Home

スタッフブログ|独居死・孤立死・自殺のSCS特殊清掃・ケアサービス

新型コロナウイルス感染症に羅漢された患者の職場を除染

12月に入って全国的に一気に寒さが増しましたね。

今年を振り返ってみると、特殊清掃の業種でもやはり新型コロナウイルスの影響が大きかったような気がします。

勿論、SCS特殊清掃・ケアサービスでは新型コロナウイルスに感染した方のオフィスや職場への除染回数も数百回対応しました。

感染者の陽性が判明したとなると、他のクラスター感染を防ぐための予防措置が必要となります。

特にスーパーや商店などでは、お客様が安全に出入り出来る状態に戻す必要があり、徹底した除染作業を早急に対応する

必要があるのです。

我々は昼間に孤独死や自殺現場を特殊清掃の作業をして、夜間に新型コロナウイルスに羅漢された感染者がでた現場の除染作業をする。

思い起こせば、SCS特殊清掃ケアサービスのスタッフ全員が誰一人感染すること無く、本当によく頑張ってくれました。

真夏の暑い中昼は孤独死や自殺現場の特殊清掃、夜は新型コロナウイルスの除染作業。ずっと繰り返し作業でした。

日本では第5派が収まり、世界中では新たなオミクロン株となる変異撞が出始めているようですが、これ以上被害が大きくならないことを

願うばかりですね。特殊清掃は高齢化社会の背景もあり、年々増え続けているのが我々も最前線で仕事をしているので肌で感じます。

しかし新型コロナウイルス感染に関しましては予防策が明確になりつつあることなので、一人ひとりが意識をすれば終息するのでは

ないでしょうか。それはもちろんワクチン接種の問題だけでなく、一人ひとりの手指消毒、うがい、マスクとある程度の

ソーシャルディスタンスの意識。そして経口薬の開発が大詰めになっているようなのでそれにも期待ですよね。

海外製ではファイザー、国内製では大阪に本社がある塩野義製薬が頑張って臨床試験を繰り返してくれています。

早ければ、年内承認が取れるかもしれないとの事ですが、来年でもいいと思います。安全性優先で宜しくおねがいします。

冬場は入浴中の事故に注意

毎年書かせてもらっていますが、冬場(12月から2月)になると入浴時の事故が増えます。

冷えた脱衣場から熱いお風呂との急激な温度差によって心筋梗塞や脳出血、失神などを起こしてしまう、いわゆるヒートショックが原因となります。

湯船に浸かっているときに失神して溺死してしまうこともあるようです。

年間の入浴中の死亡者は交通事故でお亡くなりになる方より倍以上多いというデータもあります。

特に高齢者の方に注意が必要と言われています。

予防法を書いておきますので参考になさってください。

・入浴の前に脱衣所や浴室を暖めておく。

・入浴の前に水分補給をする。

・お酒を飲んだ後や食後すぐの入浴はしない。

・お湯の温度を熱くしすぎない。41度以下にする。

・長く湯につかりすぎない。

・浴槽から急に立ち上がらない。手すり等を持ってゆっくりと立ち上がる。

・同居する家族があれば、一声かけてから入浴する。

季節性うつ病

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

季節性うつ病というものがあるそうです。

気分の落ち込みや身体的な不調といった症状があり、10~11月頃から増えて春先にはおさまってくるパターンをもつようです。日照時間の影響もあるようです。季節の変わり目は体調を崩しやすいというのはよく言われますが、身体だけでなく心・メンタルの方も同じくのようです。なんとなく実感できるという方も多いのではないでしょうか。私も前職は障がい者支援施設で働いていたのですが、精神障がいの利用者の方で季節の影響を受ける方はおられましたね。

また、昨年はコロナ禍の影響もあってか、自殺者数が11年ぶりに増加に転じ、若者と女性が増加しています。孤立、孤独の問題があるだろうと思います。孤立と言っても、経済的であったり、人との交流が持ちにくい社会的な状況であったり、未来の見通しを持ちにくい心理的なものであったりと
複合的な問題かと思いますが。そして孤立という問題の極端な形のあらわれ方として、私たち特殊清掃業も関わることとなる自殺や孤独死があるのではないでしょうか。

季節性うつ病の話に戻りますが、この時期、もしご自身や身近な方でなんとなく元気がないとかいつもと少し様子が違うとか気づかれることがあったら、普段以上に気にかけたり、ケアが必要かもしれません。昼間によく日光を浴びるようにし、バランスよく栄養をとり、適度な運動をして、夜はよく眠れるようにする。少し気をつけて秋、冬を迎えたいと思います。

新型コロナウイルスと孤独死

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

新型コロナウイルスの猛威がまた来ています。大阪で感染拡大が起こり、医療体制が逼迫しているというニュースをよく耳にします。緊急事態宣言も愛知、福岡が追加され、おおよその予想通り、期間も延長されました。東京都も陽性者数の増加傾向が顕著ですから、ここからの人数には注意が必要ですね。宣言後の効果が出るのはまだ1週間半から2週間は必要でしょうね。昨年のこの期間も宣言が出されており、移動の自粛が叫ばれました。お盆の時期もまだ様子見という感じで、秋の大型連休の頃に収束の兆しがあり、移動も結構活発になりました。しかし、年末年始はまた感染爆発が起こり移動自粛となり、今の状況です。本来なら帰省や里帰りの時期になるべきところが、ほぼ移動自粛期間になってしまいました。帰りたくても、やはり両親の方が高齢であれば躊躇してしまいますし、まして都会から田舎への帰省となれば、ウイルスを持ち帰ってしまう可能性も高いですし、なかなか難しいですよね。2年もたつと、やはり高齢の方ですと健康状態が気になってしまいます。オンラインという手もありますが、それだけではなかなか分かりづらい部分もありますし、ましてネット環境自体がないことも多いです。こういった状況下で、普段は会えていたのに、連絡が遠くなってしまってといった形で、孤独死という形で発見され、後悔されるご遺族様も結構おられたりします。そうした現場を見るのは、やはり切ないものがありますね。インド型の変異株も注意が必要な状況になっていますし、やはりワクチン接種が終わるまでは、我慢の日々が続くしかないのでしょうね。大変ですが頑張っていくしかないですね。

東京都警察官友の会

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

警察官友の会が全国にあります。これまで大阪で事業を開始しましたので、近畿警察官友の会には入会していました。東京都に事務所を構えましたので、この度、「東京都警察官友の会」にも入会させて頂き、法人会員となりました。特殊清掃に入る現場はいわゆる変死現場ですので、事故現場や事件現場、自殺現場はもちろんですが、孤独死現場も変死現場になったしまいます。孤独死の場合は、一度警察が入って現場検証をして、事件性無しとなった場合、そこから特殊清掃をするといった流れになります。私たちが入る場合は、すでにご遺体が運び出された後になります。しかし、日数が経過していると、くっきりとご遺体の痕跡が残ってしまいます。この状態でもかなり臭気はきついのですが、やはりご遺体がある状態が一番臭気はきつい状態になります。中にはどろどろに溶けてしまった状態のご遺体もあります。そうしたご遺体は警察官の方が引き取られていくわけですが、やはりそういうのには頭が下がりますね。犯罪被害者支援の活動もありますし、少しでも警察官の方々の支援に協力させて頂ければと微力ながら思っています。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

震災関連死

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

2016年4月に発生した熊本地震からもうすぐ5年がたとうとしています。先ごろ、熊本城天守閣の復興が終了して、報道陣に先行公開されたとの報道がありました。復興のシンボルでもありますので、こういうのはうれしいニュースですね。熊本城も大きな被害にあい、有名な石垣が崩壊した様を見たときには地震の被害の大きさに衝撃を覚えました。一方で完全崩壊を免れた部分もあり、先人たちの偉大な仕事ぶりにも感銘をうけました。復興に関してはまだまだ途上ではありますが、こういうのはいいですね。

一方で仮設、復興住宅での孤独死は5年で35人に上っているようです。誰にも看取られずに亡くなったということで孤独死と定義されていますが、「孤独」という言葉があっているのかどうかは気になるところです。ただ、こういった災害で地域コミュニティが壊れてしまうことはありますので、こういった面については十分なケアが必要でしょうね。また、自殺や、地震に関連した精神的・肉体的負担によって亡くなられた「震災関連死」も218人認定されているようです。地震のことを忘れないことはもちろんですが、こういったことも忘れないように注視していきたいですね。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

田中邦衛さん

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

田中邦衛さんがお亡くなりになりました。ここ数年、体調が悪いというニュースもありましたし、人前にもでてこられてなかったので、そこまで驚きではなかったですが、悲しいですね。田中邦衛さんといえば、やはり「北の国から」のイメージが強いですね。連続ドラマの頃は見ていなかったのですが、スペシャルドラマはよく見ていました。その後、DVDで連続ドラマも見ましたが、すごくいいドラマでしたね。このドラマの田中邦衛さんはよくモノマネもされていましたし、印象に残っている人も多いのではないでしょうか。あそこまでの田舎暮らしをしている人というのはそうそういませんが、やはりああいう生活には憧れてしまう部分もありますね。地域の支えあいみたいなものもあって、日本でなくなっていってしまっている色々なものにスポットライトがあたっていたような気がします。孤独死なんかも、ああいう生活であれば起こらないのかもしれませんね。ご冥福をお祈りいたします

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

着物高額買取

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

京都の帯仕立て業者の方がHPやツイッターに「着物の高額買取ありません」などと、悪質な業者によるトラブル防止のための注意喚起が話題になっているというニュースがありました。こういうのは昔からあるのですが、目当ては貴金属のケースが多いです。着物の高額買取しますと言って、訪問してそこから居座って、貴金属の買取を行うといった悪質な業者によるトラブルが結構おきているようです。そういう状況を聞いて、仕立て業者の方は注意喚起を行いたいと思われたようです。

弊社でも買取は行っていますが、着物はまず売れませんので買い取れたとしても大した金額にはなりません。ましてや高額買取など、骨董品と同じで、よっぽどの価値のある着物でないとあり得ません。着物自体着る人も減っていますし、そこから仕立て直してまた着るとなると一苦労です。昔に何十万円、何百万円で購入した着物であっても、今の時代に要は仕立て直して売れるかどうかです。需要がなければ高額買取しても損になるわけですから、やはり高額買取は謳い文句なわけです。こういったトラブルに巻き込まれないよう、安易に高額買取に騙されないようしてください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

靖国神社

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

特殊清掃の仕事をしていると、人の生死にかかわることが多いので、やはりこの部分にはセンシティブになってしまいます。ただ孤独死の場合は不慮に亡くなってしまったとはいえ、特別な事情があるわけではありませんので、悲しいことではありますが、仕方がないという部分もあったりはします。もちろん遺族様にとっては無念なことであるのは間違いないですが。やはり悲壮感が漂うのは、自殺の現場や事件現場ですね。やはり、こういう場所に行くとどうしてもやりきれない気持ちになってしまいます。

先日靖国神社に行ってきました。こちらの展示館には、太平洋戦争でお亡くなりになった方々の遺書なども展示されています。この文面を読むとやはり涙を禁じえませんね。私よりも若い方もおられます。その方々はどのような気持ちで遺書を書き、戦地に赴かれたのでしょうか。自殺される方々の苦悩というのも並大抵のものでないのはわかります。ただ、こういった方々のことを思うと、今を一生懸命に生きたいと感じますね。新型コロナウイルスの影響で経済にも悪い影響がでています。経済が悪化すると自殺する方も増える傾向にあります。自殺が増えないことを心底望みます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

コロナ禍

SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。

緊急事態宣言が各地で終了していますが、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県では再延長されることになりました。時短要請も継続されるでしょうし、飲食関連業界にとっては苦境が続きますね。観光業界も同じような感じでしょうか。本来であればお花見や、歓送迎会の時期でもありますし、書き入れ時がなくなるのは厳しいものがありますね。

ちなみに特殊清掃業界には書き入れ時というのは特にないですが、(不慮のものなので予測がつきません。)夏場はやはり、ご遺体が腐敗する速度が早いので、やはり冬場よりは大変な印象ですね。新型コロナウイルスの影響でいえば、やはり人と人との接触機会が減っていますので、どうしても発見が遅くなってしまうケースがあるようです。普段から、体調が悪い人の場合はそうでもないのですが、元気な方の場合は普段あまり連絡をとりません。新型コロナウイルスの影響で会うことも少なくなっていますので、その際に急に体調を壊してというケースの何件かありましたね。コロナ禍と言われますが、早く明るい世の中にしていきたいですね。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

ページの先頭へ