ホーム > タグ > 司法解剖

司法解剖

死亡後に新型コロナウイルスの陽性判明

SCS・特殊清掃ケアサービスの林田です。

自宅療養中に新型コロナウイルスの感染が原因でお亡くなりになったというニュースが何度か報道されています。自宅療養から軽症者は隔離用のホテルに入ってもらえるように方針転換が進んでいるようです。一方でお亡くなりになった方の死因が後に新型コロナウイルスの感染によるものだったケースもでているようです。基本、体調が悪くなって救急車で病院に搬送された場合や入院している場合、自宅で終末医療などの場合は(かかりつけ医)お医者様が死亡の確認を行うことになります。一方、自宅などで突如お亡くなりになった場合は警察が来て検視を行うことになります。事件性などがあれば、ここから司法解剖などにまわされたりします。おそらく検視の際に今まで、防護服を着て検視などは、よほどなにかの感染症が疑われるケースでなければ行われていなかったと思います。しかし、今ではどなたが感染しているかわからないような状況です。病院でも他の症状で入院を受け入れた後に感染が判明するケースがでています。特に救急医療の現場はかなり逼迫している場所もあるようです。検視官の方も同じようなリスクにさらされているようです。警察庁でも疑われる場合には防護服着用などを通達しているようです。但し、自衛隊などは災害派遣や、動物などの防疫も行っているのでそうした医療物資も確保しているでしょうが、警察ではそこら辺の確保はどうなっているのでしょうか。備品を確保していればいいのですが、今は調達も難しい状況です。色々な現場で皆さん戦っておられて応援したい気持ちです。

Home > タグ > 司法解剖

ページの先頭へ