ホーム > タグ > 不動産売却

不動産売却

物件の売却

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

1年前に神戸市で特殊清掃をした物件があるのですが、分譲マンションで孤独死されて死後2~3週間たった状態で発見された案件でした。その後、弊社で作業させて頂き、家財道具類の整理、部屋の消毒、亡くなられた場所の片付け、清掃、消臭作業を行いました。きちんと死臭を取り除きましたので、原状回復工事をして頂いたら、また住める状態になったのですが、その不動産にはもう住む人がいないということで、物件を売却したいという要望でした。そこで、弊社も宅地建物取引業の免許を取得しましたので、物件の売却の仲介業務を行わさせて頂きました。孤独死案件ということで、手を引く業者さんも多かったのですが、伝手をたどって、建築等も自前で行われている不動産会社様に買って頂くことができました。その後リフォームされて、1カ月前にその不動産会社様も物件を売ることができたそうです。通常ですと死臭が残った物件というのは、なかなか売るのが難しくなってしまいます。また死体の発見が遅れた状態の建物で住戸不動産価値も減少してしまいます。ですので、きちんと消臭して、今のトレンドに合わせたリフォームをきちんと行わないと、かなり安値で取引されてしまうこともあります。やはり不動産業界も鵜の目鷹の目で物件を探していますので、きちんと知識がないと、こういった特殊清掃案件の建物は安く買いたたかれて損をしてしまうことになります。弊社で取り扱わせてほしいとは言いませんが、せめて相談頂けましたら、より良い条件でお取引きするお手伝いはできると思っております。特殊清掃のご相談はもちろんですが、不動産についてもご相談ください。

不動産売却や相続などのサポートフォローと特殊清掃

■ 不動産売却や相続などのサポートフォローと特殊清掃

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「不動産売却や相続などのサポートフォローと特殊清掃」についてです。

一人暮らしをしていたご家族が突然亡くなってしまった…孤独死や変死など、そんな時には特殊清掃が必要になります。
また、特殊清掃以外にもご遺族様にはさまざまな問題が残されます。

例えば、不動産売却や相続での申告や登記などの公的手続です。
これは、ご遺族様にとって煩雑な作業となり、そのために手間や時間を取られてしまいます。

特殊清掃SCSでは、お部屋の特殊清掃だけでなく、亡くなった方の所有していた
不動産売却や相続などのサポートフォローを行っております。

法律や相続、税務などの問題、手続などですが特殊清掃SCSで翻意にしている
弁護士や司法書士、税理士、公認会計士が解決へのサポートを行います。

突然のことで一体何が何かわからない、という場合も多々あります。
これまで不動産売却や相続に関わったことがなく、何をどうすればいいのかわからないという方はもちろん、手続きが面倒だからまとめてやってほしい、という方も、安心してお任せいただくことができます。

ご遺族様は、ご家族が突然亡くなってしまった悲しみに浸る時間もなくこれらの手続きに時間を取られてしまいがちです。
ご家族をきちんと送り出してあげたい、そんなご遺族様の思いを、特殊清掃SCSではサポートさせていただきます。
不動産売却や相続などのサポートフォローと特殊清掃が必要場合にも、特殊清掃SCSへご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS?お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 不動産売却

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ