ホーム > タグ > リサイクル

リサイクル

リサイクル・リユース

SCS・特殊清掃ケアサービスの林田です。

特殊清掃の物件の場合、死臭が部屋にこもってしまいます。そうすると、そこに置いてある物も当然死臭のニオイがつきます。お部屋も死臭のニオイがつくので当然の話ですね。なので、特殊清掃の部屋の物はリサイクル・リユースが難しいです。(ご遺族様が遺品を持っておきたい、使いたいという場合は別です。)高価な家具や家電、新品同様の物でも、もったいないですが、処分をせざるを得ません。これとは別で遺品整理などのように、死臭がないのであれば、リユース・リサイクルはさせて頂いています。家電は5年が目途ですね。5年以内であれば買取できます。後は、流行りの家具なんかも買取可能です。(イケアの家具は厳しいですね。組み立て式なので、移動する際に結合部が壊れてしまうケースが多々あります。)古紙や衣類(汚れていない物)はリサイクルにまわせます。金属や非鉄金属も同様にリサイクルにまわせます。こういった分別をすることによって、処分品を減らすことが可能です。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今は海外との往来が減ってしまっています。リサイクル品の中には、国内市場でそのままリサイクルする物もあれば、海外に輸出している物もあります。自治体などで、古紙や衣類を回収してもらっているところもあると思いますが、今これらの行き先が滞っているようです。回収した会社はこれを他にまわすわけですが、海外輸出先がロックダウンなんかしていると、輸出できませんので倉庫に積みあがってしまうことになります。このような事態が続くと、リサイクルではなく処分することになりかねませんので、資源ごみの無料回収などが難しくなってしまうかもしれません。グローバル化の弱点って色々ありますね。今回の教訓をもとにカントリーリスクについて、考えてみる必要性がありそうですね。

もったいない精神

みなさんこんにちは。SCSの浜田です。

このところ、特殊清掃のご依頼とは別に遺品整理や生前整理、生活整理単体でのご相談やご依頼が増えています。
特に生活整理は長年の生活の中で増えたものが多すぎたり、大きくて重いタンス等の自力での処理が難しいものであったり、立派ゆえに維持が困難な仏壇仏具であったり
”生活に密着していたもの”を処分・処理することは思いのほか大変なので、そういったお家のお困りごとについて電話やメールでのお問い合わせを多く頂いています。

弊社では、お客様と一緒に考えながらいるもの・いらないものをしっかり分けた上で、可能ならば寄付やリサイクルとして再利用する方針です。
日本人特有の「もったいない精神」に近いかもしれませんが、中古でも使えるものは使ってあげたほうが捨てたり壊したりするよりも、思い出にも物にも優しいことだと思っています。

理由があってお別れすることになるけど、またどこかで物としての役目を果たしながら誰かの生活を支えていると思うと、元の持ち主として誇らしく思えるかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > リサイクル

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ