Home > アーカイブ > 2016-07

2016-07

特殊清掃時の害虫駆除について

孤独死があり死後2、3日もたてば御遺体は腐敗し、その腐敗した遺体から出る腐敗臭を嗅ぎ付けて一匹の蠅が侵入しご遺体に卵を産み付ける。そうする事によって蛆虫が御遺体を食べ成長しやがて暗所で蛹になって成虫(蠅)になる。一匹の蠅が産み付ける卵は約100~150匹あり餌になるもの、ここでは【御遺体】があれば、倍倍になるととんでもない数字に膨れ上がるわけです。そのため、孤独死や自殺などの特殊清掃を有する現場では、初めに現場に立ち入った時に腐敗状況や害虫の発生状況をくまなく確認します。そうする事によりこの先どれくらい駆除できるかを検討するわけです。蛆虫には直接的駆除をはじめ、殺虫剤(乳剤等)を直接噴霧する事により殺虫する事が出来ます。しかし蛹に対しては非常に完全駆除は難しくなります。理由は蛹になる前の蛆虫は暗所へ移動します。家具があれば家具の裏や建具の隙間から躯体まで入り込み、床フローリングやCFそしてひどい時には玄関下の僅かな隙間をはい出て廊下共有部の暗所に逃げ込みます。そうなればさなぎの完全駆除はほぼ不可能になります。蛹には直接駆除や脱皮阻害剤を含む薬剤で直接的に蛹に噴霧出来れば蠅に脱皮する事を防ぐ事も出来ますが、建具に僅かな隙間から逃げ込まれると直接的に殺虫する事ができません。私が経験した現場では、木造建物の床フローリング下はコンクリートでは無く、土である為、蛆虫が大量発生後その大量発生した蛆虫が隙間から土の中に入り込み、安全な状態で蛹から蠅になりそれが現場完了後に成虫(蠅)が大量発生したケースもあります。通常蠅はエサがあれば一か月間行き抜きますが、エサが無ければ2、3日で自然に死にますがそれでもかなりの量になるわけです。特殊清掃とは孤独死や自殺などによって汚染された現場の消臭や消毒のみならず害虫駆除を徹底して行う事なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界18年間で20000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無差別殺人事件

●凶行

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です。

本日の深夜未明、大変な事件が起こりました。世界中では無差別テロで多くの方が亡くなる事件が起きています。しかし、この事件は、テロでもなく怨恨でもないとしたら、なんと表現していいのでしょうか。容疑者は捕まったばかりで、動機などは一切解明されていませんが、現時点で19人の方が亡くなっています。複数の刃物を所持して侵入し、殺害に及んでいます。このほかにも重軽傷者含めれば40人以上の方が被害にあわれたことになります。日本の犯罪史上でもまれにみる大量殺人事件となってしまいました。容疑者はこの施設の職員だったという情報もあります。とにかく、信じられないの一言です。

犯人の目的は一体何だったのでしょうか。何が凶行に及ばせてしまったのでしょうか。一刻も早い裁判での真相解明が求められるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

腐敗臭

SCS特殊清掃の岡本です。
梅雨真っただ中のこの時期、毎日蒸し暑い日々が続きますが、皆さま暑さ対策は出来ていますでしょうか?
連日熱中症で緊急搬送の話をお聞きします。しかも日に日に増加しているようです。高齢者の方のみならず若い世代の方でも注意が必要です。
水分を接収するだけでは無くて、塩分「スポーツドリンク」や「塩飴」などで補給してくださいね。
私たちSCS特殊清掃のスタッフも連日現場作業の繰り返しです。
業務柄、室内作業が多く、人がお亡くなりになられた室内では劇悪臭と共に数千の蛆虫や蠅が徘徊する中、絶対に外部や共用部分に臭いや虫を出すわけにはいけませんので室内のエアコンは使う事はおろか、完全密閉した部屋での汚染物の撤去を完全防備の防護服を着た状態で行います。外気が35度前後になるこの時期では室内は正直2時間が限界ですが、体調には十分に気を付けながら作業しております。この時期ではお部屋で病死や熱中症、または自死される方がお亡くなりになって早ければ1日で腐敗が始まってしまうのです。これが死臭に繋がるわけです。そうなると3日もすればご遺体が腐敗して出る死臭や腐敗臭が自宅の外に強烈な臭いとなって漏れ出すわけです。私たちは現地調査の段階では、マスクをして入室しません。理由は腐敗臭の消臭するための調査をするのにマスクをする事によって嗅覚での判断が出来ないからです。スタンダードプリコーション「標準予防策」の観念でも、結核が原因ではない限り、感染症のリスクは汚染部分を直接触れる直接感染や人から人へと触れる接触感染が主なリスクになります。勿論作業する場合は完全防備のマスクを装着しますが。どんな悪臭であってもマスクをする事無く臭いの拡散を確認する調査を嗅覚で行うわけです。ドアを開けた瞬間から嗅覚よりも眼に直接しみるような悪臭も多いこの時期ですが毎日現地調査と現場作業頑張ります。
突然の事でお困りの方、SCS特殊清掃では24時間体制で受付しております。
お問合せスタッフ一同お待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界18年間で20000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都市にて遺品整理

●京都市にて遺品整理

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です。

先日、京都市にて遺品整理を行ってきました。京都市も大阪市と同じような暑さで、皆汗まみれでの作業となりました。作業をしたのは、京都市内の南側の方で、京都駅もほど近いところです。1kのお部屋で荷物も少なく作業は午前中には終了しました。そのまま、大阪に帰ったのですが、この時期京都に行くなら、北部の方に行きたいですよね。貴船の川床なんて、涼しくて風情があっていいですけどね。とはいえ、仕事で行っている以上そんなことは言ってられないんですが。
その日は、もう1件箕面市でも遺品の整理を行ってきました。こちらも1Rのお部屋で物量は少なかったので、3時間で作業は終了しました。同じような老人の方でも、物に囲まれて暮らしておられる方もいれば、必要最低限の物で暮らしておられる方もいます。どちらがいいとは言えませんが、物に囲まれて暮らしておられる人の方が、部屋は散らかっている傾向が強いように思います。石油ショックなどもあった影響なのでしょうか、トイレットペーパーやティッシュ、洗剤などを大量に溜め込んでおられる方もいますが、身の丈にあった生活スタイルでないと、段々と体が動かなくなるにつれて、目が行き届かなくなってしまうのではないでしょうか。皆さんも、自分の生活習慣が変わったら、お部屋の整理をして、使わないものを見直してみるのもいいかもしれませんよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

単身者が熱中症にかかった際のリスクについて

梅雨の真っただ中。日を重ねるごとに蒸し暑さが増します。今年は昨年よりも熱中症で倒れたままお亡くなりになられる方が多いと聞きました。
SCS特殊清掃に掛ってくる電話も例年よりもはるかに多くマンション・一軒家・アパートなどでお亡くなりになられ、死後数日以上が経ち、腐敗した状態で近隣にお住まいの方が異臭を感じ、発見されたというケースが多いです。熱中症というのは世間一般では身体の温度調節が少し鈍感になっている高齢者の方や、まだ体力がついていない子供に多いと言われますが、最近では立て続けに若い世代20代~40代前半くらいの働き盛りの方が熱中症で倒れ、単身者の方では誰か気づいてあげる人が居れば良いのですが、そのままお亡くなりになってしまうという事が多いのです。6月だけで熱中症関連での特殊清掃・消臭・殺菌消毒・遺品整理の現場が立て続けに入りましたが、毎回いたたまれない気持ちでいっぱいになります。やはり自身の身体は自身が知り、自身で管理しなければいけないですね。私自身も現場作業するときは真夏でも軽装備では無くてケガ防止の為に厚手の丈夫なツナギと安全靴を装備して作業しております。おかげでケガをしたことはありませんが、代わりに熱中症のリスクが高まります。そこはプロとして、自分自身も体調管理と水分補給に気をつけて作業したいと思います。沢山の熱中症によってお亡くなりになられた方を見てきましたので私たちは熱中症にかかるわけにはいきません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界18年間で20000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2016-07

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ