Home > ヒートショック | 孤独死や孤立死 > 高齢化によって高齢者のおひとり様事情

高齢化によって高齢者のおひとり様事情

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。

2020年になり例年の冬の寒さが控えめに程よい気候ですごせますね。寒すぎないということは

毎年この時期に多い【ヒートショック】による突然死が少なくなっていることを願うばかりですが、年々高齢化が拡大しているので

その比率は年々増加傾向にあります。身寄りのない高齢者【60歳以上】にあるアンケートをとると45.7パーセントが将来に孤独死になるかもしれないと

いった不安があると答えているそうで、おひとり様予備軍に関しましては特に不安度が高く56.8パーセントの方もいました。

不安度は高いが76.3パーセントの方はそれでもおひとり様で居たいと思われているようです。

不安はあるけれど、今更自分の生活ペースを変化させられるのはいやなものなのでしょう。

逆に将来のことを心配してこのままだと一人で一生過ごすことになるし、もしかしたら孤独死してしまうかもしれないと思って自分自身で

施設の入居に行く方はほとんど聞いたこともありません。こればかりはどうすることもできない問題なのでしょうか。

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.bealive.co.jp/blog/archives/4113/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
高齢化によって高齢者のおひとり様事情 from 特殊清掃専門会社 SCS特殊清掃・ケアサービス

Home > ヒートショック | 孤独死や孤立死 > 高齢化によって高齢者のおひとり様事情

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ