ホーム > タグ > 特殊清掃作業

特殊清掃作業

大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業

■ 大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。今回は「大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業」についてです。

以前、大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業のご依頼をいただいたことがあります。
自殺や孤独死・孤立死などと違って、殺人現場は非常に凄惨な状態にあることが多いです。このケースも、例外ではありませんでした。

室内に残された多数の血痕、ご遺体も無残な状態で見つかり、外傷が酷い状態でした。
殺人現場は警察の現場検証などが済むまでは誰も立ち入ることはできません。とはいえ、こういった場合には、感染症などを防ぐために、特殊清掃が済むまでご遺族様には現場に立ち入っていただけないことがほとんどです。

特殊清掃SCSでは、こういった殺人現場の場合でも、まず現場へ急行し、状況を把握し分析します。
そして、血痕がどのていど残されているのか、ご遺体の状況はどうか、また菌などが繁殖しているかどうかなど、徹底的に現場を調査し、そのうえで特殊清掃を行っていきます。

適切な道具や薬剤を使い、たとえ殺人現場であっても、賃貸物件ならまた再び使用できるように原状回復リフォームを行います。血液などは簡単に除去できない場合もあります、SCSでは特殊なケースでも、確実に対応いたしますので安心してお任せください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

溺死遺体と焼死遺体の特殊清掃作業

■ 溺死遺体と焼死遺体の特殊清掃作業

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「溺死遺体と焼死遺体の特殊清掃作業」についてです。

特殊清掃SCSでは、溺死遺体と焼死遺体の特殊清掃作業のご依頼をお受けすることがあります。

溺死遺体は通常のご遺体に比べて腐乱・腐敗が早いため、たいていの場合は臭いなどがかなりきつくなる傾向があります。
また、菌などが繁殖している恐れも強いため、現場のより細かい分析が必要になります。

溺死といっても、お風呂でうっかり転んだり、心筋梗塞などで湯船の中でお亡くなりになるような場合も溺死となるので、このようなケースもあります。

またご自宅が火災にあって、故人様が火災に巻き込まれて亡くなるケースもあります。

このような焼死の場合は、消臭作業が大変であるケースも多いケースがあります。
この場合、現場の分析を行い、状況がどのようなものであるかを確認してから作業を行うことになります。

いずれの場合も、ご遺族様はできるだけ現場には入らないようにして、特殊清掃のプロにお任せいただくことをおすすめします。

特殊清掃SCSは、特殊清掃のプロ集団ですから、現場を確実にチェックして分析し、どのような状況であるかを確認してから、特殊清掃を行います。
ですから、安心して特殊清掃をお任せいただくことができます。

溺死遺体、焼死遺体などの特殊清掃作業が必要になった場合は、できるだけ早く特殊清掃SCSへご連絡ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 特殊清掃作業

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ