ホーム > タグ > 孤独死の現状

孤独死の現状

孤独死の現状と増加傾向

■ 孤独死の現状と増加傾向 ■

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「孤独死の現状と増加傾向」についてです。

日本の人口は2010年辺りをピークとして減少傾向に入ったそうです。またとある本では、2100年には4000万人まで減るというデータがあります。これだけ人口減少があると様々な部分に弊害が生じてきていますが、孤独死の増加というのも社会的問題のひとつでしょう。この孤独死についてですが、賃貸URの統計では年々増加してきています。


それは高度経済成長を生き抜いてきた今の段階の世代の前後する世代というのが、一気に高齢化が進んでいるのでどのような年代の付加が孤独死されているそうです。年齢が60歳代70歳代の方は日に日に増えてきています。

そういった方の孤独死が多々あります。この増加傾向を止めることは難しいのですが、特殊清掃SCSではやはり孤独死をなくしていくという理念を持って日々業務に取り組んでいますし、出来ることは何か努めていきたいこのように考えています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死と犯罪の再犯と特殊清掃理念

■ 孤独死と犯罪の再犯と特殊清掃理念 ■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
特殊清掃のスタッフ松田です。

今回のテーマは孤独死と犯罪の再犯と特殊清掃理念についてです。

特殊清掃SCSでは、孤独死をなくしたいと日々考え実践しています。
そして、孤独死の現状を把握することも非常に大事です。

孤独死にあたって、日本では刑務所に入りたいという変わった方がいることをご存知でしょうか。
現在、全国の刑務所に入所している60代の方は1万300人余り。受刑者の15%を占めているそうです。
これはどういう事かというと、刑務所の中に入ればひとりぼっちではなく、飢え死にすることがないからだそうです。高齢化し社会に出てきても、身寄りもないまたご家族もいない場合、仕事もできず、また犯罪を犯してしまうのです。

昔の映画「ショーシャンクの空に」でも、老人が刑務所から出ても仕事ができず、最後に孤独死をするシーンがありました。

刑務所志願という人々をどのように考えるのか、特殊清掃の理念と踏まえても難しい問題です。

■ 孤独死と犯罪の再犯と特殊清掃理念 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 孤独死の現状

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ