Home > アーカイブ > 2017-03

2017-03

ご遺品整理もSCS特殊清掃にお任せ下さい。

3月も最終週、2017年にはいってあっという間に3か月が経ちましたね。歳を追うごとに歳が早く感じるものだとはよく言われますが本当にそうだなぁと実感する毎日であります。3月は世間では引っ越しシーズンと言われます。学生さんの入学への転居であったりお仕事されている方の新年度に備えての人事異動であったり様々な理由はあります。このシーズン中にはどこへ行っても引っ越し者の車が建物の道路わきに隣接されている現場をよく見かけますね。我々SCS特殊清掃の仕事には引っ越しはあまり関係ないのですが、3月は例年にもまして、ゴミ屋敷の片付けと遺品整理作業が多く感じました。特にご遺品整理の場合は本来ご遺品整理作業に入るのは故人様がお亡くなりになられてから最低でも49日法要を済まされてから少しずつ故人の思い出の品を見ながら身内での形見分けをして、最終的にこれ以上いるものは無いといった状態で初めて処分業者や遺品整理業者に頼むことが多いので、遺品整理の作業をするまでは大体1年~2年の期間を要する事が通常といいますか好ましいと思います。しかしそれはあくまで、持ち家であるののが前提で賃貸物件に故人が住まわれている場合はそんなことも言ってられないのが現実です。そうなると一刻も早く片付けてしまわなければ家賃がいつまでも加算される事になります。ご遺族様も故人様との思いでを振り返りながらのんびりと形見分けをして、落ち着いた頃にいるものといらないものを分別し、どうしても自分たちで処理する事が出来なかったら私たちのような業者へ依頼するほうがコスト的にもお安くできる事だと思います。しかしならが世間ではまだまだ、賃貸物件での問題のほうが多いのではないでしょうか。そうなるとなかなかのんびりとはできない事ですよね。一刻も早くなんとか家の中のものをだして!!こんな依頼がまだまだ多いです。今月は得に引っ越しシーズンの波に乗っているのか急がれる方が多いですね。急ぐ中にも丁寧な作業を心がけて探し物は必ず見つけ出すの私たちの責務ですが、遺品整理だけならなんとかなるものですが、悲しい事にお部屋でお亡くなりになられたりしていた場合には特殊清掃も施すことになりますので一筋縄ではいかないものなのですけどね。
SCS特殊清掃では、孤独死現場の清掃や消臭のみならず、ご遺品整理や施設入居前などの生活整理にも対応しております。なにかお困りの際はご連絡お待ちしております。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お亡くなりになられた場所の掃除費用の負担は誰が払う

ついに東京では桜の開花のお知らせが来ました。一気に暖かい季節になっていくのでしょうね。暖かくなることが待ち遠しいのもありますがまた季節の変わり目なので体調管理はしっかりとしてください。さて、われわれの仕事である特殊清掃を必要とする現場では基本誰かがお亡くなりになられます。その亡くなられた場所をきれいに掃除をするのが業務になるのですが、いったい誰が特殊清掃業者に掃除代をはらうのかといいますと、7割以上がお亡くなりになられたご遺族の方になります。そして残りの3割はお亡くなりになられた方がおられた住居や場所の管理者や大家さんがお支払いされます。どちらかによって場も全然変わるものです。後者であればどうしても故人を偲ぶ気持ちになれない方も多いと思います。そりゃあそうだと思います。亡くなられたあとの掃除の責任をすべて持つことになるわけですからね。ご身内の方からすれば、突然の死に困惑している暇も無くて賃貸物件であれば部屋の退去を求められるわけであります。想い出にお浸る暇がなく沢山の手続きや片付けに追われることになるのです。そんな遺族様たちをたくさん見てきたわれわれが出来る事は、与えて頂けましたお仕事を精一杯感謝の気持と故人様への畏怖の念をもち遂行することのみだと思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

神戸市女児殺害事件

●神戸市女児殺害事件

ブログをお読みいただきありがとうございます。 SCS特殊清掃・ケアサービススタッフの松田です。

神戸市長田区でおきた神戸市女児殺害事件で、一審では裁判員裁判の上、君野被告に死刑判決が下されました。その後、被告側が控訴し、大阪高裁では死刑判決が破棄され、無期懲役となりました。わいせつ目的であるとは認めたものの、格段に身勝手とはいえない、計画性がないことから、死刑判決は重すぎるということでした。通常、裁判は判例主義に基づきます。同じような事件で刑が軽い・重いなっては公平性の面で問題があるからです。死刑判決の場合も、永山基準と呼ばれるものが基本になっています。今回の判決にもそれが影響したものと思われます。
しかし、裁判員裁判が導入された背景には、司法の判断と、実際の国民感情などが乖離していることから、このことの是正のためということがあります。裁判員の方は、色々な葛藤の末に、死刑判決を下されたと思うのですが、これが高裁の判断で簡単に覆る(明確な論拠のないまま。法理論という根拠はあるのだと思いますが、それが世間とずれているのでは?)ことが正しいのでしょうか。死刑自体の是非はあるものの、制度として認められている以上は、正常に機能させていくのが役目ではないでしょうか。裁判員裁判による死刑判決の破棄は今回がはじめてではありません。
上告されるので、最後は最高裁の判断になりますが、司法のずれが修正されるような判決を望みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高校入試

桜の開花もあと2週間ほど。春をようやく感じれることはいいですね。心機一転リフレッシュできる良い時期に近づき気分が非常に良くなりますよね。。本日は大阪府立高校入試の日。今朝、制服を着たうちの子供と初めて同じ電車に載りました。受験を行う時間帯が通勤ラッシュ時間になるのです。そして高校の最寄り駅が私の通勤途中駅なのでそこまで見送りました。小学校・中学までは自宅の学区内になるので電車で一緒に行くことは無いのですが駅まで歩くのに今から受験を控えた子供に対しての言葉を必死に選ぶものです。会話もどうしてもこうなってしまいます。【緊張してるか?】(全然してない。)【昨日良く寝れたか?】(ぐっすり寝すぎて調子いい) さすがです。。(笑)実は電車の中で私と子供の同じ境遇を発見したのです。 【緊張してない】(めっちゃ緊張してがっくがく)【昨日ちゃんと寝れたの?】(全然寝れなくてやばい) これは!なんと正反対!!私と子供は笑いそうになるのを堪えて進むのであった。最寄りの駅まで見送り受験会場へ向かう子供の後ろ姿はなんともたくましく感じる事ができた。
子供の成長をまた実感でき私も今日も頑張ろうと思いました。私も子供の頑張りを祈りこれから特殊清掃の見積2件と遺品整理の見積に向かいます。今日も良い仕事をしよう




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

暖かくなると汚部屋やゴミ屋敷の臭いが酷くなる。

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。
3月にはいり春を感じる気候になってきましたね。関西の平野部ではもう極端な寒波はこないのではないでしょうかと勝手に思っている今日この頃です。
さて暖かくなるにつれて、臭いや悪臭といった問題のお問合せが増えてきました。良くお客様から聞かれることの一つで(臭いって特殊なスプレーを振りかけたら消えるもんなんでしょ??)そんなことないです。絶対厳しいと思います。。臭いを消す。すなわち消臭・脱臭するということは簡単ではありません。ましてや特殊なスプレーがあるとしても、臭いの原因って基本的には臭いの原因菌やバクテリアが増殖して発生するものですが、その種類もとっても沢山あるのです。消臭・脱臭するということはその原因である菌やバクテリアに対しての施工が必要になってきますのでそんな簡単なことではありません。暖かくなるということは菌やバクテリアが活発しやすい温度になるということであり、例えば室内がゴミ屋敷になっている場合はゴミの中が20度以上になっていることが多い。特に食べ物ゴミで埋もれた深く奥底の食べ物ゴミなどは発酵して強烈な悪臭を放っています。そうなると必然的にコバエやハエも寄り付いてくるので卵を産みおとし蛆虫の大量発生につながるわけです。そうならないように常日頃からきちんとゴミ出しをできる習慣があれば問題はないのでありますがなかなかそう簡単にはいかないもので特に高齢の方は体を壊されてしまうとどうしても日常の片付けをする事に意識がまわらなくなり活動のリズムが大幅に変わってゴミ屋敷になってしまうそうです。どれだけのハエやウジが発生し強烈な悪臭を発したとしても住んでいる本人はそれに慣れてあまり気にならないという話も聞きます。自分が思っている以上に強烈に周りは感じるものなのです。SCSではどんな臭いに対しても国家資格である臭気判定士が化学的知見に基づき臭いの元を徹底的に解明して消臭・脱臭いたします。
お困りの際はぜひお問合せください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > アーカイブ > 2017-03

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ