ホーム > タグ > お風呂場での孤独死

お風呂場での孤独死

八尾市府営住宅 風呂場で男性溺死

●八尾市府営住宅 風呂場で男性溺死

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

先日、大阪府八尾市の府営住宅で男性の方がお風呂場で亡くなっておられた事件ありましたね。死因は溺死。死後1週間程度たっていたようです。警察は事件と事故の両面から捜査しているようですね。どういった結末になるのでしょうか。

このように、孤独死、孤立死、独居死で発見された場合は、変死として警察が処理します。事件性無しとなれば、立ち入り許可がでます。今回のケースのように、お風呂場でお亡くなりになって時間がたって発見された場合は悲惨な状況になっている場合が多いですね。特にこれからの季節のように暖かくなってきた場合や、お風呂のお湯が沸きっぱなしになっていた場合は凄惨です。

このようなお風呂場の特殊清掃・掃除・後片付・消臭の場合、してはいけない事がたくさんあります。専門でない業者にお願いした。自分たちで何とか処置した。それによって被害が拡大して余計にお金がかかってしまうことは多々あります。

まずはご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死の増加とUR賃貸での現状

■ 孤独死の増加とUR賃貸での現状 ■

ブログお読みいただきありがとうございます、特殊清掃SCSスタッフ松田です。
今回は、孤独死の増加と特殊清掃とUR賃貸での現状についてご説明します。

孤独死は非常に増えてきている事のひとつですが、まず孤独死とは病死または変死事故の、いち対応で死亡時に単身居住している賃借人が誰にも看取られることなく賃貸住宅内で死亡いた事故をいい自殺または他殺を除く場合の事をいいます。自殺または他殺を除くので、事件性がない死因原因ということです。

そしてUR都市機構の、発表では孤独死が年々増えてきております。
平成18年度では、517件がUR都市機構内で、孤独死として発見され内65歳以上は326人、63%占めています。

今後に日本の高齢化社会において、この孤独死はとても大事な問題になってきております。
そしてUR都市機構では、地域における高齢者の見守り活動として団地自治会との提携協議や安心登録カードゴミ出しサービス安心コールなどの思索を行ってます。

ただ、やっぱり孤独死で亡くなる方も多くご遺族様がそのような孤独死になった場合特殊清掃SCSにお任せ下さい。
まずはご相談からどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > お風呂場での孤独死

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ