ホーム > タグ > 自殺

自殺

三浦春馬さん

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

女優の芦名星さんがお亡くなりになられてそうです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。まだ36歳と若く、自殺の可能性もあるということです。何があったかはわかりませんが痛ましいニュースになりました。

今週の火曜日からはTBSで三浦春馬さんが出演されていた「おカネの切れ目が恋の始まり」というドラマが始まりました。本来の話数を削って放送するようですね。俳優さんという職業の関係上、こういった形で、亡くなられたあとに普通に生きられているところを見られるのは不思議な気持ちになりますね。若くして成功して、華やかな世界に生きられて、普通の一般人からしてみれば、キラキラしているようにみえても、やはり当人にとっては様々な悩みや苦悩はあるってことですよね。

先日の統計でも8月の自殺者が前年に比べて増加しているといったニュースがありました。新型コロナウイルスの影響による経済的な問題も要因になっているかもしれません。経済状況が悪化すると自殺者数も増加する傾向にあるようです。新型コロナウイルスの影響による経済的なダメージは数カ月続くものと見込まれますので、これ以上自殺者数の増加傾向に影響がなければいいのですが。。。自殺というのは悲しいニュースです。あまり耳にしない世の中であればいいですね。

事故物件住みます芸人

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

「事故物件 恐い間取り」という映画が公開されます。ジャニーズ事務所の亀梨和也さんが主演で、先日公開直前イベントが行われたのですが、折しもの週刊誌報道で別の意味で注目のイベントとなってしまいました。この映画は、松原タニシさんという芸人さん(事故物件に住んで、それをレポートされるといった活動をされています。)この松原さんが書いた「事故物件住みます芸人」をもとにしたのが、この映画になります。仕事柄、事故物件というのも知っていますし、そこに住んでおられる方も知っています。ただ、自殺物件や孤独死物件(これをどこまで事故物件として扱うかは、明確に基準はありませんが)に住んでおられるといった話は耳にしますが、さすがに殺人事件などの現場ですと、なかなか住んでいるといった話は聞きません。やはりそこは敬遠されるのかもしれませんね。自殺や孤独死であれば、この松原タニシさんのように、あえてそこを探すといった方もおられます。UR賃貸なんかですと、こういった物件も広告にでています。民間の場合は、あえて大っぴらに宣伝することはありませんが、大概こういった物件は綺麗にリフォームされていますので、綺麗な部屋に通常の家賃の半額程度という魅力につられて、あえてそういった物件を探している方もおられます。松原さんの場合は、芸人さんということで、話を盛っているケースもあるかもしれませんが、かなり怖い話もされたりしますが、気にされない方にとっては大したことではないのでしょうね。

大島てるのように事故物件を検索できるサイトも今はあります。このサイトは、そういった物件の情報が表に出ないので、自ら作られたようですが、最近は真偽不明の情報ものっているようで、のせられた側の物件所有者の方とトラブルになっているとの情報もあります。こうした情報の取扱いはセンシティブなものになりますので、取り扱いには十分な注意が必要なのではないでしょうか。

神戸市長田区で特殊清掃の作業をしました。

先週後半に衝撃のニュースがはいってきました。昨年、筋萎縮性側索硬化症(ALS)闘病者の女性を嘱託殺人したとの事で、医師2名が殺人容疑で逮捕されました。平成の初期にも医師が逮捕された事件がありましたが、昨今日本でも議論される機会が出てきている、安楽死や尊厳死といった問題。今回のALS患者だった当時51歳の女性は、自分の力で身体が全く動かない状態だったそうです。まだ話しできたり、身体を動かす事が出来る状態のときから、お世話をしてくれるヘルパーの方や親近の方には、死にたいといった言葉を出していたそうです。メディアでも議論されているように、本人が死にたいと口にしていても、回りに迷惑かけたくないから本心では無いという意見もありました。確かにそれも一理あるかもしれません。れいわ新選組から船後靖彦参議院議員も死ぬ権利(安楽死・尊厳死)よりも生きる権利を守る社会にとおっしゃっていました。安楽死・尊厳死を認めてしまうと日本ではどうなるのでしょうか。世界では安楽死や尊厳死を認めてくれる国があります。私も昨年TVドキュメンタリ―で日本人の方がALSで苦しみ、安楽死をするためにスイスできょうだいに見届けてもらうように最期を遂げた。亡くなられた女性は意識がなくなる瞬間まできょうだいにありがとうと伝えて逝き、きょうだいはごめんね、ごめんねといいながら涙ながらに見送るという場面に私の涙腺が崩壊して、その後ずっと考えさせられたのを思い出しています。先日、神戸市長田区で特殊清掃の依頼が入りました。ユニットバスの特殊清掃依頼でしたが、現場に着き遺族様の話を聞きました。実は無理心中でお母様の首を絞めて殺したお父様がお風呂で首を吊って自殺。長年お母さまの身体が悪く、痛みも激しいため、身体も動かすことがままならなかったそうです。ご飯も食べれないくらい弱って、旦那様に殺してくれとずっとせがんでいたそうです。そして二人で話し合った結果が一緒に行こうと。それも残された子供たちになるべく迷惑をかけないように家の相続関係や金銭関係をまとめたものをお子様へ速達で送り、中には遺書もあったそうです。すぐにもよりの警察に電話して発見されたので死後半日程度で特殊清掃する中では汚れは優しい状態で、独特の死臭や腐敗臭はなく、蛆虫や蠅で汚染されたこともない状態でした。7月の時期に死臭の消臭する必要がないこと自体、お父様のお気遣いだったと思いました。このことを、号泣しながら語る遺族様にもらい泣きしたのはゆうまでもありません。これは究極の愛のカタチだとおもいました。もし安楽死が日本も認められているならば、お父様はまだ生きていたと思います。しかし、苦しんでいる妻を見てお父様はどうしてあげることもできないことと、楽にさせてあげたい気持ちが葛藤、覚悟を決めて実行したことだと思います。今回の医者2人は金銭の受け渡しもあり、これから動機の解明がされていくのでしょうが、亡くなった女性はこれで本当に楽になれたからよかったのでしょうか。この事件をしって、今回の特殊清掃現場での出来事と重ね合わせていくと哀しい気持ちになります。故人様のご冥福をお祈り申し上げます。

孤独死・孤立死現場の特殊清掃はSCS特殊清掃ケアサービスまで。

年中無休24時間体制

0120-469-466

 

 

 

 

硫化水素での自殺

先週末、プロレスラーの木村花さんの訃報が日本中を駆け巡りました。

まだ22歳という若さでした。断言できませんがSNSでの誹謗中傷で精神的に追い詰めれられて

自ら命を絶ったとの事です。ネットニュースでも死因がちらほら伝えられてきています。有毒ガスを発生との事なのと、玄関の外ドアに『有毒ガス発生中』と張り紙をしていたとのことなので、硫化水素を吸引で死亡されたと思いました。

今はネットで調べればいくらでも自殺方法が調べられてしまいます。昔は完全自殺マニュアル(本)なるものがあり、富士の樹海などで自殺された方の御遺品の中から感染自殺マニュアルが見つかる事が結構あったそうですが。本を買う必要もなく、すぐネットを調べれば簡単に沢山の方法が見つかります。

硫化水素での自殺は市販の薬剤で簡単に出来てしまうのと、即効性が高いと勘違いされておられる方が多いので、10年程前にはこの方法を使用する人が結構いたはずです。しかし、硫化水素での自死はリスクが高く、助けに来た方が巻き添えをくらうケースもありました。ガスが高濃度になればすぐに死ねると思いがちですが、高濃度になるまでには時間がかかり物凄く苦しみ、失敗すれば障害や肺の機能等が壊れてしまう可能性もあるわけです。SCSでも特殊清掃現場で、硫化水素で自死された方の現場作業をしたことも多いですが、別の方法で自死される方のほうが今は圧倒的に多いですね。とはいえ、私自身は生きる勇気よりも死ぬ覚悟が勝るということはとんでもなく恐ろしい事です。自分を殺してしまう人には皆さん色々な理由があると思います。そのような方には生きる喜びが絶望にしか感じなくなってしまっているのでしょうか。

木村花さんのご冥福をお祈り申し上げます。

孤独死や孤立死、自殺現場の特殊清掃はSCSのお任せください。

 

0120-469-466

大阪市西区で自殺現場の特殊清掃

SCS特殊清掃ケアサービスです。

孤立死や孤独死などのいわゆる、変死現場の特殊清掃の依頼が年々増えています。その中でも毎年件数が増えているのが自殺された場所での特殊清掃です。自殺といっても様々な方法で亡くなっており、一般的に多くみられがちなのが、いわゆる首吊りでの自殺。私がふと今まで経験した自殺現場を数えるのも嫌になるくらいに沢山あります。そのさまざまな方法を思い出すのもその時の感情を思い出すようで怖くなります。最近でも部屋中が血まみれになりその血液痕の多さが、確実に死へと向かった故人の覚悟が見えた現場でした。特殊清掃によって大抵は見た目は綺麗にはなります。これが血液だけで済めばまだ良いのですが、亡くなって時間が経ちすぎると、ご遺体が腐敗することになり、腐敗した身体からは体液が腐った状態で漏れ出てきます。【正確には人が腐って溶けてドロドロになった】こうなると簡単には見た目も良くはなることはないし、臭いの問題も出てきます。臭いの問題を解決するためには特殊清掃と、消臭の質の高い技術が必要になってくるわけです。

先日の現場、若い方が賃貸マンションのユニットバスで自死されており、2週間後に発見。共有部に強烈な死臭と腐敗臭が漏れ出ていたために、通報が入り発見に至った。依頼者は管理会社 遺族側とは今後大変沢山の賠償等の話もあるようであった。ユニットバスで亡くなると見た目は綺麗に元の状態に戻すこともできるのだが、一番の問題が、【臭い】である。ユニットバスの素材が大抵はFRPという樹脂でできているのだが、すごく小さな凹凸が沢山あって、臭いの成分がその中まで入り込んでしまう。そうなると消臭作業自体が不可能になり、今後そのユニットバスを使用することはできなくなります。ユニットバスを解体して新しく入れ替えることになります。

そうなると遺族さんの負担額も大きく膨れ上がります。

死にたいと思う人が、後の事をそこまで気にかけて思いとどまる事は無理なのかもしれませんね。哀しい現場です。

作業前

039

 

作業後

116

2019年の大阪府での孤独死件数の統計

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。
年々増えているのが実感できる孤独死問題について、先日大阪府警の発表があった昨年1年間での孤独死(自殺含む)の件数。
孤独死の定義を亡くなってから発見されるまでの日数が2日以上経っているとすると2996人になるらしい。
これは大阪府下で毎日8.2人が孤独死してから発見されたことになる。
2996人の中でも年齢別では70歳以上では1699人と圧倒的に高くやはりおひとり様の高齢者が多いのがわかる。
だが孤独死(発見まで死後2日以上)するのは高齢者だけではなく10代~20代でも29人 30代は33人といる。
私自身も特殊清掃の現場作業でほぼ毎日のように孤独死現場へいっているのでその中には
若者が住んでいた部屋にも何度も訪れた事がある。若者は 高齢者よりも他人と接し会話する機会が多く、仕事や学校での
人間関係が高齢者よりも多く、スマホ等で1日連絡取れないだけでも誰かしらが 心配して家に来てくれる事も多いだろう。
なのでこの若い世代での1年間での孤独死件数としてみればまだ少ないと思える。
一方で亡くなってから経過した時間では2~3日が923人 4~6日が508人 7~29日1183人 1か月以上では382人となるようだ。
ここで注目すべきは7~29日1183人と一週間以上たってから発見される。
やはり圧倒的に独居の高齢者が多いのが実感できる。 高齢者になるにつれてまわりと関わりたくないという傾向が多い。
最近知り合った高齢の方との飲み会話の中でも【孤独死のワードが冗談でもたくさん出てくる。
【どうせ1人で孤独死するから】【わしが腐ってたら後はお前に任せる】 などと私の仕事を知っている方は
しょっちゅう酔いに任せて笑いながら話してくる。本当にそんな日は来てほしくないものだ。
後は、全体のうち遺族さんが見つからないなどの理由で身元が判明しなかったケースでは
今年1月時点で2.4パーセントにあたる71人もいたようだ。
お一人様と高齢化が進むにつれて、親戚、子孫も居ない状態で亡くなってからも骨の引き取り手が居ない。
これからの日本でもこの問題はもっと深刻化することになっていくのだろう 。

自死遺族のケアについて

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

先日のブログで3月は自殺対策強化月間という記事を書きました。今日は自死遺族のケアについてです。

家族を自殺・自死でなくされた遺族の方は、さまざまなこころの問題を抱えることがあるようです。

周りの人間からは分からないような苦しみやつらさがあることと思います。

亡くなった方との関係性や置かれている状況によって様々で一概に言えないのは当然ですが、感情的にも身体的にもストレス反応が生じることは多く、それが時間の経過によってもおさまっていかないこともあるようです。

私たちの特殊清掃業においても、自死遺族の方がご依頼主様となることはよくあります。聞かされていなくても現場の状況から自殺でお亡くなりになったのだろうと思われるお部屋でも、遺された家族の方はあえて死因をおっしゃられない方もおられます。それだけ、自殺ということが社会の中でタブーであったり、偏見・差別の対象とされていることの現れなのかもしれません。

遺族の方のなかには、悲しみや消化できない気持ちを他人に言えず、自分の中で溜め込み、考え続けて苦しんでしまうようなこともあるだろうと思います。

インターネットで検索するだけでも、厚生労働省や各自治体、NPO団体などが自死遺族のサポートを行っています。

誰かに話すこと、ただただ聞いてもらうことというのはサポートになります。

自助グループやセルフ・ヘルプ・グループと呼ばれますが、同じ境遇・体験をもつ当事者同士が集い、それぞれが語り・聞くことを通してともに回復していくグループもあります。

そうしたサポートの存在が必要としている方にも、周りの人達・世の中にも、もっと知られていくようになればいいですね。

遺族の方が一人で抱え込まず、悲しみが癒されていくことを願います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で23000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエ

3月は自殺対策強化月間

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

3月は自殺対策強化月間です。

ここ数年は一時期よりも総数は減ってきていますが、いまだ年間に2万人以上が自殺・自死でお亡くなりになっています。3月、4月、5月と自殺でお亡くなりになる方の数が増える傾向があり、厚生労働省、各自治体で自殺予防の普及啓発の取り組みがされているんですね。自殺はさまざまな理由や要因が複雑に関係し、追い込まれた末の行動であり、その多くは未然に防ぐことができる社会的な問題であると言われています。周りの人が体調や様子の変化に気づく、ご本人や周りの人が気持ちを誰かに相談できる、必要な支援機関や医療機関につなげることができる、そして回復を見守っていける環境・社会をつくっていくことが大切であるといいます。遺族の方へのこころのケアも必要でしょう。

自殺・自死を選ばれてしまった方も、あとに遺された方も、いろんな気持ちや考えがある(あった)と思います。それを誰にも伝えられない(伝えられなかった)という方も多いのではないでしょうか。孤立や孤独の問題があるのではないかと思います。自殺未遂や、自殺企図、ふと死にたいや消えたいと思ったことのある人まで含めると、すごい数になるのではないでしょうか。誰にとっても身近にありうる問題なのだと思います。

特殊清掃現場では自殺・自死の現場も多く出会います。自殺される方があり、そしてそのあとの特殊清掃を生業とする私たちのような者があり、矛盾するようですが、自殺も孤独死も一人でも減った方がいいです。故人様にも、遺された周りの方たちにも、つらいことだと思うからです。しかし、現実には特殊清掃は必要となります。しっかりこころを込めて業務に当たらせていただく、我々にできることはまずそこだと思います。そして、特殊清掃や孤独死、孤立死といった現実をお伝えしていくことだと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で23000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

堺市堺区での特殊清掃作業を行いました。

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

先日は堺市堺区での特殊清掃作業を行いました。築年数の新しい1LDK賃貸マンション内での自死(自殺)現場での作業でした。

ご依頼者様は亡くなられた男性のお母様で、遠方から来られていました。

突然の事態で、さらにすぐに退居のために室内の片付けも必要となり、強い心労の様子が伺えました。当然のことだと思います。

故人様はおそらく30代~40代で私と同世代。室内には家具一式、生活用品のほか、小さい子供用のおもちゃやクッションなども残されており、

どういった生活をされていたのか、お子さんはどうされているのか等、詳しい状況はわかりませんが、同じように小さい子供を持つ私としては

気持ちが揺さぶられ、感情移入してしまう現場でした。

室内の物は全て搬出のうえ清掃し、退居明け渡しをできる状態にさせていただきました。

故人様のご冥福と遺されたご家族様の一日でも早い心の回復をお祈りいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で22000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

和歌山市での特殊清掃作業

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。

梅雨にはいりじめじめとしておりますが今年の夏は例年よりもさらに猛暑日が続くようですので今から体調管理と体力をつけて今年の夏を乗り越えていきましょう。私たちも現場作業が過酷な時期に入ってきておりますので十二分に体調管理を行っております。

先日の現場は、和歌山市内のとあるハイツの一室での事。ご依頼者はお亡くなりになられた方のお兄様。聞くところによれば15年以上は会っていなくて警察からの連絡に非常に驚き、大家さんからも早急な対応を求められて困って連絡がきました。連絡があってから2時間後には現場で待ち合わせ。どのような状態かがわからないのでまずは私一人で確認をした。ドアを開けた瞬間から強烈な腐敗臭と蠅が飛び交う光景。どうやらお亡くなりになられたのは和室の畳の上? すぐに気付いた。通常ではなんらかの原因で部屋の中で倒れられてお亡くなりになり不幸のも発見が遅れて数日もたてば腐敗体液が人型になっている事が多いので生前の身体のシルエットがはっきりくっきりとわかるようになっているものだ。。そうでは無い場合。 腐敗体液や血液が床や畳の上にこぼれてきているような状態もある。今回は腐敗痕をみてはっきり後者であった。実はその場合は少し高いところ(足が浮いているような状態)でお亡くなりになっている可能性がある。首を吊って自死(自殺)おそらくそうだろう。ご遺族のお兄様の様子で気になっていたのは確信に変わった。腐敗体液は畳を貫通、そして下の階の天井から垂れていた。大家さんが倉庫として使っていたので強烈なにおいを発した赤茶色の液体でもしかしてと思い警察を呼んだのが発見のきっかけのようだった。部屋全体は凄くまとまった綺麗に整頓された状態でちゃぶ台に上にはお骨があった。大家さんには嫁といっていたらしいが長年連れ添っていた伴侶さんのお骨だそうだ。まだお亡くなりになって2カ月も経たない状態で故人は彼女の傍に行くことを選んだのだろうか。そんな哀しい現場の特殊清掃を行い残置物と畳を臭いの出ないように梱包して搬出。床下地材の汚染部分を全て解体して床板の張り直しを施工した。

 

syoudoku IMG_2344

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で22000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応

Home > タグ > 自殺

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ