Home

特殊清掃専門会社 SCS特殊清掃・ケアサービス

震災関連死


SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。




2016年4月に発生した熊本地震からもうすぐ5年がたとうとしています。先ごろ、熊本城天守閣の復興が終了して、報道陣に先行公開されたとの報道がありました。復興のシンボルでもありますので、こういうのはうれしいニュースですね。熊本城も大きな被害にあい、有名な石垣が崩壊した様を見たときには地震の被害の大きさに衝撃を覚えました。一方で完全崩壊を免れた部分もあり、先人たちの偉大な仕事ぶりにも感銘をうけました。復興に関してはまだまだ途上ではありますが、こういうのはいいですね。




一方で仮設、復興住宅での孤独死は5年で35人に上っているようです。誰にも看取られずに亡くなったということで孤独死と定義されていますが、「孤独」という言葉があっているのかどうかは気になるところです。ただ、こういった災害で地域コミュニティが壊れてしまうことはありますので、こういった面については十分なケアが必要でしょうね。また、自殺や、地震に関連した精神的・肉体的負担によって亡くなられた「震災関連死」も218人認定されているようです。地震のことを忘れないことはもちろんですが、こういったことも忘れないように注視していきたいですね。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

田中邦衛さん


SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。




田中邦衛さんがお亡くなりになりました。ここ数年、体調が悪いというニュースもありましたし、人前にもでてこられてなかったので、そこまで驚きではなかったですが、悲しいですね。田中邦衛さんといえば、やはり「北の国から」のイメージが強いですね。連続ドラマの頃は見ていなかったのですが、スペシャルドラマはよく見ていました。その後、DVDで連続ドラマも見ましたが、すごくいいドラマでしたね。このドラマの田中邦衛さんはよくモノマネもされていましたし、印象に残っている人も多いのではないでしょうか。あそこまでの田舎暮らしをしている人というのはそうそういませんが、やはりああいう生活には憧れてしまう部分もありますね。地域の支えあいみたいなものもあって、日本でなくなっていってしまっている色々なものにスポットライトがあたっていたような気がします。孤独死なんかも、ああいう生活であれば起こらないのかもしれませんね。ご冥福をお祈りいたします

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

着物高額買取


SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。




京都の帯仕立て業者の方がHPやツイッターに「着物の高額買取ありません」などと、悪質な業者によるトラブル防止のための注意喚起が話題になっているというニュースがありました。こういうのは昔からあるのですが、目当ては貴金属のケースが多いです。着物の高額買取しますと言って、訪問してそこから居座って、貴金属の買取を行うといった悪質な業者によるトラブルが結構おきているようです。そういう状況を聞いて、仕立て業者の方は注意喚起を行いたいと思われたようです。




弊社でも買取は行っていますが、着物はまず売れませんので買い取れたとしても大した金額にはなりません。ましてや高額買取など、骨董品と同じで、よっぽどの価値のある着物でないとあり得ません。着物自体着る人も減っていますし、そこから仕立て直してまた着るとなると一苦労です。昔に何十万円、何百万円で購入した着物であっても、今の時代に要は仕立て直して売れるかどうかです。需要がなければ高額買取しても損になるわけですから、やはり高額買取は謳い文句なわけです。こういったトラブルに巻き込まれないよう、安易に高額買取に騙されないようしてください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

靖国神社


SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。




特殊清掃の仕事をしていると、人の生死にかかわることが多いので、やはりこの部分にはセンシティブになってしまいます。ただ孤独死の場合は不慮に亡くなってしまったとはいえ、特別な事情があるわけではありませんので、悲しいことではありますが、仕方がないという部分もあったりはします。もちろん遺族様にとっては無念なことであるのは間違いないですが。やはり悲壮感が漂うのは、自殺の現場や事件現場ですね。やはり、こういう場所に行くとどうしてもやりきれない気持ちになってしまいます。




先日靖国神社に行ってきました。こちらの展示館には、太平洋戦争でお亡くなりになった方々の遺書なども展示されています。この文面を読むとやはり涙を禁じえませんね。私よりも若い方もおられます。その方々はどのような気持ちで遺書を書き、戦地に赴かれたのでしょうか。自殺される方々の苦悩というのも並大抵のものでないのはわかります。ただ、こういった方々のことを思うと、今を一生懸命に生きたいと感じますね。新型コロナウイルスの影響で経済にも悪い影響がでています。経済が悪化すると自殺する方も増える傾向にあります。自殺が増えないことを心底望みます。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

コロナ禍


SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。




緊急事態宣言が各地で終了していますが、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県では再延長されることになりました。時短要請も継続されるでしょうし、飲食関連業界にとっては苦境が続きますね。観光業界も同じような感じでしょうか。本来であればお花見や、歓送迎会の時期でもありますし、書き入れ時がなくなるのは厳しいものがありますね。




ちなみに特殊清掃業界には書き入れ時というのは特にないですが、(不慮のものなので予測がつきません。)夏場はやはり、ご遺体が腐敗する速度が早いので、やはり冬場よりは大変な印象ですね。新型コロナウイルスの影響でいえば、やはり人と人との接触機会が減っていますので、どうしても発見が遅くなってしまうケースがあるようです。普段から、体調が悪い人の場合はそうでもないのですが、元気な方の場合は普段あまり連絡をとりません。新型コロナウイルスの影響で会うことも少なくなっていますので、その際に急に体調を壊してというケースの何件かありましたね。コロナ禍と言われますが、早く明るい世の中にしていきたいですね。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

関東事業所移転


SCS特殊清掃・ケアサービスの松田です。




2月12日より関東事業所が移転しました。場所は東京都江東区森下になります。江東区といえば両国が近いので、相撲部屋が多くあるのが特徴です。歩いている関取の方に会うことも多々あります。コインランドリーにまわし云々といった注意書きも見つけました。こういったところにも風情を感じますね。また、深川近辺になりますので、昔の風情を感じられるところも多く、なかなかいい環境かなと感じております。




事務所移転しても仕事自体は変わらないわけですが、こういった機会というのは色々なことを見直すいい機会にもなります。心機一転というわけではないですが、仕事を続けていくうちにどうしても慣れというのは出てきます。慣れが悪いわけではありませんが、どうしても慣れてこなしていくという感覚は出てきてしまうものではないでしょうか。これを機会にその辺を見直して頑張っていきたいですね。これからもSCS特殊清掃ケアサービスを宜しくお願い致します。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

浴室での特殊清掃


SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。




この時期に多いのが、浴室内でお亡くなりになるケースです。ヒートショックともいわれますが、寒暖の差が激しい場合(特に浴室廻りが寒い家は要注意です。)、浴槽のお湯などによって血圧などが急上昇して意識を失ってしまったり、血管に異常をきたすことがありますので注意が必要です。




浴室内の特殊清掃は特に悪臭がきつくなります。浴槽内でお亡くなりになった場合は、はってあったお湯に体液が混ざってしまうので、かさ増しの状態になってしまいます。量が増える分、清掃も必然的に大変になってしまいます。また一度、そのような状態になった浴室は再利用できませんので(発見が遅れた場合などの浴室)、浴室の交換が必要になってきます。必然的に、この工事費用がかなり高額になってしまいますので、お部屋の中でお亡くなりになった場合より金額が高くなってしまうケースが多いです。




寒暖差が激しくならないよう、脱衣所などにも暖房設備を置くなどして、ヒートショックを起こさないように注意してください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ゴミ屋敷の片付け


SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。




先日、いわゆるゴミ屋敷もしくはゴミ部屋の片付けに行ってきました。ゴミ屋敷の片付けで難しいケースがあります。単に、ズボラな性格だったり、忙しいといった要因で、ゴミが捨てられなかった、こういったケースの場合はそこまで難しくはありません。いわゆる明確なゴミなわけですから、あとは自治体のゴミの分別のルールに従って、搬出するだけの話です。後は経済的な話=価格が折り合えば問題なく進行していきます。量が多ければ苦労しますが、あくまで物理的な問題です。難しいのは、本人さんにとって、通常の人が不用品=ゴミと考える物でも、必要品となってくるケースです。飲食品の食べかすや、飲料品の飲み残し、などはいいですが、衣類や書類関係、他の様々な小物の扱いには困ります。衣類などが、ゴミにまみれて汚れていたり、小物でも同じ用途の物が多数あったり、壊れていたりすることが多々あります。書類など(特に郵送物)は封筒から出さずにそのままの物などは、必要か不必要か非常に判断が難しいです。少量であれば問題無いですが、大量にあるのがゴミ屋敷の特徴です。こうした場合は、仕分けにかなり注意が必要になってきます。時間もかかりますし、その分だけ費用も高くなってしまいます。また精神的にもかなり疲れます。これは、私たち作業員だけではなく、依頼者の方にとっても同様です。こういう場合の片付けには、なお一層依頼者の方に寄り添って、片付けを行う必要性があります。私も、精神保健福祉士の資格を持っており、こういった経験が役にたっております。これからも、より良い方法でゴミ屋敷の片付けができるよう、再びゴミ屋敷にならないようアドバイスしているように、精進していきたいと思います。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

新年明けましておめでとうございます。


SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。




新年明けましておめでとうございます。とはいえ、世間では昨年から続く新型コロナウイルスの影響で、首都圏では緊急事態宣言が出される見込みとなっており、以前暗いニュースが多くなっています。東京オリンピックの開催も迫っており、どうなるかきになるところですね。昨年の流行語大賞のノミネートも新型コロナウイルス関連の言葉が多く選ばれました。今年は明るいニュースが多くなるといいですね。




冬場というのは、結構お亡くなりになるのが多い季節でもあります。気温が低いので、御遺体が傷むのは遅いため、比較的「特殊清掃」よりも「遺品整理」の依頼が多い季節でもあります。年明け早々ですが、人がお亡くなりになることはコントロールできるものではありませんので、やはり依頼は入ってきます。お亡くなりになったといえば、新年早々ですが、「ラストサムライ」にも出演された福本清三さんがお亡くなりになられたとのニュースがありました。大部屋俳優の方で、時代劇で斬られ役をずっとつとめてこられた方です。探偵ナイトスクープで取り上げられ話題になり、その後、徹子の部屋にも出演され、「ラストサムライ」にも出演され、多くの方もお名前を知られたのではないでしょうか。こういう方にスポットライトが当たることはあまりありませんでしたので、勇気づけられた方も多いのではないでしょうか。こういうご時世だからこそ、こういう人生の過ごし方には学ぶ部分が多い気がします。謹んでご冥福をお祈り致します。



  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

訃報


SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。




先日、作詞家のなかにし礼さんがお亡くなりになられました。数日前には「北酒場」で作曲を担当された中村泰士さんもお亡くなりになられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。




今年も著名な方がお亡くなりになられました。一番の衝撃的なニュースは志村けんさんが新型コロナウイルスに感染されてお亡くなりになったことではないでしょうか。このニュースによって、一気に新型コロナウイルスの脅威が日本中に知れ渡ったのではないでしょうか。新型コロナウイルス関連ですと、岡江久美子がお亡くなりになったのもショックでしたね。




一方で衝撃的な自殺のニュースも多かった気がします。木村花さん、三浦春馬さん、竹内結子さん。著名な方が不幸にもお亡くなりになってしまいました。成功しているようにはたからみえても、ご本人たちにとっては悩みは多いのでしょうね。




新型コロナウイルスの影響によって、経済の悪化が今後も予想されます。自殺者数の増加なども報告されています。新年を迎えるにあたって、暗いニュースも多いですが、来年1年がいい年になるように頑張っていきたいですね。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home

ページの先頭へ