今年で20年経ちますね。
私の20年前はちょうど高校卒業前で自宅で寝ている時に
地震の揺れで本棚が倒れたのを覚えています。
神戸に住む友人は数人被災しており、当時携帯電話も持っておらず
安否連絡が取れる手段は公衆電話・ポケットベル・自宅電話だけでした。
やっと無事の連絡が取れたのですが、周りは死者:6,434名 行方不明者:3名
負傷者:43,792名という大災害になっていました。
あれから早いもので20年がたち、神戸の街も復旧が進んでいる中での
震災で自宅を失った方や家族を失った方達が住み始めた仮設住宅や復興住宅での
孤立死や独居死。私も現場で何度か仮設住宅や復興住宅へ特殊清掃や遺品整理へ
行きました。高齢者の病死や自殺の足跡をみました。なかでも『寂しい』とメモ書きに書かれて自害された方の自宅。
今でも脳裏に焼き付いています。
震災で一人になり、お亡くなりになる時も一人。特殊清掃をしながら胸が締め付けられるように
凄く寂しい気持ちになりました。お亡くなりになられた方はそれ以上に寂しい気持ちだった事と思います。

今現実に震災後から仮設住宅や復興住宅の20年間で1000件も超える独居死や孤立死が起きています。 
なんとかそうならないようにできないでしょうか。

元記事はこちらからです。
独居死20年で1000人超す 阪神・淡路大震災仮設、復興住宅で

Home > アーカイブ > 2015-01

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ