Home > 死臭 | 特殊清掃 | 腐敗臭、腐乱臭、死臭 > 人の死は年中無休

人の死は年中無休

SCS特殊清掃の岡本です。

今年もどうかよろしくお願いいたします。

2016年も年明けから依頼があり。年の暮れに自ら命を絶った自殺案件、年始の挨拶に伺った際、返事がないので不審に思い

部屋を開けると室内で病死していたという孤独死。どちらも緊急対応希望との事なので三が日も休み無しで対応しました。

室内の汚染は床フローリングいっぱいに広がる血液や油分を含む体液が主で、夏場と違い、ご遺体の腐敗スピードが遅く

強烈な腐敗臭では無いのだが、独特の生もの系の臭いが部屋に充満。特殊清掃の作業にはもちろんそれを丁寧に消臭・脱臭をすることが当たり前の工程になりますので、あらゆる技術と経験を活かして一心不乱に作業させて頂きました。

お部屋で自死される方の気持ちにたってしまうとまともに作業すらできなくなることもあります。

しかし、私はそれも大切な事なんだろうと自分の胸にいい聞かせています。故人様、かかわる親族様、物件オーナー様、管理会社様の

気持ちが少しでも晴れるように、安らげるように。今年も一年間、前向いて頑張っていきます。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.bealive.co.jp/staffblog/archives/3334/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
人の死は年中無休 from スタッフブログ|独居死・孤立死・自殺のSCS特殊清掃・ケアサービス

Home > 死臭 | 特殊清掃 | 腐敗臭、腐乱臭、死臭 > 人の死は年中無休

ページの先頭へ