ホーム > タグ > 孤立死

孤立死

東日本大震災から9年経ちました

東日本大震災から明日で9年たちますね。

僕は当時運送屋で働く長距離ドライバーをしていました。当時の大阪知事の依頼で震災3日後から救援物資を持って岩手県へ走ったのですが、

大寒波が襲来していた時期と地震の影響で交通事情もかなり麻痺しており、大雪での通行止め区間や磐越道と東北道の交差付近の陥没などもあったので、大阪を出発してから20時間近く経ってようやく岩手の盛岡北インターを降りました。そこから津波が襲った海側までの距離も、山道だと100キロ近くありましたので、雪の影響で道路が圧雪する中での運転は本当に怖かったです。そうして走ってようやく海側が見えたとおもったら、津波で破壊された宮古市の街並みを360度みて身体が震え上がった事を今でも鮮明に覚えています。あれから9年経ち、復興も着々と進んでいる所もあれば、人口減少の大きな問題も重なってうまく進むどころか廃業する事業者も、とある市では100件以上あるとニュースでみました。人口減少と廃業だけではなく、深刻な問題も年々増え続けています。我々の仕事にも深く関係する孤立死や孤独死問題です。僕も阪神大震災後の災害公営住宅で起きた、孤独死等の特殊清掃や遺品整理の作業を何度もしました。やはり死後数か月から1年近く発見されていない現場もありました。

東日本大震災後、災害公営住宅で誰にも看取られる事無く亡くなる【孤独死】が昨年末までの統計で、岩手・宮城。福島3県合計251人となり、仮設住宅での統計243人を上回ったそうです。仮設住宅そのものがお役目を終え無くなった事が大きく影響しているとはいえ、震災後に今まで住んでいた若い働き盛りの人が地元を離れてしまって、高齢者の人口比率が増えた事で。65歳以上の高齢者が全体の76.9パーセントにもなることから阪神大震災の時と比べても、高齢者が圧倒的に多くなっています。死後2日以上経ってからの発見が59.9パーセントにもなることから、高齢者の安否確認などの見守りサービスの人員不足を補う策を考えなければいけませんね。

独居率

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

特殊清掃でいわゆる孤独死・孤立死された方のお宅に伺うわけですが、皆さんが予想される通り、お一人暮らしの方がほとんどです。

国立社会保障・人口問題研究所が国勢調査をもとに昨年公表した「日本の世帯数の将来推計」によると、2040年までに一人暮らしの世帯が約4割へ上昇すると見込んだとのことです。また2015~40 年の間に 65 歳以上男性の独居率は 14.0%→20.8%、女性は 21.8%→24.5% と上昇するそうです。いわゆる高齢者と呼ばれる方たちの4~5人に一人が一人暮らしになる予測です。独居は社会的孤立(周りに頼れる人がいない、話す人がいないといった)を高めるリスクがあります。今後ますます介護サービスのニーズが増すことが予想されるのですが、一方で孤独死・孤立死が今以上に増える可能性があります。

一人暮らしでも社会的に孤立することなく、地域社会とのつながりを持てる仕組みが必要だと思います。漠然としたイメージですが、お年寄りの方が日々行っていた畑仕事なんかをやめたとたん急に老け込んだりすることはないでしょうか。何か張り合いとなるもの、自分の役割(他人に必要とされること)といったものが必要なのではないでしょうか。すでに現役引退されているような方でもまだまだ皆さん様々な経験やスキルをお持ちだと思うので、もっとそうしたものを社会に活かせるマッチングサービスのようなものがあればよいのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で22000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

寝屋川市にて特殊清掃作業を行いました。

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

先日は寝屋川市にて一軒家の特殊清掃作業を行いました。

ご遺族様からのご依頼でしたが、故人様は1階のこたつの置いてある居間の畳の上でお亡くなりで死後2カ月が経過しておりご遺体の腐敗が進んだ状態での発見となりました。警察の方の対応でご遺体の移送は終わっていますが、臭いも発生し、近隣の方も不安が強くありますので早急な対応が必要となりました。一次対応として室内殺菌消毒のうえ、汚染部分の除去、洗浄を行いました。畳をこえて床下地材まで腐敗体液の浸透があったため床板の解体撤去も行いました。その後、ご葬儀やもろもろの手続きが済んだのちに、残りの家屋内全体の遺品整理作業もご依頼頂き、無事完了することができました。汚染物の除去と残置物の処分をすることで臭いの問題も解決できています。

ご遺族様が一日でも早く心穏やかに過ごせるようお手伝いできていればと思います。

故人様のご冥福をお祈りいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で23000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

 

3月は自殺対策強化月間

SCS特殊清掃・ケアサービスの林田です。

3月は自殺対策強化月間です。

ここ数年は一時期よりも総数は減ってきていますが、いまだ年間に2万人以上が自殺・自死でお亡くなりになっています。3月、4月、5月と自殺でお亡くなりになる方の数が増える傾向があり、厚生労働省、各自治体で自殺予防の普及啓発の取り組みがされているんですね。自殺はさまざまな理由や要因が複雑に関係し、追い込まれた末の行動であり、その多くは未然に防ぐことができる社会的な問題であると言われています。周りの人が体調や様子の変化に気づく、ご本人や周りの人が気持ちを誰かに相談できる、必要な支援機関や医療機関につなげることができる、そして回復を見守っていける環境・社会をつくっていくことが大切であるといいます。遺族の方へのこころのケアも必要でしょう。

自殺・自死を選ばれてしまった方も、あとに遺された方も、いろんな気持ちや考えがある(あった)と思います。それを誰にも伝えられない(伝えられなかった)という方も多いのではないでしょうか。孤立や孤独の問題があるのではないかと思います。自殺未遂や、自殺企図、ふと死にたいや消えたいと思ったことのある人まで含めると、すごい数になるのではないでしょうか。誰にとっても身近にありうる問題なのだと思います。

特殊清掃現場では自殺・自死の現場も多く出会います。自殺される方があり、そしてそのあとの特殊清掃を生業とする私たちのような者があり、矛盾するようですが、自殺も孤独死も一人でも減った方がいいです。故人様にも、遺された周りの方たちにも、つらいことだと思うからです。しかし、現実には特殊清掃は必要となります。しっかりこころを込めて業務に当たらせていただく、我々にできることはまずそこだと思います。そして、特殊清掃や孤独死、孤立死といった現実をお伝えしていくことだと思います。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界20年間で23000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
葬儀から消臭・消毒・害虫駆除などの特別清掃・遺品整理・原状回復までワンストップで対応します。大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山、岡山、鳥取、香川、愛媛、徳島、高知、三重、福井、岐阜、愛知、静岡のエリアまで迅速に対応。

神戸市での孤立死による特殊清掃作業と葬儀事例

SCS特殊清掃の岡本です。
関東では早くもこの時期に聞きなれない4日連続夏日になったそうですね。大阪では過ごしやすい日々が続いていますが暖かくなるとやはり私たちの仕事である特殊清掃現場で孤独死や孤立死や自ら命を絶たれた自殺現場などでのご遺体の腐敗に近づくハエが卵をご遺体に植え付けられた状態で蛆虫が大量発生して甚大な家屋の汚染、汚損に繋がるわけです。毎年の事ではありますが、人が亡くなった場所。ということだけではなくて、人が亡くなった部屋が凄い大変な事になっている。という印象に替わるわけであります。先日の現場もそう。神戸市にある一軒家。依頼者は姪っ子様 90前の叔母が孤独死で発見され、蠅が大量発生して近隣から苦情がでているので直ちになんとかしてほしいとの事でした。現場につくなりすぐにその異常に気付く。神戸市の坂道から見る港から淡路島まで透き通るように見渡せる景観の最高な住宅街とは似つかわしくある一軒の周りには黒くう何やら小さな浮遊物が大量に渦巻いて家屋を取り囲んでいる。近隣には眉毛を吊り上げにらみつけながら怒り心頭な5人。全員マスクをしているが怒っているのは一目でわかる。そんな怒りマスクな人の前を通り過ぎ家屋前で肩身狭そうにしている女性の方に会釈とお悔やみをお伝えして入室。玄関の扉を開けるまでもなく強烈な腐敗臭が漏れ出ているのはわかっていたが、入室後はそれを遥かに上回る臭いである。臭いもある一定を超えれば目に刺激となってくることも多いのだがこの現場はまさしくそうであった。依頼者にどこでお亡くなりになられたかと聞くまでも無くわかる状態で玄関明けたらそこに広がるどす黒い色から茶色から灰色の間のような色した大量の腐敗体液の中を泳ぐぶくぶくと肥った蛆虫たちが泳いでいる。広がる腐敗体液の量も大量だが、どのような状態でお亡くなりになっていたのかはすぐにわかるくらいの人型がくっきりと玄関上がり框から土間部分まである。急に身体に異変が起きたのか苦しみと朦朧とした意識の中で玄関まで這いつくばって助けを求めるために出てきていたのだろう。あともう少しで外にでて助けを呼べるところまで来れていたのにそこで奇しくも力尽きたのであろう。孤独死や孤立死でお亡くなりになる方は玄関先を頭にされて亡くなる方が多いとテレビで業者さんが言っているのを見たことがあるがあれは間違いではない。確かに多いものである。感傷に浸る余裕もなく、腐敗体液の脂分を分解する特殊洗浄液で除去しながら泳ぐ蛆虫を直接つかんでいく作業の繰り返し。室内が真っ黒になるくらいの大量のハエを一気に殺虫するための炭酸ガスを燻蒸しながらの同時施工でしたが2時間もする頃には作業は終了した。外にでるとずっと玄関前で待っていたであろう依頼者の女性がたっていた。 先程のマスクをした怒った5人はすでにそこにはいなかった。突然身内を亡くされたご家族の気持ちは計り知れないものである。ご遺体の損傷が激しすぎて状況では間違いないのだが本人確認のためのDNA鑑定を行い3週間かかってようやく本人確認が取れたのでお迎えに来てほしいとの事だった。某警察署まで寝台車を走らせてご遺体を引き取る際に納体袋を持つと故人は70㎏程あったと聞いていたが、30キロも無く軽い。私が特殊洗浄した溶けた部分だとすぐにわかった。今回はご葬儀まで私たちが責任をもって対応させて頂きました。故人のご冥福 心よりお祈り申し上げます。
doma

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヒートショックには気をつけてください

SCS特殊清掃の岡本です。1月も最期になり早くも2017年になり1か月が過ぎました。
雪が降って寒い日が続くとおもいきや、関東では20度近くまで気温が上昇するなど、冬はどうなってしまうんでしょうね。
春が待ち遠しい気持ちはありますが、あまり冬らしくない冬を体感するのもなにか物足りなく感じる今日このごろです。
2月目前にし、例年には無かった流れが来ています。
毎年年明けから特殊清掃の依頼が連続してずっと続くことって少なかったのですが、今年は別格。正月中からずっと孤独死や孤立死などの特殊清掃の現場が続いているのでさすがにこれは異常事態です。なかでも70パーセントが浴槽に浸かってお亡くなりになっていたのです。夏場と違い、冬場であれば発見が遅れたとしても浴槽に追い炊き機能がついていなければ夜間は水温が5度以下になるので冷蔵庫と同じ役割を果たしているのです。死臭や腐敗臭もあったとしてもごく微量なものです。そうなるとヒートショックや心筋梗塞等で浴槽に浸かったまま急死された故人様は自然に冷やされていくわけです。お風呂で死後2週間たっていましたとか言われても実際見てみるとそこまでの日数を感じられない現場模様。しかしお亡くなりになった場所というのは間違いないことなので私を選んでいただけたのならば精一杯尽くさせていただくのみでした。ほんとうにお風呂でお亡くなりになられる方が非常に多い季節になっております。ヒートショックを防ぐ予防もあります。脱衣所にヒーターなどを設置して温め、浴室と脱衣所、またはトイレと廊下の温度差を極力なくすようにしてください。あと長湯は禁物です。程よい入浴で体を温めて出るようにすることでかなりのヒートショックを防ぐことができます。亡くならなくても良い命は救える命。どうか身近な家族や近隣の方へのお声がけ一つで大きく変わることもございますので、皆様も実践してみてください。

なにかお困りのことがありましたら24時間年中無休で私たちが駆けつけます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

熱中症

SCS特殊清掃の岡本です。
連日のように台風が上陸しています。日本全土が台風の脅威にさらされ、中にはお亡くなりになられている方もいます。地震や台風の天災は実際に被害に合わないと本当の怖さがわからないものですが、早め早めの備えであったり避難行動に移してください。何かあってからでは遅いですから。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。さて、今日とあるニュースを見て驚いたのですが、9月にはいり暑さも少し和らいできたのではないかと思っていたらなんと、総務省消防庁発表で9月12日から18日の一週間っで熱中症による救急搬送状況が公表されました。全国の搬送者数は563人で前年比んも約2倍。満65歳以上の高齢者は1836人と搬送者割合の33パーセントを占め、大阪の105人が全国ワーストワンを占めているみたいです。ちなみに2位は岐阜県の64人。3位は沖縄県の30人。大阪の熱中症で倒れられる確率がだんとつだという事がわかります。初診時に死亡された方はおられないようですが、少しすずしくなったからといって油断はできないですので体調管理とこまめな水分補給をしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪市天王寺区での特殊清掃と遺品整理                                                                                                                                                         

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。

本日は朝から大阪市都島区での遺品整理の分別作業と同じ都島区での特殊清掃の現地調査、そして大阪市天王寺区での特殊清掃の緊急作業が入りました。大阪市都島区での遺品整理の分別作業が昼前に終了する頃に一本の電話が入り現地へ急行する事になりました。大阪市天王区と言えば代表するお寺で四天王寺や一心寺といった所を中心に大阪でも有名すぎるお寺や寺院が立ち並ぶ情緒あふれる町です。近年では観光客の増加にともない、天王寺駅を中心に沢山の外国人観光客が居ます。私も良く外国の方に道を聞かれやすいようなので、英語が苦手な分、出来るだけ現地近くまで一緒にあるいて道案内をしたりする事もあります。今回の緊急作業は、今はやりの民泊をしている会社からの電話でした。現地に直行するとマンションの一階玄関近くまで大量の蛆虫が徘徊している状態で、現地で待ち合わせしたオーナーさんに【踏んではだめです】と言いました。理由はご遺体を栄養として生きている蛆虫は栄養がご遺体なので臭いがします。なので蛆虫が歩く所にはご遺体から出る死臭や、腐敗臭、腐乱臭などが拡散されるわけです。勿論1階玄関付近で直接吸引法での腐敗臭の確認と臭いセンサーによる強い臭気指数を示しておりましたので、完全に漏れ出ている状態でした。聞く所によるとこのマンションはほぼ民泊で外国人の方が旅行で泊まっているとの事。その中数部屋では数十年住まわれている方がいるようで、その長い間住まわれていた方が今回玄関土間付近で孤独死されたとの事でした。対象部屋は3階の一室。でも1階玄関付近まで腐敗臭を感じる事が出来る始末。オーナー様と会話している中でも外国人の方が鼻を抑え嫌そうに出入りする方もおられました。私は不幸中の幸いか、英語を話すことが出来ないのでもしも何か聞かれたとしても話す事ができません。なので状況を聞かれる必要も無いなと思いました。オーナー様の意向は兎に角部屋の臭いと蛆虫を何とかしてほしいとの依頼でしたので、近隣に気づかれないようなスピーディさが求められます。まずは1階からの共用部・パイプスペース・消火器の下・階段の影などすべてに蛆虫をバキューム処理し通り道になるであろう所に乳剤系の殺虫剤を調合して散布します。そして対象部屋の玄関土間部分との事なので、玄関外から養生を張り詰め扉をあけてすぐ閉め内側からの目張り養生を施し臭いが一切外に漏れないようにして、本作業開始。思った以上に腐敗体液の池が玄関土間部分で溜まっている状態でポンプを使い腐敗液を吸引し、薬剤を使い中和しながら腐敗液を丁寧に取り除く。玄関土間部分から廊下側までの腐敗体液の浸透を確認したので届く範囲までは中和して、最後に一時消臭を施しました。部屋の中には残置物が警察が鑑識した後の状態ではありましたが、まだ親族確認が取れていないので触る事は出来ませんと説明。一時的にも臭いが消えているのと、室内には大量の蛆虫が隠れている状態なので外に出れない様にトラップを施し緊急作業終了。オーナー様も臭いが消えた事に驚いてくれましたが、あくまでも一時的な事なのでと説明しました。それでも民泊で泊まっている外国人に迷惑を掛けなくて済みそうと喜んで頂けたのがなによりです。そして完全消臭には部屋の部分解体をして、汚染源を完全に断ち切ってからの室内完全消臭になりますと説明すると、室内完全消臭のお見積りをさせて頂きましたその一時間後には依頼も頂ける事になり明日から現場に入る事になりました。この度は弊社へご用命頂きまして誠にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死や孤立死を防ぐ見守りサポート

SCS特殊清掃の岡本です。
8月も終わりに近づき、少しは過ごしやすい日々が続くのだろうと思っておりましたが、今年は例年以上の猛暑になり、気象庁によると10月近くまで猛暑日が続く可能性があるそうですね。大阪市では本日付での猛暑日が20日連続、真夏日が54日間のようです。蒸し暑い日々がこれだけ続くのでしたら、体力的にもきつくなってきますね。職業柄スタミナを付けるためにバランスの良い食事を心がけていますが、皆さまはどうされているのでしょうか。私の知人も夏は食欲がないといっているのですが、かなりこの夏で痩せてきているようです。あまり知らない方も多いと思いますが、汗を書くだけでも体力を消耗するのが夏の暑さです。夏場には肉などを食べられない方でもその他、食べやすいもので補充を心がけてください。さて、今年の盆休みは私ごとですが、法事に参加する時間も無く現場作業が連日続きました。やはりこの真夏の暑さはすごいです。お1人暮らしの方が病死などでお亡くなりになり、死後数日たってしまい孤独死として発見されるケースが例年以上にSCSにも連絡が入ります。身体の具合が悪い中、この暑さで体調が急変したのでしょうか。今年もこの悲しい孤独死現場は続くのでしょうか。以前のブログにも書きましたが、人の寿命は決まっていてそれを誰も変える事が出来ないのかもしれません。しかし今の日本では少子高齢化社会に突入し、昔のように団地やアパートの鍵をかける事無く、近隣の人たちが家族のように行き交うような事が少なくなってきています。近所との交流も減り、やがて顔を合わせても挨拶もせず、孤立し、近隣との壁を作り、やがて完全一人の閉鎖になる。そうなると命にかかわるかもしれない大事に気づくはずもなく。お亡くなりになり、この暑さでご遺体がの腐敗進行が早まって、近隣への強烈な異臭騒ぎで発見。井現在大阪でも孤独死ゼロ計画を目標に立ち上がっている見守りサポートが地域包括で実施されている市や区が増えてきました。凄く素晴らしい事だと思い私たちもお話しを聞かせて頂きにいきました。立ち上げたものの問題は
まだまだたくさんあるようですが、誰かが気づき、支えあう姿勢は私も見習い、全国に普及する手助けができればと思います。毎年増え続けている、孤立死や孤独死でお亡くなりになる方が1人でも少なくなりますように。これが10年後20年後に広がりを見せればかなりの人が救われるのではないでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独居死、孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除でお困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お金があれば人も動く

8月にはいり、連日の猛暑と突然降りだす大雨に体調がすぐれない方も多い事だと思います。特に熱中症には十分に気を付けてこまめな水分補給(特にスポーツドリンクが良い)やコンビニでも売っている塩飴などを取り入れてくださいね。SCS特殊清掃・ケアサービスでは連日のごとく熱中症などによって孤独死や孤立死された住居での部屋の掃除と蛆虫や蛹、蠅などの害虫駆除、そして腐敗臭が漂いとんでもない死臭と悪臭で充満された室内の消臭や脱臭を毎日繰り返しております。最近の現場で一番多いのは賃貸マンションやアパートなどでお亡くなりになられた方の遺族が、部屋の片づけに来ないケースです。家族と言えども故人の生前に何かトラブルがあったり、縁を切った状態で長年過ごしてきて、どこに住んでいるのかも分からなかったのに、突然かかってきた警察からの一本の電話。それにより長年会う事も無かった親族が遺体を引き取ってくれであったり、部屋の修繕費用をなんとか払ってほしいと言われてもなかなか二つ返事は出来ないものですよね。しかし一番多いこのケースでは御遺体に関しては行政扱いになり税金にて火葬がなされます。その後のお骨に関しましても行政が税金を使い合同埋葬するわけです。そしてもう一つ。故人様がお亡くなりになるまで住まわれていた住居の中には生活品。多い部屋、少ない部屋様々ですが、いったい誰が処分するわけなのでしょうか。もし住居の中で死後数日が経ってから腐乱死体として発見された部屋には人型の腐敗痕がくっきりと残り、その腐敗痕の中をを蛆虫が大量に泳いで食べているわけです。そんな部屋をそのままにしておくともっと大変な事になりますので部屋の中の腐敗痕の汚染を特殊除去して洗浄をし、そして脱臭施工をし、害虫駆除をしないわけにはいかないです。遺族が生前の故人となにかしらの事情があったにせよ、来てくれない事には物件オーナー側が責任をもって特殊清掃代金を支払わないといけないわけであります。私自身なんどもそのような状況の現場を担当したことが何度もあります。正直オーナー様が気の毒でなりません。オーナー様にとっては故人は他人。それでも故人を偲び、涙を流しながら悲しまれていた心優しきオーナー様もいました。遺族が来ないのに部屋の中の遺品整理、残置物処理や特殊清掃、消臭、害虫駆除の金額を全て払われたわけです。その逆で言えば過去にあったケースですが、遺族がなかなか見つからずようやく見つかった時にはかなり遠くの親戚で故人とは一度もあった事が無いのに、警察から連絡があり現金があった旨を聞くと遠方より飛行機で来阪し、そこからはタクシーでお金を取りに来た方もおられました。現金で1億近くのお金が見つかったものですから、いくら遠い親戚であれ、孤独死や孤立死後の特殊清掃や消臭・脱臭の金額など安いものでしょう。お金を受け取ると作業代金を支払ってすぐにタクシー乗って帰っていきました。その方の目はドルマークに見えてなりませんでした。そういう事があると私はすごく寂しい気持ちになるわけです。勿論ですが世の中お金は大事です。それでも人を思う気持ち、心も大切ではないでしょうか。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界18年間で20000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 孤立死

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ