Home > 孤独死や孤立死 | 特殊清掃 > 西宮市で特殊清掃をしました。

西宮市で特殊清掃をしました。

 

孤独死があった特殊清掃が必要な部屋へ立ち入るときは、まずは現場調査をする事になります。事前に依頼者からできるだけ情報を聞き出す。【部屋のどの場所でお亡くなりになられていたか】【お亡くなりになられてからの日数】【おおよその年齢】【持病があったかどうか】その情報を元に現場を注意深く確認します。ご遺体の発見までが長時間経っている場合は、腐敗体液による汚染がどこまで広がっているか、蛆虫や蠅の発生具合を慎重に調査します。残置物【遺品】の撤去を依頼される場合は処分する物量の確認をすることになります。

遺品といっても故人様のプライバシーに関わる事なので慎重に扱います。人によって本当に様々です。生前の姿がお会いしていなくとも想像できる程、故人さんの生活感を感じます。

SCS特殊清掃・ケアサービスでは、遺品整理を行うときは依頼者の金銭的な負担を軽減する為に、極力リサイクルやリユースを駆使して捨てるものを減らす事を心掛けています。しかし、死後の時間が経過してからご遺体を発見された現場では、それが出来ない事が多いのです。室内の残置物すべてに死臭(腐敗臭)が強烈に吸着します。死臭(腐敗臭)がしみ込んだものは、強烈な匂いがするのでリサイクルに出すことが出来ず、結局はゴミとして処分することがほとんど。遺品整理で見つかった貴重品も、特に紙製品類などは遺族様が持ち帰ってから外で長期間天日干しをすることで臭いの低減する事くらいしかできないのです。しかし遺族様も様々で、臭いがしてもかまわないからと大切に持ち帰る方もおられれば、臭いがするから全部処分してくれと様々です。

兵庫県西宮市で特殊清掃をしました。依頼者はマンション大家さんで、管理会社を通して依頼が来ました。

故人様は、昨年定年退職されたお堅い正義のお仕事。部屋には職業側だろうか、書類関係も一目でわかりやすく整理整頓されていた。

お堅い職をしていたからは関係ないのかもしれないが、僕の経験上はこのようなケースでは珍しく遺族様が相続放棄をされて、遺品の引き取りも無しとの事。そうであっても写真を含め遺品整理の対応をして貴重品と思えるものは全て管理会社に託した。

死後、2週間程たっており、腐敗も進んでいたために消毒・特殊清掃・消臭作業をさせていただきました。

故人様は数十年仕事にまい進して定年を迎え、翌年に突然死するなんて。哀しい現場でした。

 

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.bealive.co.jp/blog/archives/4173/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
西宮市で特殊清掃をしました。 from 特殊清掃専門会社 SCS特殊清掃・ケアサービス

Home > 孤独死や孤立死 | 特殊清掃 > 西宮市で特殊清掃をしました。

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ