ホーム > タグ > 特殊清掃 直葬

特殊清掃 直葬

お葬式

SCS・特殊清掃ケアサービスの林田です。

お葬式というのは、区切りの意味合いもあると思います。亡くなってから、通夜、お葬式と行う中で、別れの気持ちにひと段落つけるという役割ですね。但し、遺族様にとっては、亡くなってからのあわただしさに、手続き事、更に近親者、近しい方へのご連絡と目が回るような忙しさですので、殆どゆっくりは考えられないのではないでしょうか。とはいえ、そこで一区切りつけるきっかけにはなりますね。新型コロナウイルスでお亡くなりなられる方が多いですし、志村けんさんや岡江久美子さんなど芸能人でお亡くなりになられる方もいらっしゃいましたので、テレビで注目された方も多いと思います。感染症法の関係で新型コロナウイルスでお亡くなりなった方のご遺体は24時間以内に火葬しなければなりません。平時であれば、近しい方に看取られ、お別れ会などもひらいて、盛大にお見送りされていたであろう志村けんさんは、面会もできず、ひっそりと火葬されて、お兄様がご遺骨だけ受け取られることになりました。岡江久美子さんもご遺骨が玄関前に置かれるという悲しい形になってしまいました。(大和田獏さんが、人との接触を控えられたのだとご推測します。)このような形になってしまうと、なかなか気持ちの区切りをつけるのは難しいですよね。ファンの方に向けては、新型コロナウイルスの感染が収束してから、お別れ会などがあるとは思いますが、近しい方にとってはお葬式も行えないということで日常が続くわけですし、感情の区切りをどうつけていくか、難しいところですよね。

特殊清掃の場合はご遺体が腐敗しているケースが多いので、今回の新型コロナウイルスでの死亡のように、先に火葬してしまいます。ですので、お葬式をしてもご遺体が無くお骨だけで後日に施行、もしくは直葬といって、火葬場でお別れをするといった形式になることが多いです。この場合もなかなか気持ちに区切りをつけるのは難しいですよね。特殊清掃でお部屋の片付けをすることで、ご遺族様の気持ちの区切りに少しでものお役に立てればいいかなと感じる今日この頃です。

感染症と葬儀

SCS・特殊清掃ケアサービスの林田です。

連日、新型コロナウイルスの感染についての報道が止まりません。今回は葬儀について考えてみたいと思います。志村けんさんの訃報についてのニュースで知られた方も多いとは思いますが、普通の御遺体は24時間は火葬できなくなっているのですが(万が一蘇生の可能性があるため)、感染症法の規定でこの新型コロナウイルスでお亡くなりになった場合は24時間以内に火葬されることになります。それに加えて、新型コロナウイルスでお亡くなりになった場合、御遺体とご対面するとまだウイルスが排出される可能性もあるため、納体袋に納められて、棺などもテープで目張りして搬送するケースも多いようです。火葬場の方や、御遺体を搬送する葬儀業者の方への感染リスクもありますので、致し方ないですよね。これによって、葬儀もご遺骨だけの状態になって、最後のご対面ができないケースも多くなっています。病院でも隔離されていますので、容体が変化したら、その次にご対面できるのはご遺骨だけといった悲しい事態になってしまいます。また葬儀自体も感染リスクが高くなってしまうことを考慮して、自粛や規模縮小の動きがみられます。本当でしたら、志村けんさんのような方は、盛大な葬儀でお見送りされるような人だとは思いますが、今の時期は難しいですよね。おそらく、この新型コロナウイルスの感染が収束してから、お別れ会のようなものが行われるのではないでしょうか。その時は皆さんで盛大にお見送りしたいなと思います。

さて特殊清掃の現場でも御遺体の発見が遅れて、御遺体が傷んでしまうと、納体袋に入れて棺に入れられることになります。死臭もかなりひどいですし、冷蔵庫から火葬場へ直行といった形になってしまいます。通常の葬儀の形態をとるのは難しいですね。御遺体を一目みることも難しいです。弊社でも特殊清掃の場合は、付随して直葬という形で、御遺体を迎えに行って、火葬を行っております。やはりこういう形でのお見送りというものはつらいものがありますので、皆さんにはできれば経験して頂きたくないと思います。

Home > タグ > 特殊清掃 直葬

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ