Home > 殺菌・消毒 > 消毒

消毒

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

新型コロナウイルスの感染が再拡大の傾向に入ってきました。全国的に陽性者の増加が目立っていますが、特に北海道、東京、大坂、兵庫などは連日かなりの人数の陽性者数が報告されていおり、注意が必要な状況になっています。これからは、病床数に重症者数にも注視して医療崩壊を食い止めることにも気をつけていかないといけませんね。

ちなみに新型コロナウイルスの感染の影響で、消毒というもの事態にも注目が集まるようになりました。新型コロナウイルスの場合、基本的には高濃度のアルコール(70%~80%)での消毒が推奨されています。また次亜塩素酸ナトリウムでの消毒も有効とされています。ちなみに次亜塩素酸ナトリウムは、キッチンの漂白剤などに含まれていますので、これを薄めて使用します。次亜塩素酸ナトリウムに関しては、若干取り扱いに注意な部分が多いので、アルコールが入手できるのであれば、アルコール消毒が一番良いと思われます。ちなみに特殊清掃の場合の消毒は、新型コロナウイルスのようにウイルスが指定されていませんので、状況に応じて消毒薬を選定する必要があります。一概に消毒薬といっても、消毒効果のあるウイルスや細菌が違いますので、なんにでも使えばいいというわけではありません。ちなみに一時話題になったイソジンうがい液に含まれるポビドンヨードは優れた消毒効果をもっており、手術の際の消毒にも使われますが、見てわかる通り着色してしまいます。このように消毒薬も効果、効能、使用上の注意について熟知して使わなければ、色々な問題が生じてしまいます。業者の選定の際に、消毒について曖昧な説明しかできないようであれば、消毒についてわかっていない可能性もありますので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.bealive.co.jp/staffblog/archives/5029/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
消毒 from スタッフブログ|独居死・孤立死・自殺のSCS特殊清掃・ケアサービス

Home > 殺菌・消毒 > 消毒

ページの先頭へ