ホーム > タグ > 体液

体液

感染症の恐怖

●感染症の恐怖

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

エボラ出血熱の二次感染の問題でアメリカがちょっとした混乱に陥っていますね。医療先進国のアメリカでこのような事態になるとは、皆さんあまり想像していなかったのではないでしょうか。日本も対岸の火事とは言っていられません。もし、そうなった場合に備えて色々手を打たないといけませんね。法整備もいろいろと進められていますね。

エボラ出血熱は基本的に、患者の血液や体液に接触することによって感染していくと考えられています。血液や体液によって感染する感染症は多くあります。肝炎やHIVもそうですね。変死現場では血液や体液によってお部屋が悲惨な状況になっていることがほとんどです。何も知らずに触れてしまって感染症に感染してしまったということにもなりかねません。十分な知識と注意が必要です。こういったことを知らない業者の方もいらっしゃいます。選ぶ際にはお気を付け下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

熱中症にお気をつけください

●熱中症にお気をつけください

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

連日、暑い日が続きますね。まだ梅雨も終わってないのにこの暑さ、夏本番が嫌になってきますね。

この時期、気を付けないといけないのが熱中症ですね。特殊清掃の作業中、私たちは防護服に身を包み作業するわけですが、この防護服は血液や体液をシャットアウトするようにできていますので、当然通気性はゼロです。汗だくになっての作業となります。感染症の危険等がありますので脱ぐわけにもいきませんからね。「ミイラ取りがミイラになる」ではないですが、特殊清掃の現場に作業に行って、そこで倒れるなんて笑い話にもなりませんので気を付けて作業しています。

孤独死や独居死される方の中にも、熱中症が原因でお亡くなりになる方は多いのではないでしょうか。熱中症で気を失い、そのまま誰にも気づかれずに脱水症状を起こしてお亡くなりに。その後何らかの異常により発見される。そういったケースはたくさん見てきました。何らかの見守りの仕組みがあればかなり多くの人が助かるのではないでしょうか。見守りの仕組みは、地域コミュニティであったり、行政であったり、民間の企業活動であったりと、色々なアイデアも出てきていますが軌道にのるのはまだ先のお話でしょうね。できることから、コツコツと何かしていけてらなと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

腐乱死体によって汚染された家屋のハウスクリーニング

■ 腐乱死体によって汚染された家屋のハウスクリーニング

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「腐乱死体によって汚染された家屋のハウスクリーニング」についてです。

孤独死・孤立死・自然死などの変死で亡くなられた方のご遺体が、しばらく発見されないということがあります。
発見まで時間がたてばたつほど、ご遺体の腐敗・腐乱や傷みは激しくなり、その腐乱死体によって汚染された家屋は、通常では考えられない汚れや細菌、臭いなどが発生しています。

こういった場合のハウスクリーニングは、専門業者に依頼するのが基本です。SCSでも、特殊清掃によって死臭の除去を行った後などに、ハウスクリーニングを行う場合があります。
通常のハウスクリーニングは大晦日などの大掃除を想像されるかもしれませんが、特殊分野でのハウスクリーニングはやはりノウハウが必要です。

腐乱死体から発生した腐敗液・腐敗体液や細菌、臭いなどは、通常の清掃で落ちることはありません。
特に細菌などが発生していると、それに触れることで病気に感染するという可能性すらありますから、現場にはできるだけ触れずに、特殊清掃業者にすべてをご依頼されることをおすすめします。

特殊清掃業者は、ハウスクリーニングもしっかり行うことはできますので、現場がどのような状況なのか分析を行い、迅速に特殊清掃を行い、そしてハウスクリーニングも行います。通常の清掃では対応できない細かい部分まで徹底的に清掃し、消毒・消臭までを行い、再び部屋を利用することができるまでに原状回復をします。

特殊清掃が必要になったら、特殊清掃SCSへお早めにご連絡ください。
お身内の自殺などで特殊清掃が必要になった場合には、お早めに特殊清掃SCSへご依頼ください。
お部屋の特殊清掃から、故人様のご遺品整理・ご遺品処理までサポートさせていただきます。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS?お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 体液

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ