ホーム > タグ > ウジ虫

ウジ虫

大阪市生野区で特殊清掃作業をしました。

暖かくなると特殊清掃の現場作業では、冬場とは明らかに大きな違いがある。

冬の寒い時期にはほとんど冬眠をしているので活動はほとんどしていないのだが、春の訪れとともに存在感が大きくなるのが蠅である。寒い時期の蛆虫や蠅を見かける事もあるのだが、その動きは遅く処理するのも容易だ。特殊清掃現場では基本的には、そこにご遺体が存在している場所で行うことになる。蠅や蛆虫とは切っても切れない仲である。部屋の扉をあけると何十万の蠅の大群でいっぱいになっていたりすると、一匹の蠅の羽を振る音もそれだけの大群になると巨大な轟音と鳴る。蛆虫も信じられないくらい大量に動いている事がある。バケツ3杯分くらいの蛆虫を見た事もある。蠅や蛆虫の被害では近隣への迷惑である。蠅が微量の死臭を嗅ぎ付けて部屋の小さな隙間から室内のご遺体の場所へ飛んでいく。次にご遺体へ卵を直接産み付ける(1回の産卵で100~150個)それがご遺体から沢山の栄養を摂取した蛆虫が蛹になり、蠅の成虫となる。次に蠅の成虫150匹がご遺体へ卵100~150個を産み付ける。これの繰り返しでネズミ算的な大量発生になり、部屋の中にこれだけ大量の蛆虫・蠅が生息する。厄介な事に、蛆虫は暗い所で蛹になる為に暗いほうへ向かい、床の小さな隙間などから暗所へ移動する。(蛆虫は産まれた直後は一ミリ以下でどんな隙間でも侵入していく)蠅は蛆虫とは正反対に明るいほうへ向かっていく。つまり蛆虫はマンションや集合住宅では床下の暗い所へ向かっていくため、木造の集合住宅などでは下の部屋へ落ちていく。階下の住人からすれば、天井から大量の蛆虫が落ちてくるわけでたまったもんじゃない。一方蠅たちは、室内から外に出たくてしょうがない。換気扇などの隙間から大量に外へにげでてしまうのである。これも隣近所の住人からすればたまったものじゃない。洗濯物をベランダに干していると蠅が大量にくっついている等の苦情が多い。 先日の現場もそうであった。木造長屋2階建ての集合住宅(大阪では文化住宅)での孤独死があった。故人は高齢者で身寄りがなくて、依頼者は物件の大家さん。対象部屋の住人が天井から沢山の蛆虫が落ちてくると訴えかけて、大家さんが2階の部屋を訪ねると高齢者の住人が孤独死されていたとの事。下の階の住人はたまったものじゃなかったのだろう。そのまま知り合いの家へ逃げ込んでいるようで、早く何とかしてほしいとの事で即日作業になった。室内全体を殺菌消毒をして、汚染された布団や畳と床の下地を撤去し、部屋に残された家財道具を遺品整理で仕分けしたのちに撤去しました。そして最後には蛆虫には殺虫剤(乳剤)、蛹には(脱皮阻害剤)、蠅に(ULV乳剤)で防除して引き渡しました。

お亡くなりになられた故人様のご冥福をお祈り申し上げます。

作業写真

CIMG1199

 

作業後

CIMG1214

 

 

大阪府八尾市での特殊清掃と遺品整理について

SCS特殊清掃の岡本です。
連日の雨模様でジメジメと汗ばむ陽気になりましたが、冬から春~そして夏に向かっているなぁと実感してきました。
季節の変わり目なので体調管理もしっかりと毎日現場作業を頑張りたいと思います。
先日の現場は大阪府八尾市にて特殊清掃と遺品整理の作業をしてきました。
八尾市と言えば人口は27万人もいる東大阪市と大阪市に隣接した地域で河が多い地域でもあります。市の南端である大和川をはじめとして旧大和水系の長瀬川や玉串川などがあります。工業も盛んな地域で、お隣の世界のロケット産業に進出している隣にある東大阪市に引けをとらず、2007年には工業出荷額で東大阪市を抜き、ものづくり都市である同市よりも上回る産業力を持つ都市なのです。
そんな、八尾市ではお年寄りの方も多い中、若者世代の単身者も多く居住しており、今回の特殊清掃と遺品整理の現場では八尾市のとあるマンションにて生きる事よりも死を選んだ若い男性の首つり自殺現場でした。死後1ヶ月たっており故人は独身フリーター。トイレのドアノブに自転車のチェーンロックをかけて自死されており、廊下、台所の床一面に凝固した血液と体液が広がっておりました。まだ春先でも蠅の3世代目くらいが発生しており大量の蛆虫が徘徊。視覚的にも嗅覚的にも強烈な死臭、腐敗臭する部屋です。
遺族様が形見を探したいとの事なのでまずは床一面に広がった血液や腐敗体液を取り除く緊急作業で特殊除去・特殊洗浄を施し、ガス噴霧にて蠅の成虫を害虫駆除・そして遺族様が入室できるようにオゾンミストを散布し腐敗臭や死臭を簡易消臭しました。
その後一日かけて遺族様と遺品整理や思い出整理のお手伝いをして、後日消臭・脱臭施工を施しました。故人の昔の思い出を哀しそうに語る遺族様の心が少しでも早く回復できるようにこれからも私なりに気持ちに寄り添っていけたらと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界18年間で20000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東大阪市での孤独死の特殊清掃について

SCS特殊清掃の岡本です。
4月にはいりすっかり春になり早くも桜が散り始めております。
気候も温かくなり昼間の天気が良い時などは汗ばむくらいの良い気候になりました。
SCS特殊清掃では孤独死や孤立死でお部屋でお亡くなりになり死後数日間が経った現場の特殊清掃依頼の問い合わせがかなり増えてきました、現地調査見積と現場作業の繰り返しの日々が続いております。
そして先日施工させていただきました現場は私の地元である東大阪市です。今現在も住んでいるのですが、東大阪市では自宅での孤独死や孤立死、自殺などが多い地域でもあります。2010年の5年前の統計では人口が約51万人。6年後の今では少子高齢化が進んでいますので人口は少なくなり、若者が少なくなってきております。東大阪市と言えば昔ながらの温かい町工場が沢山あり、NASAへ部品を供給しているような工場もあり、メディアに取り上げられたりするくらい有名な昔ながらの職人さんが多い事が特徴のひとつでもあります。わたしも高校卒業後には東大阪市の町工場で5年勤め、アルミ製缶というアルミを使ったタタキ板金や溶接などを駆使して製品をつくり上げていました。今でも活気溢れる良い工場です。
さて
話はそれましたが、それくらい私にとって人生の大半を過ごしている東大阪市での特殊清掃の依頼を受けてお伺いする現場が多いのです。実際、今住んでいる家の2つ通り向こうで起きた変死事案の特殊清掃と消臭を請け負った事もあるくらいです。そして今回も同じ東大阪市でお風呂に浸かってお亡くなりになられ、死後3日でヘルパーさんに発見され、遺族さんのご要望で地域包括センターを通してSCSに依頼が来ました。最近は本当に御1人様が増えて、孤独死や孤立死をされてしまう方が多い中、ヘルパーさんとの付き合いや、見守り隊などの地域一体で独居人を見守るシステムが出来つつあることが本当に大切な事だと痛感しております。
少子高齢化社会真っただ中で皆、手を取り合って助け合い、生きていければと深く考えさせられた現場でした。
東大阪市での特殊清掃や遺品整理・生前整理やゴミ屋敷撤去などでお困り事がございましたら、年中無休24時間対応ですのでご連絡ください。
私の地元は私が全力で守ります。お問合せスタッフ一同心よりお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蛆虫・蠅の季節ももう少し

SCS特殊清掃の岡本です。
列島中の記録を塗り替えるような寒波も去り、本日は大阪でも10度を超える3月の陽気になりましたね。
このまま春が来ればいいな~と普通に考えていると、頭にアレが過りました。
そう、アレとは【蛆虫、蠅】冬場に冬眠していた、蠅がわんさか。。現在、高齢化社会に突入している日本でおひとりで暮らされているいわゆる独居の方、独居老人ともいいますが、そんな方が孤立死や孤独死の現場では、死後なかなか発見されないわけです。今のような冬場の変死現場ではご遺体の腐敗がゆるやかなので、強烈な腐敗した現場にはなかなかならないのですが、夏場のように腐敗したご遺体に蠅が卵を産み付けてそこから羽化した蛆虫が床を這いつくばる。そして、玄関の僅かな隙間からマンションであれば共有部にもぞもぞと出てくるわけです。それを見た住人さんがおかしいと警察に通報したり、アパートや賃貸マンションであれば扉の密閉性が低い家が多く異臭で発見されるわけです。夏場になれば死後2日で十分に腐敗が進行しており強烈な異臭と部屋中真っ黒になるくらいの蠅が生まれ飛び回ります。そんな季節もまたくるんだなぁとなんとも言えない気持ちになりました。しかしそれが私たちの志事です。お亡くなりになられた故人様、遺族様、物件オーナー様、管理会社様、近隣の住人様の哀しい気持ちを少しでも和らぐように頑張ります。変死現場で異臭の消臭・脱臭や、害虫駆除にお困りの場合はお問合せください。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                     TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400                            東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浴室の清掃(特殊清掃)

●浴室の清掃(特殊清掃)

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

冬場になると多くなるのが、浴室でお亡くなりになる方です。温度の変化によって、血管や血圧の具合も変化するのでしょう。体調異変をきたし、湯船の中で亡くなっていたという話はよく聞きます。

すぐに発見された場合は何の問題もないのですが、亡くなってから発見されるまで日にちがたってしまうと大変です、湯船の中に、ご遺体から出た腐敗体液が混ざり、悪臭とウジ虫が混在する悲惨な状況にかわってしまいます。この液体を普通に流してしまうともっと大変なことになってしまいます。適切な対処が必要になります。後、難しいのは消臭です。お風呂場でお亡くなりになって日数がたってしまった場合は、死臭・腐敗臭がとれません。見た目は綺麗でも悪臭が立ち込めている状態になるんですね。最悪の場合はバスの交換が必要になってきます。浴室の特殊清掃は大変なんです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

大阪市住吉区にてお風呂の特殊清掃

●大阪市住吉区にてお風呂の特殊清掃

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

先日、大阪市住吉区にて、お風呂の特殊清掃を行ってきました。お風呂でお亡くなりになった場合、特に浴槽の中でお亡くなりになった場合は、お部屋の中でお亡くなりになった時と比較して、死臭が強烈なケースが圧倒的です。特に浴槽の中に腐敗体液が溜まったケース(お湯と一緒に)は強烈です。見た目のインパクト、死臭のインパクト共に強烈なものがあります。賃貸住宅の場合、ユニットバスは玄関の近くに設置されているケースが多いです、そのために強烈な死臭が共用廊下に漏れ出して、廊下にすごい悪臭が立ち込めていたり、玄関口からウジ虫がはい出して、隣の住戸に侵入したり、廊下や階段に這っていたりと、普通に住んでおられる方には大変な迷惑となったりします。

しかもユニットバスに吸着した死臭というのは、かなり消臭が難しいのです。比較的に状態が軽ければ問題なく消臭できますが、程度がひどい場合は解体しないといけません。ユニットバスの構造上、解体するとなると周辺部の間仕切り壁も解体しなければなりませんので、大掛かりになってしまいます。1度解体したユニットバスでは、つなぎ目の裏にまで腐敗体液が入り込んでしまっていました。シーリング等で埋めているため、本来そういった部分に入り込むことは無いように思えるのですが、そうなっているわけです。これでは表面上はいくら綺麗になっていても、死臭が無くなることはありませんよね。お風呂の死臭はこういうようなことがあるので、消臭が難しいんです。安請け合いをして消臭できず、弊社に依頼してくるような業者もございます。選ぶ際にはお気を付け下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大量のウジ虫

●大量のウジ虫

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

死骸があるので撤去してほしいというご依頼があり、神戸市まで行ってきました。といっても、もちろん人間の死骸ではありません。そういったものは、警察のお仕事の範疇に入りますから。ご依頼は、猫の死骸がバルコニーのデッキの下にあるっぽいので、撤去してほしいというご依頼。到着してお話を聞いてみると、ウッドデッキの下をのぞいてみた所、小動物の死骸のようなものがあり、何か歯のような白い物が見えるというお話でした。近づくと独特の悪臭が。腐敗臭とアンモニア臭が混ざったような感じでしょうか。とにかく嫌な臭いです。

ウッドデッキの下にもぐると、毛が全部めくれ落ちてしまった猫の死骸が。死骸にはウジ虫が大量に湧いていました。狭いウッドデッキの下、活動できる範囲は狭いです。何とか体を動かして、死骸を袋に入れることはできましたが、大量のウジ虫が逃げ惑う状態に。彼らにとっては広大なスペース。一斉に至る所に逃げていきます。それらを何とか集めて見渡せる範囲では駆除してしまいました。とはいえ隙間に逃げてしまったりしたものはどうしようもありません。殺虫剤を散布して終了となりました。数えたわけではありませんが、猫のあの小さい死骸とはいえ、ウジ虫の量は半端な量ではありません。100匹は優にこえて発生します。これが人間となると、どれほどの量の発生になるのでしょうか。しかも警察は遺体の引き取りは仕事ですが、ウジの駆除までは仕事ではありません。ほっておくしかないんですね。玄関先でお亡くなりになられた場合などは、外にも大量に出ていくため、ご近所の被害にもなってしまいます。もちろん、これが成長してハエになるので、その数や押して知るべしです。

お困りの際はお電話ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆思い出?のウジ虫

◆思い出?のウジ虫
特殊清掃SCSの新米スタッフ真木です。ブログをお読み頂きありがとうございます。

今回は特殊清掃の現場で最近よくお目にかかるウジ虫の話です。とは言ってもなぜ発生してしまうのか?どう駆除していくのか?という話ではないんです。

私がまだ幼い頃、夏休みに家族で奈良県吉野村へキャンプに行った時の事です。川で泳いだり、スイカを冷やして食べたり、釣った魚をその場で焼いて食べたりとすごく楽しく良い思い出です。それとウジ虫がどう関係あるのかと言うと、その時親父に教わりながら初めて川釣りをしました。釣りに使った餌がウジ虫だったんですね。だから最近よく思い出します(笑)。まぁ、釣り餌用に養殖されたものと現場で見るものとは違いはあると思いますが…。

厄介者のウジ虫なんですが何がきっかけで昔の事を思い出したりするかわからないものですね。

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ウジ虫の発生原因の追及と消毒・殺虫・消臭・特殊清掃

■ ウジ虫の発生原因の追及と消毒・殺虫・消臭・特殊清掃

特殊清掃画像ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。今回は「ウジ虫の発生原因の追及と消毒・殺虫・消臭・特殊清掃」についてです。

どこからともなくウジ虫がわいてしまい、自分ではどうにもならないからと、特殊清掃をご依頼いただくことが時々あります。ウジ虫の発生原因はいろいろあり、腐った食べ物や動物の死骸、また、近隣の家で人が亡くなった、という場合にもウジ虫が発生することがあります。床下であったり、天井裏であったりいろいろな場所で発生原因が潜んでいるケースがあります。

特殊清掃SCSでは、こういったご依頼を頂いた場合には、現場へ急行して確認・分析を行い、ウジ虫の発生原因の追及を行います。そして、ウジ虫の発生原因となっているものを除去し、そのうえで消毒・殺虫・消臭・特殊清掃を行っていきます。

ウジ虫などの不衛生害虫は、触れたくないとおっしゃる方も多く、ご自分で清掃するのはなかなか大変ですし、また発生原因を除去しなければ、せっかく掃除 をしてもまた発生してしまうという悪循環に陥る可能性もあります。
ですから、なによりもまずウジ虫の発生原因を特定し、除去することが重要です。こういった場合には、特殊清掃業者へご依頼いただくのがベストです。

特殊清掃SCSは、特殊清掃のプロ集団ですから、こういった場合にも安心してお任せいただくことができます。何度掃除しても発生してくるウジ虫などの害虫駆除および特殊清掃については、特殊清掃SCSへご依頼ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > ウジ虫

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ