ホーム > タグ > 死後直後

死後直後

死後直後の体の変化と腐乱死体

■ 死後直後の体の変化と腐乱死体

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。今回は「死後直後の体の変化と腐乱死体」についてです。


孤独死、孤立死、変死、自然死などで突然人が亡くなった場合、ご遺体の発見までに時間がかかることが多くあります。人は死後直後はまだ体温が残っていますが、時間がたつにつれ、体温が下がってきます。

そしてそれと同時に死後硬直が始まってきますから、体が亡くなった時の状態のまま固まってしまいます。
これにより、どのような状態で亡くなったのか、ということがある程度推測することができる場合もあるんです。

東日本大震災の時には、死後硬直のために、車のハンドルを握った状態だったり、電柱や木などに捕まった状態だったりと、その人が亡くなった状態を知ることができたわけです。

そして死後硬直の後には、徐々にご遺体は腐敗していきます。
この腐敗によって、臭いが部屋に充満し、さらには近隣にまで広がっていってしまうわけです。
いったん腐乱死体となってしまえば、部屋にその臭いが染み付いてしまい、通常の清掃を行うだけでは臭いは取れなくなってしまいます。

このような場合に、特殊清掃が必要になるというわけなんです。
特殊清掃が必要になった場合には、特殊清掃SCSへご依頼ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 死後直後

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ