ホーム > タグ > エンディングノート

エンディングノート

遺品整理・実家の片付け

●遺品整理・実家の片付け

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です。

年末年始にかけて、旅行に行かれたという方もいるかもしれませんが、実家に帰省されたという方も多いのではないでしょうか。私も年末年始は実家で過ごしました。ご両親が元気なうちはいいですが、高齢の場合や体調を悪くされたといった場合には、ちょっと心配ですよね。年齢に合わせて、物を整理して、身の回りを綺麗にしておられる方は良いのですが、昔の荷物をそのまま残しておられる方も大勢おられます。また、市営住宅や県営住宅などでエレベーターの無いようなところの3階・4階に住まわれている方もいるのではないでしょうか。息子や娘の立場として、なかなかご両親が亡くなられて、その遺品整理や実家の片付けについて話すというのは、なかなか心理的なハードルが高いものです。誰しも亡くなるので当然の心配なわけですが、言い方次第では、親不孝者みたいに思われてしまうかもしれません。エンディングノートといったものも出回っていますが、元気なうちにご両親の方から、この問題を話されるのもいいかもしれません。エンディングノートといえば、死に向かうみたいであまり気持ちのいいものではありませんが、生活スタイルを見直すということで、新しい人生を見つめなおす機会にもなります。結婚して、家族が増え、そこから子供が独立するとおのずと生活スタイルは変わります。そこから仕事を辞めるとまた生活は変わります。田舎に引っ越して暮らしてみる。老人ホームや高齢者住宅に引越す。または家を売って、小さな家に引っ越す。そこからの新しい生活というのも楽しいかもしれませんよ。一度考えてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社葬と孤独死に見る暗黙知

■ 社葬と孤独死に見る暗黙知 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「社葬と孤独死に見る暗黙知」についてです。

最近は社葬を行う数も少なくなってきました、ちょうど今日新聞の記事に太平シローさんが亡くなった記事を見ましたが、見ると55歳という若さで近親者だけで葬儀を行うそうです。
太平サブローシローは数少ない天才肌の漫才コンビで小さいときに見た記憶もありますが、本当に残念です。

社葬を行う数も減っているのもありますが、葬儀という形自体がどんどんと変化してきており、家族葬や直葬という葬儀も増えてきています。
葬儀をどのように考えるのか、自己の最後ということでエンディングノートという遺言に近い文書を書く方も増えてきているそうですが、仕事柄でいうとそのような死後を
見つめて考えている方よりも、偶然的に亡くなられた方のほうがやはり多いです。

死後をどのように考えるのか、ということは家族や親子でもタブー視されてなかなか言えないこととされているような感じがあります。ただ、どういった死を迎えるにあたっても、最後は家族であったり親族であったり、周りの人に看取られなくてもいつも思い出してもらえるような人生を送りたいのは誰もが思うことかもしれません。

実際に形となって知っていることは形式知、暗に意味するようなことを暗黙知といい、スポーツや仕事の中でのあうんの呼吸の中では暗黙知が重要になります。死後のことについては、暗黙知に関することも多々あるでしょう。故人様の意思が明確になっていない場合もよくあります。だからこそ、そういったことまで話をできる家族や親族がいれば・・・無縁多死社会化が進むにつれて日々感じます。

特殊清掃にお悩みの際にはお気軽にご相談ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エンディングテーマと特殊清掃

■ エンディングテーマと特殊清掃 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「エンディングテーマと特殊清掃」についてです。

エンディングテーマとは、今流行の生前準備の内容の一つではありますが、自分がどのようにして人生の終わりを迎えるのかというテンに関連して自分の死をいかにして迎えるのかをまとめたテーマです。

病気なのでなんらかの意思ひょうじがきなくなったばあいや、遺族親戚連絡すべきかの判断ができなくなった場合、そういった状態になった際にどのようにおこなうべきなのかを、死亡する前や死亡終了後、葬儀終了後などに、どのようにされたいのかを考える事、そういったことが大事かと思います。それがエンディングテーマであり、今流行のエンディングノートなのです。

エンディングノート自体は、自分の生い立ちやもしものときの医療や介護、葬儀の希望、家族へのメッセージなどを書き遺したものです。自分の死をどのように迎えるのかはとても大事なことです。特殊清掃がいらない、孤独死がない世界そういったものを特殊清掃SCSでは望んでいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特殊清掃と望まれない死を迎える

■ 特殊清掃と望まれない死を迎える ■

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「特殊清掃と望まれない死を迎える」についてです。

人間及び生き物は、生きとし生けるもの全ては死を迎えます。昔から死亡することは忌み嫌うものとして、人間最大の恐怖として恐れ崇められてられてきました。


海外では不老不死の薬を作るという伝説もその数に枚挙がないですし、人間最後は必ず死を迎えるという事実は変えることができません。ということは、孤独死や特殊清掃が存在する場所というのは、当然あってしかるべきなのですが、故人様やご遺族様からも最後は死に目を看取ってやりたいと考えるのが通常ですし、それが実現されない孤独死についてはやはり関係者各位全ての人が望んでいることではないと思います。

どのように生きるべきか、どのように死を迎えたいのか、迎えるべきなのか。今中高年の間でエンディングノートが流行っていますが、その考え方はとても大事なことだと心から思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > エンディングノート

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ