Home > 不動産価値の減少 > 死体事故物件での自殺告知義務と不動産会社

死体事故物件での自殺告知義務と不動産会社

■死体事故物件での自殺告知義務と不動産会社■

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「死体事故物件での自殺告知義務と不動産会社」についてです。

自殺に関しては、不動産会社さん側での自殺告知義務が発生致します。大家さんには、自殺後、次の入居志望者がいらっしゃっても、事故物件として、自殺があったことを告知する義務があります。これは宅建行法という法律に定められています。

自殺があった場合、長期間空室になる場合が高いので、家賃を大きく値引きしなければ入居者が決まりません。となるとその被害をご遺族様に請求するのが、人の常となります。

また場合によっては、風評被害により他の入居者が退去する場合もございます。その場合神主さんを呼んで、お払いをする等の費用がかかります。自殺・死体事故物件は大家さんにとって、交通事故にあったような大損害になってしまうわけです。

こういった点は非常に難しいものですが、法律で決まっている以上、やむを得ないものだと思います。後に思わぬ迷惑をかけることを亡くなる方は知りません。そうならないようにしたいものだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://www.bealive.co.jp/staffblog/archives/1012/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
死体事故物件での自殺告知義務と不動産会社 from スタッフブログ|独居死・孤立死・自殺のSCS特殊清掃・ケアサービス

Home > 不動産価値の減少 > 死体事故物件での自殺告知義務と不動産会社

ページの先頭へ