ホーム > タグ > 感染症 火葬

感染症 火葬

ニューヨークで異臭騒ぎ

SCS・特殊清掃ケアサービスの林田です。

ニューヨークの葬儀場の近くで異臭騒ぎがあったようです。調べてみると、トラックの中に遺体が100体近くあったようです。トラックには冷蔵設備がなかったようです。御遺体が傷んで、死臭・腐敗臭がトラックから漏れ出してしまったんでしょうね。ニューヨークでは多くの方が、新型コロナウイルス感染症で亡くなっており、御遺体の処理にも困難をきたしているようです。葬儀場でも入りきらず、トラックに収容しているといったニュースは前にもみましたが、冷蔵設備はあるといった話でしたので、そちらも一杯になってしまったのかもしれません。日本では、死者数が欧米各国に比べて抑えられていますので、大丈夫ですが、このような状態になってしまうと思うと怖いですね。

感染症法の関係で、新型コロナウイルス感染症患者の方がお亡くなりになった場合は、24時間以内に火葬をしなくてはなりません。志村けんさんや岡江久美子さんがお亡くなりになった時もお葬式はできておらず、ご遺骨だけがご遺族のもとに帰ってきてましたね。普段普通に思える、皆に看取られて、葬儀して、お別れするってことも実は幸せなことなのかもしれません。気持ち的には区切りをつける契機になりますしね。収束して、普通な日常に戻れる日が待ち遠しいですね。

感染症と葬儀

SCS・特殊清掃ケアサービスの林田です。

連日、新型コロナウイルスの感染についての報道が止まりません。今回は葬儀について考えてみたいと思います。志村けんさんの訃報についてのニュースで知られた方も多いとは思いますが、普通の御遺体は24時間は火葬できなくなっているのですが(万が一蘇生の可能性があるため)、感染症法の規定でこの新型コロナウイルスでお亡くなりになった場合は24時間以内に火葬されることになります。それに加えて、新型コロナウイルスでお亡くなりになった場合、御遺体とご対面するとまだウイルスが排出される可能性もあるため、納体袋に納められて、棺などもテープで目張りして搬送するケースも多いようです。火葬場の方や、御遺体を搬送する葬儀業者の方への感染リスクもありますので、致し方ないですよね。これによって、葬儀もご遺骨だけの状態になって、最後のご対面ができないケースも多くなっています。病院でも隔離されていますので、容体が変化したら、その次にご対面できるのはご遺骨だけといった悲しい事態になってしまいます。また葬儀自体も感染リスクが高くなってしまうことを考慮して、自粛や規模縮小の動きがみられます。本当でしたら、志村けんさんのような方は、盛大な葬儀でお見送りされるような人だとは思いますが、今の時期は難しいですよね。おそらく、この新型コロナウイルスの感染が収束してから、お別れ会のようなものが行われるのではないでしょうか。その時は皆さんで盛大にお見送りしたいなと思います。

さて特殊清掃の現場でも御遺体の発見が遅れて、御遺体が傷んでしまうと、納体袋に入れて棺に入れられることになります。死臭もかなりひどいですし、冷蔵庫から火葬場へ直行といった形になってしまいます。通常の葬儀の形態をとるのは難しいですね。御遺体を一目みることも難しいです。弊社でも特殊清掃の場合は、付随して直葬という形で、御遺体を迎えに行って、火葬を行っております。やはりこういう形でのお見送りというものはつらいものがありますので、皆さんにはできれば経験して頂きたくないと思います。

Home > タグ > 感染症 火葬

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ