ホーム > タグ > ご遺体

ご遺体

大阪市浪速区にて特殊清掃作業を行いました。

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

先日は大阪市浪速区にてアパート内孤独死の特殊清掃作業を行いました。ご依頼主は賃貸アパートのオーナー様。身寄りもなく、お一人で住まわれていた高齢女性が室内でお亡くなりになり、死後1カ月が経過した段階で発見されたようです。気温が上昇しているため冬に比べてご遺体の腐敗の進行が早く、ご遺体からは腐敗体液がカーペットをこえて畳に浸透、さらにその下の床板まで広がっていました。床には多数のハエのさなぎも散乱。室内には独特の腐敗臭が充満しており、いよいよ冬が終わったこととこれから夏にかけて増えていく同様の現場を予感させました。まず室内全体を殺菌消毒のうえ、腐敗体液で汚染した部分を取り除き、臭いが広がらないように厳重に梱包します。今後は部屋を貸す予定がないとのことで本格消臭までは行わず、残った家具など全てを撤去し空室状態に。ハエのさなぎがあったことから室内全体の床のすきまにウジやハエのさなぎが脱皮・羽化しないよう害虫駆除剤を噴霧します。汚染源と室内の残置物を取り除いたことで臭いは軽減していますが、最後に玄関ドアを内側から目張りして共用部に臭いが漏れないように対策を施しました。オーナー様としましても他の入居者の方への配慮もあり、気苦労されたことと思います。作業後は安心いただけたようでした。作業を終え、退室前に合掌。故人様のご冥福をお祈りしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で22000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

 

桜の開花

●桜の開花

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

各地で桜の開花が見られるようになってきましたね。例年より2日か3日早いところが多いようです。ずっと寒い日が続いていましたが、突然暖かくなってきましたね。もう3月下旬ですし、暦の上では春真っ盛りなので当然といえば当然なんですが。

桜も開花しだして、暖かくなってくると、特殊清掃の出番も多くなってきます。暖かくなって来るとご遺体の腐敗が進行しやすくなります。冬場の寒い時期ですと、発見が遅れてもご遺体の腐敗はさほど進まないのですが、暖かくなってくるとあっという間です。そうなると、汚染の度合いも進みますし、悪臭いわゆる死臭も強烈になってきます。もちろんハエやウジの発生も多くなってきます。そこで出番が多くなってくるわけです。ちなみに、死臭はやはり暖かい時期が強烈なわけですが、寒い時期でも強烈なケースはあります。ホットカーペットやこたつなどの暖房器具によって、腐敗が進行していくわけです。

ちなみに、この時期に自殺後の現場の特殊清掃に行くとやりきれない気持ちになることがありますね。この人はもうこの綺麗な桜を見ることはないんですね。ひょっとしたら、桜を見るたびにそのことを思い出しトラウマになるご遺族様もいるかもしれません。よの中って、無常なものですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

腐敗臭と死体損壊罪の構成

■ 腐敗臭と死体損壊罪の構成 ■

ブログお読み頂きありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「腐敗臭と死体損壊罪の構成」についてです。

少し前ですが大阪である事件がありました、
「大阪・天王寺の東高津公園で14日朝、一斗缶の中から切断されたご遺体の頭部や大きさの違う2つの足首が見つかった事件・・・背骨や大腿骨は肉を取り除かれた骨の状態で、手首足首や頭はそのまま・・」という記事を読みました。
バラバラ殺人といわれるケースで、その残酷な手口は想像すれば残虐性が見え隠れして恐ろしい事件であることがイメージできます。

その記事の中で「犬の散歩に訪れる市民も多く、異臭を放つ缶の臭いに激しく反応する飼い犬もいた・・」という一文がありましたが、ご遺体は腐敗が進んでいたそうで、あたりには死臭や死体臭が相当広がっていたことが想像できます。
通常殺人事件でも死体となったご遺体を、刃物などでバラバラにすれば死体損壊罪になります。

死体も血液が多くでている場合にはその部分から腐敗が始まりますし、肉体が激しく損傷していればそこから内臓器官の腐敗進行が早まります。
そうなると、死体臭もより拡散しやすくなり周囲の発見が早まります。

この事件ではどういった経緯なのかが不明ですが、警察の捜査でいち早くの早期解決が望まれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

死体もご遺体も腐敗する

■ 死体もご遺体も腐敗する ■

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は『死体もご遺体も腐敗する』についてです。

よく、ストレスはありますかであったり、死体を見て怖くないのですかという質問をいただきます。ストレスや怖いということは特段ありません。
また仕事はどんなことでも多少のストレスはあるかと思います。ただ死体を見る機会がない普通の方だと怖がることもありますが、死体がなにか傷つけることもないですし、死体が襲ってくることも特段ありません。
全ての人はいつかは死体になります。死体を怖がる理由を考えてみても理由があがらないとというケースも多いと思います。死体を見ることで、生きることを考えさせてくれますし、死体を見ることでどのように死を迎えるのがいいのかを考えることもあります。
特段深い感情はないのですが、死ということに直面することで今ある生きている人生を精一杯生きる大事さを感じることもあります。そういったものではないでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > ご遺体

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ