ホーム > タグ > ハエとウジ

ハエとウジ

ハエは厄介、ウジはもっと厄介(続)

●ハエは厄介、ウジはもっと厄介(続)

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

前回、ハエとウジについてお話しましたが、引き続きです。ウジよりもっと厄介なものがいます。蛹(サナギ)です。なにが厄介かというと、サナギの状態のなってしまうと殺虫剤などがきかなくなってしまうんですね。ウジはいろんなところに逃げ込むというお話をしましたが、逃げ込んだウジが見えない所でサナギになってしまうと、手の打ちようが無くなるんですね。厄介です。

さて、特殊清掃現場でさらに厄介な害虫もいるんです。ハエやウジのように毎度発生するわけではないんですが、稀に発生するのが「カツオブシ虫」こいつが厄介です。幼虫のまま隠れて越冬してしまうんですね。成虫になると木部や石膏ボードに穴を開けまくります。

知識を持った専門業者に依頼しないと、後々大変なことになってしまいますよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハエは厄介、ウジはもっと厄介

●ハエは厄介、ウジはもっと厄介

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

特殊清掃の現場に行くと、ハエが大量に飛んでおり、床にはウジが大量にといったケースがほとんどです。特に暖かくなってきたため、ハエの成長サイクルが冬場よりも短くなっているため、あっという間に室内全体がハエだらけにといった事態も生じます。

先日作業させていただいた大阪府池田市の物件もそうでした。ハエのサイクルとは?悪臭が発生→ニオイに誘発されてハエが飛んでくる(どこから侵入してくるかは謎です)→仲間を呼ぶ→そこに養分があれば卵を植え付ける(この場合はご遺体であったり、腐敗体液であったりします)→卵からウジへ→ウジから蛹へ→蛹からハエへと。このサイクルが延々と続き、ネズミ算的に増えていきます。このサイクルは養分が無くならない限り、永遠に続きます。

大量のハエは不衛生ですし、見た目にも不快感をもよおします。厄介です。そしてウジたち。ウジそのものは生命力弱いです。簡単に死にます。ただし、自分たちが弱いことを本能的に理解しています。そのため、隙間があれば入って行ってしまいます。忍者みたいなものです。どこに潜んでいるかわかりません。ゆえにもっと厄介です。適切な対処をする業者でないと二次被害が大変なことになります。プロにお任せしましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > ハエとウジ

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ