ホーム > タグ > 浴槽死

浴槽死

泉佐野市で特殊清掃の作業をしました。

うだるような暑さの毎日が続きますが、今が暑さのピークのようです。これからは少しづつ気温が下がって過ごしやすい秋が待ち遠しいです。

特殊清掃の現場ではこの時期には強烈な臭いの問題との闘いがあります。ご遺体の腐敗が酷く、血液液や体液が腐った強烈な腐敗臭を引き起こしてしまいます。その臭いは集合住宅では共用部に漏れ出てしまいますので、特殊清掃の現場作業時は窓やドアを開けたままにすることはできないのです。どれだけ暑くても密閉したままの作業をすることになります。こればかりは何年間していてもなれる事はないのですが、熱中症にならないように細心の注意を払って身体の管理をしています。。大阪府泉佐野市での特殊清掃現場作業をしました。現場は集合住宅。

依頼者のご遺族様を待っている間、どこからともなく漂ってくるあの独特の腐敗臭を鼻で臭いを追って部屋を割り出すように注意してみていました。するととある事に気づく。ある特定の集合住宅の外側からみた壁の窓(トイレか風呂)に大量の蠅が飛び回っていた。なるほどここだと思った。現場はお風呂のようだ。お風呂の浴槽の中でお亡くなりになった跡は独特の腐敗臭のなっていることが多く。感覚でいうと重い臭いになります。遺族様と打ち合わせ後、お風呂の特殊清掃の作業に取り掛かりました。浴槽いっぱいの黒くなってしまったお湯をくみ取り浴槽自体を何度も殺菌消毒と洗浄を繰り返して数時間後には見た目はそこで何があったのかを分からないくらいの浴槽に戻しました。この時期なのでお風呂で熱中症になってしまい、そのまま亡くなった可能性もあるとの事でしたが、高齢者エアコンを使用しない方が3割以上もおられるとの事でご家族の方は注意が必要ですね。実家で一人暮らしされている高齢者のご家族の方は一度、ご家族にエアコンの使用をするようにお声がけしてあげてほしいですね。

故人様のご冥福をお祈り申し上げます。

 

孤独死や孤立死、自殺現場の清掃はSCS特殊清掃までご連絡ください。

0120-469-466

 

トイレやお風呂でのヒートショックに注意です。

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。
2月も最終になりいよいよ春の空気を感じる気候になってきました。世間では花粉症の怖さを知っておられるかたが、早々の予防対策を取っておられると聞きました。
花粉もそうですが、気候が暖かくなる日が続いておりますが、まだまだ寒暖の差は激しく油断は禁物です。いくら昼間が暖かいからといって夜には冷え込みます。そこで注意しなければならないのがヒートショックです。ヒートショックとはトイレやお風呂と室内の温度差が激しくそこに出入りする事で急激に血圧の負担がかかり倒れてしまうことです。日本では近年皆が知るようになってきた孤独死や孤立死と言った原因で熱中症が多く挙げられておりますが、実は熱中症による死亡例は一年間に621名。はるかにそれよりも多いのがヒートショックでの死亡例です。なんと一年間に1万7000人もの人がヒートショックでお亡くなりになっているのです。それほど怖いヒートショックとは極端な話をすれば学生の時に真夏に巨大冷凍庫から急に出たり入ったりすると強い立ち眩みに襲われた経験がありますがあれの酷いときの状態でしょうか。まだまだ気温が安定しないうちはお風呂に入るときにシャワーを先に浴室内で流した状態にしておくことで、温度差を無くすように予防してくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で22000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒートショックには気をつけてください

SCS特殊清掃の岡本です。1月も最期になり早くも2017年になり1か月が過ぎました。
雪が降って寒い日が続くとおもいきや、関東では20度近くまで気温が上昇するなど、冬はどうなってしまうんでしょうね。
春が待ち遠しい気持ちはありますが、あまり冬らしくない冬を体感するのもなにか物足りなく感じる今日このごろです。
2月目前にし、例年には無かった流れが来ています。
毎年年明けから特殊清掃の依頼が連続してずっと続くことって少なかったのですが、今年は別格。正月中からずっと孤独死や孤立死などの特殊清掃の現場が続いているのでさすがにこれは異常事態です。なかでも70パーセントが浴槽に浸かってお亡くなりになっていたのです。夏場と違い、冬場であれば発見が遅れたとしても浴槽に追い炊き機能がついていなければ夜間は水温が5度以下になるので冷蔵庫と同じ役割を果たしているのです。死臭や腐敗臭もあったとしてもごく微量なものです。そうなるとヒートショックや心筋梗塞等で浴槽に浸かったまま急死された故人様は自然に冷やされていくわけです。お風呂で死後2週間たっていましたとか言われても実際見てみるとそこまでの日数を感じられない現場模様。しかしお亡くなりになった場所というのは間違いないことなので私を選んでいただけたのならば精一杯尽くさせていただくのみでした。ほんとうにお風呂でお亡くなりになられる方が非常に多い季節になっております。ヒートショックを防ぐ予防もあります。脱衣所にヒーターなどを設置して温め、浴室と脱衣所、またはトイレと廊下の温度差を極力なくすようにしてください。あと長湯は禁物です。程よい入浴で体を温めて出るようにすることでかなりのヒートショックを防ぐことができます。亡くならなくても良い命は救える命。どうか身近な家族や近隣の方へのお声がけ一つで大きく変わることもございますので、皆様も実践してみてください。

なにかお困りのことがありましたら24時間年中無休で私たちが駆けつけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年末年始の特殊清掃

SCS特殊清掃の岡本です。
新しい年になりましたが例年のごとく正月を感じさせない2017年となりました。元旦から特殊清掃の依頼電話がなりました。世間では正月であっても、ご親族や親せきを亡くされたご遺族様にとっては決してめでたい元旦ではありません。一年の始まりに警察から電話が鳴り、覚えがないだけにびっくりし、世界中のどこにいようと飛んで警察までいかなければならないからです。私の経験上、過去の例をみてもクリスマス~年末年始にかけて毎年特殊清掃の依頼が多い。歳を超すことなくクリスマス後に自ら命を絶たれる方や年末年始にお酒を沢山飲み湯船に浸かってそのまま亡くなる方。せめて年越しから年明けは家族や親族と共にいることが出来れば回避できるのではないでしょうか。今の世の中凄く寂しいことになっていますね。今年も明日は我が身と心に刻み現場に臨みたいと思います。

孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は業界18年間で20000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒートショック(浴槽死)

●ヒートショック(浴槽死)

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

この時期多くなるのが、ヒートショック(浴槽死)です。お風呂場でお亡くなりになる方多いんですよね。暖かい部屋から、寒いお風呂場に移動することによって、血圧が急激に変化して脳や心臓に異常をきたしてそのまま亡くなってしまうんですね。もしくは寒いお風呂場から、熱い湯船につかってというパターンもあります。弊社に依頼があるのは、死後何週間も経過して、普通の人では清掃できないようなケースですので、全体の内でも少ない方でしょうが、それでも冬場の浴室でお亡くなりになるケースは多いです。

先日、このヒートショックに関して通販番組で触れていました。商品は「浴室暖房器」ヒートショックにならないためにも購入されて、つけてみてはということでした。新しいマンションや戸建て住宅などは、今や浴室に浴室暖房・浴室乾燥がついているのは当たり前のようになっていますね。しかし古い住宅、古い賃貸住宅、URや市営・県営住宅の昔ながらのお部屋ですとタイル貼りのお風呂というのも多いですよね。このタイル貼りのお風呂、冬場にはより一層冷たさが増します。こういったこともヒートショックを引き起こす一因になっているのではないでしょうか。

浴槽でお亡くなりになって、発見が遅れてしまった場合、適切に清掃・処理をしないと大変なことになってしまう場合が多いです。こういったケースに遭遇されてどうしたらいいかわからないという方おられましたらご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 浴槽死

ページの先頭へ