Home > 殺菌・消毒

殺菌・消毒 Archive

特殊清掃における消毒の必要性

SCS・特殊清掃ケアサービスの林田です。

特殊清掃の現場に入る際にまず気を付けないといけないのが感染症対策です。死後日数が経過してしまいますと、御遺体が腐敗してしまいます。そうすると、御遺体からの体液が漏出して室内に残されます。警察が搬出するのは御遺体ですので、この腐敗した体液は室内に残されることになります。標準予防策として、こういった体液(血液や尿などといった成分が色々混ざっています。)には感染するリスクがあるとされています。またウジ虫やハエなどが発生すると、こういった体液に触れたうえで、部屋中を動き回りますので、部屋中に感染源が広がってしまいます。そこで、まずは室内の消毒活動を行ってから作業することになります。これらは、お見積りの際に常に説明させて頂くのですが、中にはなかなか理解してくれない人もおられます。細菌やウイルスは目に見えませんので、なぜそんな作業が必要で、お金をかけないといけないのかと勘繰ってしまうのでしょうね。そのお気持ちはよくわかります。遺品整理ですと、物が実際に撤去されると目に見えてわかります。また腐敗体液による汚染も、清掃後は目に見えて確認できます。ニオイも鼻で確認できます。ウイルスや細菌は消毒前と後で変化がわかりません。(細菌に関しては細菌検査で、判定することは可能なのですが、費用がかかってしいまいます。)

ですが最近は、新型コロナウイルスの影響で、皆さんの衛生知識が高まり、ウイルスなどに対する知識も高まるようになってきました。ですので、今までよりも消毒に対するご理解を得られやすくなってるように感じます。もちろん、消毒についてご理解を得られにくかったのは、こちらの説明不足によるもの、力不足によるものとは理解してますので、そこは日々研鑚していく必要があります。特殊清掃には、なぜ感染症対策が必要なのか、消毒が必要なのか、これを機会により一層理解して頂けるよう精進していきたいと思います。

守口市でゴミ屋敷の片付けと特殊清掃の作業をしました

すっかり冬の終わりを感じ、春の到来な気温になりましたね。

新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るっている為、卒業式が開催されなかった方や、これからの入学式はどうなることうやら。。

心配はつきませんね。SCS特殊清掃にも新型コロナウイルスの発生があった場合に、オフィスなどの消毒は可能か?との問い合わせが毎日数10件かかっており、予防の為に事務所を清潔にしてほしいなどの、事前消毒へ毎日現場が続きますが早く終息してほしいものです。

守口市でゴミ屋敷の片付けと特殊清掃をしました。

ドアを開けたらもうごみで埋まっている状態で、部屋の少しくぼんだスペース(そこで生活していた)でお亡くなりになっておられた。強烈な死臭と腐敗臭が、マンション共有部にまで漏れ出ていたために、発見に至ったそうだ。ゴミ屋敷でも生ごみ系はほとんどなくて、どちらかといえばモノ屋敷。私の今までの経験では裕福な方(お金を持っている)がこういったモノ屋敷にしてしまう人が多い。

セルフネグレクトによる病気が原因の場合もある。身体を悪くしてあまり活発に行動できなくなった方が、モノ屋敷にする傾向にあると思います。腐敗体液の汚染源を消毒、特殊清掃をしてから2日がかりでトラック12台分の量を搬出しましたが、これからは消臭作業へ入ります。遺族様に聞くと、市内の立地条件の良い場所にありますので、リフォームしてから売却するようです。

作業前

CIMG5002CIMG5018

 

作業後

CIMG5326 CIMG5419

 

殺菌消毒、感染対策

新型コロナウイルスの影響で各種イベントや社会活動の自粛が広がっています。不要不急の外出も控える動きから、観光地も閑散としていると聞きます。ウイルス罹患・発症も確かに怖いのですが、自粛による経済的な損失も相当なものがあります。収入減、倒産、失業のほうがコロナウイルスより健康を害するかもしれません。問題を難しくしているのは、ウイルスが目に見えず、どこまで気をつければよいのか分からないせいではないでしょうか。発症していない人や軽症の人からでも感染するとの情報があり、完全にシャットアウトすることは難しい状況です。連日増える感染者数に不安ばかり増大していくようです。結果はマスクやトイレットペーパーの買い占め、殴り合い奪い合いの喧嘩やデマ情報、詐欺事件という現象にまで至ります。

孤独死、変死を扱う特殊清掃の現場では、まずはじめに行うことが室内の殺菌消毒です。これは感染症対策の意味があります。ご遺体が腐敗し、腐敗体液が漏出し室内を汚染する。腐敗体液や血液にはさまざまな細菌、大腸菌や肝炎ウイルスが存在している可能性がある。ご遺体の発見が遅れてウジやハエといった衛生害虫が発生した場合は、それらが室内を移動し飛び回って汚染を広げてしまう。そういった環境を清掃しリセットするためにまずは殺菌消毒が必要となります。作業員である私たちが菌やウイルスに感染しては安全に作業ができませんし、また現場の外に感染をひろげてしまう恐れがあります。目に見えないが細菌やウイルスが存在しているかもしれないと想定して作業に当たります。

新型コロナウイルスについても言えますが、そのウイルスがどういった経路で感染を引き起こすのか知る必要があります。飛沫感染なのか接触感染なのか空気感染、食品や器物を媒介してなのか、または昆虫媒介感染なのか。例えば飛沫感染であれば、人のいない屋外でまで怯えて身構える必要もないということです。そして殺菌、消毒に有効な薬剤は何なのか。どの程度の濃度で効果があるのか。消毒に一般的な次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなどですね)でもそれで手洗いしては肌が荒れてしまいますし、高い濃度でやたらに使用すれば場所によっては錆びついたり脱色します。

新型コロナウイルスは未知の部分が多いのですが、できるだけ冷静に、手洗いうがいの励行や素手で眼口鼻に触らないようにするなど感染対策に注意をしつつも、過度に活動を自粛しすぎて健康を害するようなことにならないように、一方に偏りすぎることのないようなバランス感覚が求められているように思います。

 

オゾン脱臭について

SCS特殊清掃ケアサービスの林田です。

今日はオゾン脱臭についてです。

オゾンという言葉を聞いたことのある方は多いと思います。オゾン層のオゾンですね。ではオゾンとは何でしょうか。

オゾンの元素記号はO3です。酸素原子が2つでO2(酸素)、3つついたものがO3(オゾン)です。ちなみにオゾンは微量ですが海や山、森など自然界にも存在します。オゾンの分子は不安定な状態であって、3つ目の酸素原子は離れて安定したO2に戻ろうとします。ここで 悪臭のもととなるニオイ物質や細菌、ウイルスにオゾンが触れると、この3つ目の酸素原子がそれらとくっつきます。これを酸化といい、ニオイ物質を分解し、また細菌やウイルスを不活性化させます。これがオゾンの消臭、殺菌の効果です。人工的にオゾンを発生させるオゾン脱臭機として、我々の特殊清掃の業界でもよく使われているわけです(他にも水道の浄水や、冷蔵庫や洗濯機の機能として使われている製品もあるんですね)。

ただオゾン脱臭機が万能で稼働させておけば万事解決かというとそうではなく、たしかに腐敗臭に高い消臭効果を発揮するのですが、臭いのもととなる汚染源を的確に処置していなければ、そこからいくらでも臭いが出てきますので、一時的にはオゾンで消臭できたようでもしばらくするとまた臭いが戻ってくるということにもなりかねません。そこは確実に臭いの元に対処する経験と技術が必要となってきます。

そこが特殊清掃の難しさですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で23000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

 

孤独死現場では感染症にかかる危険性があります。

孤独死や自殺(自死)された現場で一年中作業するにあたり、肝炎検査も必ず必要だと思います。私たちスタッフは一年間に2回肝炎検査を受け先日も肝炎の疑いは無いとの判定をいただきました。特殊清掃のエキスパートだから肝炎にかからなくて当たり前だと自負しておりますが、そこは常日頃の現場作業でも細心の注意を払い自分の身は自分で守るをモットーに作業しております。SCSでは現場作業責任者を担当する際は必ず感染症対策のエキスパートである医療環境管理士の資格を有するものが指揮をします。勿論私も有資格者ですが、意外と特殊清掃の会社は山ほどありますが、有資格を取得している会社は以前確認しましたが弊社と東京の1社だけでした。孤独死や自死現場の現地調査へ伺うときに遺品整理業者や不用品回収業者、便利屋さんと相見積になることが多々あります。そんなとき私が入室した際に気づくことは色々な業者さんが汚染源を土足で踏まれている方が非常に多いのです。スタンダードプリコーション(標準予防策)では人体から出たものは感染症の疑いを持って対処せねばならないとあります。以前までは爪意外とありましたが、昨今では爪も含む傾向にあるようです。要は人がお亡くなりになられて、死後時がたてば、腐敗してくると共に血液や体液がそこら中に流れ出します。そこに腐敗臭につられて蠅がご遺体から出ている体液等を食し、そこに1回に50個から150個の卵を産み付けそれが、蛆虫となるわけです。数千匹、万にも増える蛆虫が体液を食べながらそこら中に歩き出します。ひどいときは玄関の数ミリの隙間から廊下などの共有部に逃げ出したりとなりの家の玄関の隙間から入っていったりするのです。腐敗体液で濡れたままです。腐敗体液やご遺体の一部の危険性とは病原細菌に侵されるかもしれないということです。代表的な感染する可能性があるのはサルモネラ、ビブリオ、カンピロバクター、0157、黄色ブドウ球菌、セレウス、ボツリヌス、リステリア、病原微生物では赤痢、コレラ、ウイルスではノロ等があります。先程の話で腐敗体液をなぜ踏むといけないのかというと踏んだ靴の裏であるいたとして、それを会社でも家でも持ち込んだ際、なにかしらの拍子にそれを手で触れないとは言い切れず、またその手で口を触らないとは言い切れないからです。ペットなどがいる家庭ならばもっと危険性は高くなります。なので現場では腐敗体液を踏まないように工夫して作業します。勿論防御服を装備し、足まで完全防備で作業する事が望ましいです。それでまずは消毒作業からですがそうすることによって危険性がかなり低くなります。業者のみならず、ご遺族様での中に入られるかたをお見受けしたときは私ならば退出していただくように話をしています。遺族様ならばなおのこと危険性など知る由もありません。特殊清掃とは一概に気合や根性で作業するものではなく、危険を予測して安全に作業環境を整える事からはじめないといけません。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で22000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

奈良での自殺(自死)現場の特殊清掃作業

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。

桜も散り始め昼間の気温は20度を超える日々が続きますね。

私たちも現場作業をしている中で汗をかく季節になってきました。

実際特殊清掃の現場では感染症予防の為、作業スタッフは全員必ず防護服、防護マスクを装備して作業にかかります。

冬場ならば防護服を着て作業するのは寒さをしのげるちょうど良い温度になるのですが、

これからの時期はサウナスーツのように汗が滝のように出続けるので2時間以上は連続して作業するのが困難になります。

今回の現場は奈良市でのとあるマンションの一室でトイレで自らの手首を包丁で切られたそうで、大量の出血が室内全体に拡散していました。

手首をカッターで切り込みいれるのではなく、包丁で手首を切るというのは

想像がつくと思いますが大量の出血と共に激痛、意識がもうろうとする中でベットにて絶命されていたようでした。

大家さんが凄く良い方のようで血液の洗浄と消毒を徹底してくれたらその他の家賃保証であったり

原状回復はしなくてもよいとの事。ご遺族様は身内の方のとてつもなく哀しい不幸の中に

本当に良かったとおっしゃられていたのが印象的な現場でした。

我々はお亡くなりになられた方がなぜ自らの死を選んだのかはわかりませんが

残された大量の血液の海と、もがきくるしみながら触れていった壁の手形などをみて只々合掌するのみ。

哀しい死の痕跡を消して現場を後にしました。

IMG_1165

CIMG0606

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で22000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

特殊清掃の消毒作業

SCS特殊清掃ケアサービスの林田です。
寒波で大雪、福井県では車が立ち往生して何日も車中泊となっていますね。本当に大変だろうと思います。無事早く元の生活に戻れますように。
さて、本日は特殊清掃の作業についてです。ご遺体の発見が遅れてしまい体液が滲出している場合や、吐血や出血などの血液が室内の床や壁面などに付着している場合があります。施工にあたってまず始めにすることは室内の消毒作業になります。専用の消毒薬剤を室内全体、汚染部分に噴霧していきます。こうしたことが必要なのは、血液や腐敗体液にはさまざまな病原菌やウイルスが潜んでいる可能性があり、うかつに触れてしまうと感染症に感染する恐れがあるためです。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、HIVなどが血液を媒介に感染する恐れがある代表的なものです。そういった病原体があるかもしれないことを念頭に置いて弊社のスタッフは作業に当たっており、感染症予防の専門家である医療環境管理士の資格を取得しています。ご遺族様、大家様、管理会社様がお部屋に入られる際には感染症に十分に注意していただきたいと思います。お困りの際はいつでもご連絡をいただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天王寺区での特殊清掃作業事例

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。
朝晩とは違い昼間は連日暖かい日々が続きますが服装には難しい季節になりましたね。あと一ヶ月もすれば猛暑日になったりすることになるのでしょうが、そうなると熱中症対策も気を付けなければいけません。十分な水分補給となによりも大切な塩分補給、これは最近はコンビニでも売っている事が多くなりました塩飴。自分に合う塩飴も種類が多いのできっと見つかるはずですので熱中症対策には必須です。さて先日の現場の話をさせて頂きます。大阪の中心地に近い弊社近くの天王寺区での特殊清掃現場でした。見積もり依頼の電話を受けると、3階建ての住居で依頼者であるご遺族様は2階に住んでいるとのこと。そしてお亡くなりになった息子さんは3階に住んでいて異変に気付かず3日後にトイレで座ったままお亡くなりになったとの事。そこら中に血液が流れており、自分たちではどうしようもないのでお願いしたいとの事でした。
私も他の現場をスタッフにまかせ急行しました。部屋の前で手を合わせ。足カバーと手術用手袋を着用し部屋へ入室。室内は物も最低限しか置かない生活をされていたのでしょう。こじんまりした整理整頓ができた部屋でした。そしてそれとは似つかわしくないある跡が気になります。フローリング部分から畳5畳分にかけて血痕跡がちょうど人の足跡のように無数にありました。そして部屋の一番奥にあるトイレのドアを開くと、大量の血の池が広がっていました。壁にも大量の血痕が広がっていました。ご遺族様にお話を聞かせて頂くと、精神的にもいろいろ悩み、常に死にたいと言っていたそうですが、警察の検視結果では自殺されたわけではないとの事です。わたしも数々の自死現場へ立ち合いましたが明らかに状態が違うのですぐに気付きました。肝臓疾患系を患っていたのだと。異変を気づきトイレに駆け込みんで大量に血を吐きそのまま亡くなられたようです。フローリングや畳の血液跡は警察がご遺体を搬出する際にトイレ内へ踏み込みそのままご遺体を納体袋へ納める際についた足跡です。ご遺族様たちの憔悴しきった表情が凄く悲しく、少しでも早くこの辛いトイレを見なくてすむようにと、見積後に着手。WHOで推奨されているスタンダードプリコーションの観点からご遺体からでた血液は感染症の疑いを持って対処しなければなりません。入念な消毒を施し、防護服と防護マスク、ゴーグルをを着用。手術用手袋を3重にして作業開始。2時間かけて丁寧に血液を特殊な洗剤で分解とリンシングを繰り返し特殊洗浄を施すと見違えるほどに綺麗な状態へ戻す事ができました。そして作業後消毒を施し完了。ご遺族様たちに立ち会っていただくとありがとうございます。こんなに綺麗にしていただいて。とご遺族様たちは泣いておられました。その後仏壇にも手を合わせさせていただきお話をさせて頂いておりましたが、悔やんでも悔やみきれずまだ若いこれからの命が亡くなった。すぐに気付いてあげれなかったことがどうしようもないことだとわかっていてもまだ気持ちの整理がつかないようでした。私はお話を聞いてあげる事しかできませんと申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、ありがとうとおっしゃってくれたご遺族様の哀しい顔がやるせない気持ちになります。大切な家族が亡くなるということはこういう事なんだと。
突然の不慮の事故やお身内の不幸でお仕事させて頂いている事を心に深く留めて仕事にまい進したいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホーム > 殺菌・消毒

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ