Home > 特殊清掃

特殊清掃 Archive

新型コロナウイルス感染症に羅漢された患者の職場を除染

12月に入って全国的に一気に寒さが増しましたね。

今年を振り返ってみると、特殊清掃の業種でもやはり新型コロナウイルスの影響が大きかったような気がします。

勿論、SCS特殊清掃・ケアサービスでは新型コロナウイルスに感染した方のオフィスや職場への除染回数も数百回対応しました。

感染者の陽性が判明したとなると、他のクラスター感染を防ぐための予防措置が必要となります。

特にスーパーや商店などでは、お客様が安全に出入り出来る状態に戻す必要があり、徹底した除染作業を早急に対応する

必要があるのです。

我々は昼間に孤独死や自殺現場を特殊清掃の作業をして、夜間に新型コロナウイルスに羅漢された感染者がでた現場の除染作業をする。

思い起こせば、SCS特殊清掃ケアサービスのスタッフ全員が誰一人感染すること無く、本当によく頑張ってくれました。

真夏の暑い中昼は孤独死や自殺現場の特殊清掃、夜は新型コロナウイルスの除染作業。ずっと繰り返し作業でした。

日本では第5派が収まり、世界中では新たなオミクロン株となる変異撞が出始めているようですが、これ以上被害が大きくならないことを

願うばかりですね。特殊清掃は高齢化社会の背景もあり、年々増え続けているのが我々も最前線で仕事をしているので肌で感じます。

しかし新型コロナウイルス感染に関しましては予防策が明確になりつつあることなので、一人ひとりが意識をすれば終息するのでは

ないでしょうか。それはもちろんワクチン接種の問題だけでなく、一人ひとりの手指消毒、うがい、マスクとある程度の

ソーシャルディスタンスの意識。そして経口薬の開発が大詰めになっているようなのでそれにも期待ですよね。

海外製ではファイザー、国内製では大阪に本社がある塩野義製薬が頑張って臨床試験を繰り返してくれています。

早ければ、年内承認が取れるかもしれないとの事ですが、来年でもいいと思います。安全性優先で宜しくおねがいします。

東京都警察官友の会

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

警察官友の会が全国にあります。これまで大阪で事業を開始しましたので、近畿警察官友の会には入会していました。東京都に事務所を構えましたので、この度、「東京都警察官友の会」にも入会させて頂き、法人会員となりました。特殊清掃に入る現場はいわゆる変死現場ですので、事故現場や事件現場、自殺現場はもちろんですが、孤独死現場も変死現場になったしまいます。孤独死の場合は、一度警察が入って現場検証をして、事件性無しとなった場合、そこから特殊清掃をするといった流れになります。私たちが入る場合は、すでにご遺体が運び出された後になります。しかし、日数が経過していると、くっきりとご遺体の痕跡が残ってしまいます。この状態でもかなり臭気はきついのですが、やはりご遺体がある状態が一番臭気はきつい状態になります。中にはどろどろに溶けてしまった状態のご遺体もあります。そうしたご遺体は警察官の方が引き取られていくわけですが、やはりそういうのには頭が下がりますね。犯罪被害者支援の活動もありますし、少しでも警察官の方々の支援に協力させて頂ければと微力ながら思っています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

浴室での特殊清掃

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

この時期に多いのが、浴室内でお亡くなりになるケースです。ヒートショックともいわれますが、寒暖の差が激しい場合(特に浴室廻りが寒い家は要注意です。)、浴槽のお湯などによって血圧などが急上昇して意識を失ってしまったり、血管に異常をきたすことがありますので注意が必要です。

浴室内の特殊清掃は特に悪臭がきつくなります。浴槽内でお亡くなりになった場合は、はってあったお湯に体液が混ざってしまうので、かさ増しの状態になってしまいます。量が増える分、清掃も必然的に大変になってしまいます。また一度、そのような状態になった浴室は再利用できませんので(発見が遅れた場合などの浴室)、浴室の交換が必要になってきます。必然的に、この工事費用がかなり高額になってしまいますので、お部屋の中でお亡くなりになった場合より金額が高くなってしまうケースが多いです。

寒暖差が激しくならないよう、脱衣所などにも暖房設備を置くなどして、ヒートショックを起こさないように注意してください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

奈良市 特殊清掃

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

先日、奈良市内で特殊清掃を行ってきました。浴室内でお亡くなりになっており、発見が2週間おそくなったとのことでした。朝晩は寒くなってきましたが、まだまだ日中は暖かいのでいいのですが、これ寒くなってくると、このように浴室でお亡くなりになってくるケースが増えてきます。ヒートショックといわれていますが、浴室や洗面脱衣所が冷えていて、お湯が暖かい場合に血圧の急激な変化でお亡くなりになったりするケースが冬場は大変多いです。ワンルームでお部屋が狭ければ、暖房器具がいきわたるでしょうし、最近の新しい分譲マンションなどでしたら、浴室暖房がついているケースもありますので、あまり心配はいりません。古い一軒家などで、浴室や洗面脱衣所に暖房がいきわたらないケースや、昔のマンションで、間取りが多い場合などはこのヒートショックに十分注意する必要があります。

冬場も孤独死が多い季節の一つになりますので、浴室内など、急激に血圧が変化するような場所にはお気を付け下さい。

 

特殊清掃とゴミ屋敷清掃の作業を行いました

台風は日本列島から離れていっていますが、引き続き大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意が必要との事です。近年、異常気象が続いていますが、ただでさえコロナで大変ななか、これから大きな台風や水害がないことを祈ります。

さて、先日は特殊清掃の作業を行いました。ご依頼者は親族の方でした。アパート1Kの室内でお亡くなりになり、お身内の方により翌日に発見されました。特にこの気温が高い時期に発見が遅れるとご遺体の腐敗が進行して臭いや害虫の発生により、より重い事態になってしまいます。今回は比較的発見が早くされたため、ご遺体の傷みは少なかったようです。

ただし、別の問題で、室内がいわゆるゴミ屋敷状態となっており、生活用品や衣類、雑誌などが積み重なって床が見えない状態になっていました。賃貸住宅のため部屋の明け渡しのためにはこれら残された物の仕分け、整理と処分が必要であり、その作業もご依頼いただくこととなりました。室内の消毒作業ののち、残された物を確認しながらご遺族様にお渡しする物(現金や貴金属、重要書類関係、生前のお写真など)、紙類・金属類などリサイクルできるものというふうに仕分けしていきます。そうして積もったモノを掘り下げていくような作業になるのですが、どちらのいわゆるゴミ屋敷といわれるようなお部屋を片付けていて分かるのは、初めからこうした部屋の状態ではなかったということです。散乱した物で隠れていたタンスや押入れなど収納のなかには日用品が仕分けして置かれていたり、掃除道具があったりします。長らく使っていない形跡のお風呂場にはお風呂用の洗剤や掃除用のスポンジなどもあります。どこかの段階で、掃除や片付けがされなくなっていく、生活が雑然となっていく様子があります。生活の途中で何があったんだろうか、と不用品をビニール袋に梱包しながらふと考えてしまいます。その理由は様々だろうと思いますが、きっかけであったり、条件であったりは誰にでもありえることじゃないかという気がします。

片付けが終わり、空っぽになったお部屋には壁や床にカビなどの生活の汚れが残りましたが、ご遺族様はほっとされたご様子でした。

故人様のご冥福をお祈りします。

 

泉佐野市で特殊清掃の作業をしました。

うだるような暑さの毎日が続きますが、今が暑さのピークのようです。これからは少しづつ気温が下がって過ごしやすい秋が待ち遠しいです。

特殊清掃の現場ではこの時期には強烈な臭いの問題との闘いがあります。ご遺体の腐敗が酷く、血液液や体液が腐った強烈な腐敗臭を引き起こしてしまいます。その臭いは集合住宅では共用部に漏れ出てしまいますので、特殊清掃の現場作業時は窓やドアを開けたままにすることはできないのです。どれだけ暑くても密閉したままの作業をすることになります。こればかりは何年間していてもなれる事はないのですが、熱中症にならないように細心の注意を払って身体の管理をしています。。大阪府泉佐野市での特殊清掃現場作業をしました。現場は集合住宅。

依頼者のご遺族様を待っている間、どこからともなく漂ってくるあの独特の腐敗臭を鼻で臭いを追って部屋を割り出すように注意してみていました。するととある事に気づく。ある特定の集合住宅の外側からみた壁の窓(トイレか風呂)に大量の蠅が飛び回っていた。なるほどここだと思った。現場はお風呂のようだ。お風呂の浴槽の中でお亡くなりになった跡は独特の腐敗臭のなっていることが多く。感覚でいうと重い臭いになります。遺族様と打ち合わせ後、お風呂の特殊清掃の作業に取り掛かりました。浴槽いっぱいの黒くなってしまったお湯をくみ取り浴槽自体を何度も殺菌消毒と洗浄を繰り返して数時間後には見た目はそこで何があったのかを分からないくらいの浴槽に戻しました。この時期なのでお風呂で熱中症になってしまい、そのまま亡くなった可能性もあるとの事でしたが、高齢者エアコンを使用しない方が3割以上もおられるとの事でご家族の方は注意が必要ですね。実家で一人暮らしされている高齢者のご家族の方は一度、ご家族にエアコンの使用をするようにお声がけしてあげてほしいですね。

故人様のご冥福をお祈り申し上げます。

 

孤独死や孤立死、自殺現場の清掃はSCS特殊清掃までご連絡ください。

0120-469-466

 

京都市中京区で特殊清掃の作業をしました。

お盆休みに入り、近隣の幹線道路では車の台数が減り、朝の通勤電車は人も少ない状態になりました。梅雨があけて連日の猛暑日に身体も疲れやすい体調になっておりますので、十分な熱中症対策を取らなければいけませんね。特に高齢者は要注意。私の父も来年80歳になり高齢者の仲間入りだと笑っております。笑 しかし私が見ていても心配なのが、夏場でもあまりエアコンを使う事は無く暑いのでは?と聞いても大丈夫というのです。高齢になると温度の感覚がマヒしてくることがあるようなので要注意です。先日大阪府生野区での遺品整理の現場がありましたが、ご依頼者のお母さまが高齢でエアコンなしで90歳まで元気に生きられたという話を聞いてびっくりしました。こんな強いおばあちゃんもいるのですね。

京都市中京区での特殊清掃作業。依頼者は故人の義理のお兄様でした。集合住宅で熱中症での孤独死でした。死後2か月近くたっており、強烈な死臭が廊下中に漏れ出たため警察に通報後発見された。まだ50代半ばでの死亡ということで働き盛りの年齢ではあるが、すぐに発見されなかったのにはわけがありました。若いころはとある大企業で開発の担当をしていたそうで、10年程前からは退職して株や為替などの取引で生計を立てていたそうでした。基本的に家のパソコン画面でグラフや数字を追って仕事しているので近所づきあいなどもなかったようでした。基礎疾患等はなかったそうなく発見時エアコンが切れていたためにおそらくは熱中症で倒れて亡くなったのだろうとの事でした。新型コロナウイルス感染症と症状がよく似ているので注意が必要であると聞きましたが、体調の変化にはすぐに病院に連絡して症状の確認等をする必要があります。今回の故人さんも助かる命だったのかもしれないと思うとつらくなりますね。御遺品や貴重品を遺族様と確認しながら特殊清掃の作業と遺品整理をさせていただきました。

故人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

京都市での特殊清掃は、創業22年のSCS特殊清掃・ケアサービスへお任せください。

年中無休24時間問い合わせおまちしております。

0120469-466

 

奈良県生駒市で特殊清掃をしました。

梅雨もあけて、猛暑な毎日が続きます。新型コロナウイルスの影響で普段の夏らしく休日の外出や旅行等へ行く数はずいぶん減ったので、自宅でのんびりと過ごす方も多いことと思います。コロナウイルスの影響とは全く関係がなく毎年この時期の数が増えるのが、そう。孤独死や孤立死です。この真夏の時期なので、ご遺体の腐敗進行が早く、強烈な臭いを嗅ぎ付けた蠅が侵入後卵を産み落とし蛆虫の大量発生につながるのです。そして近隣への腐敗臭の外部への漏洩により警察に通報後、発見されるわけです。我々も基本的にはご遺族様からの連絡で現場へ行くわけですが、ご遺族様にこの強烈な死臭や腐敗臭を嗅がせたくありません。自分のご家族の生前の臭いを忘れるくらい全く別物の臭いになるからです。生前の思い出、楽しかったこと、つらかった事すべての思い出がこの強烈な死臭や腐敗臭のよって上書きされるのです。あとは、特殊清掃現場で必ず必要になってくる。腐敗したご遺体の痕の問題です。重力がありますのでご遺体から流れ出た腐敗した内臓や脂肪分や筋肉が腐って体内から漏れ出てきます。それは床に浸透して人型のようになるわけです。ちょうどそこで人がどのような形になって倒れていたかがはっきりわかります。これもご遺族様には見せたくない光景です。私はご遺族様には見ないほうが良いと必ず伝えて、消毒を施工後特殊清掃にはいり、きっちりとその痕がわからないような状態になってからご遺族様に入室してもらうようにしています。奈良県生駒市での現場。階段で倒れるように横たわっていた初老の男性である。見守りサービスの方が発見した時には死後2週間程度経っていたそうでした。ご遺族様も遠方から来ていたので色々と探しものをしたいとの事だが、お亡くなりになった場所が階段なので、緊急作業をすることに。1時間程で消毒と特殊清掃を施し、階段にはコーティング剤を塗布して終了。故人のご冥福をお祈りします。

 

孤独死や孤立死、自殺現場の特殊清掃はSCS特殊清掃ケアサービスにお任せください。

 

0120-469-466

DSC03173

神戸市長田区で特殊清掃の作業をしました。

先週後半に衝撃のニュースがはいってきました。昨年、筋萎縮性側索硬化症(ALS)闘病者の女性を嘱託殺人したとの事で、医師2名が殺人容疑で逮捕されました。平成の初期にも医師が逮捕された事件がありましたが、昨今日本でも議論される機会が出てきている、安楽死や尊厳死といった問題。今回のALS患者だった当時51歳の女性は、自分の力で身体が全く動かない状態だったそうです。まだ話しできたり、身体を動かす事が出来る状態のときから、お世話をしてくれるヘルパーの方や親近の方には、死にたいといった言葉を出していたそうです。メディアでも議論されているように、本人が死にたいと口にしていても、回りに迷惑かけたくないから本心では無いという意見もありました。確かにそれも一理あるかもしれません。れいわ新選組から船後靖彦参議院議員も死ぬ権利(安楽死・尊厳死)よりも生きる権利を守る社会にとおっしゃっていました。安楽死・尊厳死を認めてしまうと日本ではどうなるのでしょうか。世界では安楽死や尊厳死を認めてくれる国があります。私も昨年TVドキュメンタリ―で日本人の方がALSで苦しみ、安楽死をするためにスイスできょうだいに見届けてもらうように最期を遂げた。亡くなられた女性は意識がなくなる瞬間まできょうだいにありがとうと伝えて逝き、きょうだいはごめんね、ごめんねといいながら涙ながらに見送るという場面に私の涙腺が崩壊して、その後ずっと考えさせられたのを思い出しています。先日、神戸市長田区で特殊清掃の依頼が入りました。ユニットバスの特殊清掃依頼でしたが、現場に着き遺族様の話を聞きました。実は無理心中でお母様の首を絞めて殺したお父様がお風呂で首を吊って自殺。長年お母さまの身体が悪く、痛みも激しいため、身体も動かすことがままならなかったそうです。ご飯も食べれないくらい弱って、旦那様に殺してくれとずっとせがんでいたそうです。そして二人で話し合った結果が一緒に行こうと。それも残された子供たちになるべく迷惑をかけないように家の相続関係や金銭関係をまとめたものをお子様へ速達で送り、中には遺書もあったそうです。すぐにもよりの警察に電話して発見されたので死後半日程度で特殊清掃する中では汚れは優しい状態で、独特の死臭や腐敗臭はなく、蛆虫や蠅で汚染されたこともない状態でした。7月の時期に死臭の消臭する必要がないこと自体、お父様のお気遣いだったと思いました。このことを、号泣しながら語る遺族様にもらい泣きしたのはゆうまでもありません。これは究極の愛のカタチだとおもいました。もし安楽死が日本も認められているならば、お父様はまだ生きていたと思います。しかし、苦しんでいる妻を見てお父様はどうしてあげることもできないことと、楽にさせてあげたい気持ちが葛藤、覚悟を決めて実行したことだと思います。今回の医者2人は金銭の受け渡しもあり、これから動機の解明がされていくのでしょうが、亡くなった女性はこれで本当に楽になれたからよかったのでしょうか。この事件をしって、今回の特殊清掃現場での出来事と重ね合わせていくと哀しい気持ちになります。故人様のご冥福をお祈り申し上げます。

孤独死・孤立死現場の特殊清掃はSCS特殊清掃ケアサービスまで。

年中無休24時間体制

0120-469-466

 

 

 

 

特殊清掃現場での殺虫

梅雨も続き、ムシムシとした毎日ですね。我々が行う孤独死や孤立死。自殺現場などでの特殊清掃の現場ではどれだけ暑くても、エアコンは使用する事もできません。(エアコンを使用すると死臭や、腐敗臭を吸い込む為)玄関やベランダのドアや窓を開放することもできません。これは死臭や腐敗臭が外に流出しないためでもありますし、蛆虫や蠅が外部に流出するのを防ぐ為です。こういうわけなので、我々の戦う現場では毎日が湿気と高温に倒れそうにならない程度にギリギリで作業しています。夏場のこの時期には、ご遺体が腐敗の進行が早く、どうしてもその死臭を嗅ぎ付けて蠅が卵を産み付けます。それが蛆虫になりわけですが、大量に産まれてくる蛆虫は暗所を求めて畳や床板の隙間へと身を隠すようにして蛹になります。そうして1週間から10日程度すれば蠅の成虫になります。しかし遺体がまだ発見されていない場合や、ご遺体を搬出した後の腐敗した体液や血液がまだそのまま残留しているケースが多いです。そうすると、蠅の成虫がそこにまた卵を産み付ける。蛆虫、蛹、蠅成虫の無限ループが続くわけです。一匹の蠅が1回に産み付ける卵は平均でだいたい150個。仮に150個の卵からすべてが蛆虫となり、蛹、蠅の成虫になったとしてまた卵を産み付けると一気に22500匹に増える事になります。恐ろしい事ですが我々が行く孤独死現場などでは毎回それ以上の事もあるわけです。蛆虫や蠅などの害虫防駆除は簡単ではありません。目に見えている蛆虫や蠅の成虫に関しては、殺虫剤を直接噴霧することで駆除できます。しかし目に見えないところに隠れている、蛹は駆除が難しい。直接殺虫材に触れても蛹の殻がガードした状態なので殺虫剤が効き目が薄いのです。まだ殺虫剤が届く範囲の蛹であればよいのですが、22500匹のうちの半分以上の蛹たちは目に見えない暗い場所で潜んでいることが大半。家財道具がある家ではタンスの裏であったり床のちょっとした隙間の中。一軒家であれば床下へ逃げ込んでいます。よくあるケースで床下で繋がっている昔ながらの長屋などでは孤独死や孤立死などでお亡くなりになられた部屋の隣家で蠅が大量発生するケースもあるのです。こればかりは防ぎようがありません。一気に生まれてくれるのならばよいですが時間差で生まれてくるために燻蒸や噴霧で殺虫することが難しくなります。こういう事態にならないようにご遺体の早期発見ができればいいのですが。

孤独死や孤立死などの普通清掃では対応できない清掃の依頼はSCS特殊清掃ケアサービスまでお問合せください。

0120-469-466

 

 

ホーム > 特殊清掃

ページの先頭へ