ホーム > タグ > 独居死

独居死

東大阪市での孤独死の特殊清掃について

SCS特殊清掃の岡本です。
4月にはいりすっかり春になり早くも桜が散り始めております。
気候も温かくなり昼間の天気が良い時などは汗ばむくらいの良い気候になりました。
SCS特殊清掃では孤独死や孤立死でお部屋でお亡くなりになり死後数日間が経った現場の特殊清掃依頼の問い合わせがかなり増えてきました、現地調査見積と現場作業の繰り返しの日々が続いております。
そして先日施工させていただきました現場は私の地元である東大阪市です。今現在も住んでいるのですが、東大阪市では自宅での孤独死や孤立死、自殺などが多い地域でもあります。2010年の5年前の統計では人口が約51万人。6年後の今では少子高齢化が進んでいますので人口は少なくなり、若者が少なくなってきております。東大阪市と言えば昔ながらの温かい町工場が沢山あり、NASAへ部品を供給しているような工場もあり、メディアに取り上げられたりするくらい有名な昔ながらの職人さんが多い事が特徴のひとつでもあります。わたしも高校卒業後には東大阪市の町工場で5年勤め、アルミ製缶というアルミを使ったタタキ板金や溶接などを駆使して製品をつくり上げていました。今でも活気溢れる良い工場です。
さて
話はそれましたが、それくらい私にとって人生の大半を過ごしている東大阪市での特殊清掃の依頼を受けてお伺いする現場が多いのです。実際、今住んでいる家の2つ通り向こうで起きた変死事案の特殊清掃と消臭を請け負った事もあるくらいです。そして今回も同じ東大阪市でお風呂に浸かってお亡くなりになられ、死後3日でヘルパーさんに発見され、遺族さんのご要望で地域包括センターを通してSCSに依頼が来ました。最近は本当に御1人様が増えて、孤独死や孤立死をされてしまう方が多い中、ヘルパーさんとの付き合いや、見守り隊などの地域一体で独居人を見守るシステムが出来つつあることが本当に大切な事だと痛感しております。
少子高齢化社会真っただ中で皆、手を取り合って助け合い、生きていければと深く考えさせられた現場でした。
東大阪市での特殊清掃や遺品整理・生前整理やゴミ屋敷撤去などでお困り事がございましたら、年中無休24時間対応ですのでご連絡ください。
私の地元は私が全力で守ります。お問合せスタッフ一同心よりお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蛆虫・蠅の季節ももう少し

SCS特殊清掃の岡本です。
列島中の記録を塗り替えるような寒波も去り、本日は大阪でも10度を超える3月の陽気になりましたね。
このまま春が来ればいいな~と普通に考えていると、頭にアレが過りました。
そう、アレとは【蛆虫、蠅】冬場に冬眠していた、蠅がわんさか。。現在、高齢化社会に突入している日本でおひとりで暮らされているいわゆる独居の方、独居老人ともいいますが、そんな方が孤立死や孤独死の現場では、死後なかなか発見されないわけです。今のような冬場の変死現場ではご遺体の腐敗がゆるやかなので、強烈な腐敗した現場にはなかなかならないのですが、夏場のように腐敗したご遺体に蠅が卵を産み付けてそこから羽化した蛆虫が床を這いつくばる。そして、玄関の僅かな隙間からマンションであれば共有部にもぞもぞと出てくるわけです。それを見た住人さんがおかしいと警察に通報したり、アパートや賃貸マンションであれば扉の密閉性が低い家が多く異臭で発見されるわけです。夏場になれば死後2日で十分に腐敗が進行しており強烈な異臭と部屋中真っ黒になるくらいの蠅が生まれ飛び回ります。そんな季節もまたくるんだなぁとなんとも言えない気持ちになりました。しかしそれが私たちの志事です。お亡くなりになられた故人様、遺族様、物件オーナー様、管理会社様、近隣の住人様の哀しい気持ちを少しでも和らぐように頑張ります。変死現場で異臭の消臭・脱臭や、害虫駆除にお困りの場合はお問合せください。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
                                               特殊清掃専門会社のSCS 
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12                     TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400                            東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F                 TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死は回覧板で防げる

SCS特殊清掃・ケアサービスの岡本です。

先日堺市の古いアパートに行きました。

故人様は70代後半。台所付近で倒れているのを階下の住人さんが、回覧板がドアノブに掛ったままなのを不審に思い、警察に通報。そして発覚したとのこと。死後2週間程経っていたそうです。

階下の住人さんの話によると、アパートにきて45年の付き合いがあったとのこと。友達だと言っていた住人さん(おばあちゃん)のさみしそうな顔が印象的でした。部屋の中には沢山の生活用品、衣類、家電がありました。

ほんと今も住んでいるような雰囲気。故人様は数十年前に離婚し、一人で住んでいたようですが、家の中にはかつて、家族で生活していたままの状態とのこと。元奥様が遺族代表として、依頼者になっていましたので部屋の中を見られて昔のままの状態にびっくりされていました。作業は室内全体を入念に殺菌消毒して、汚染部分を剥離・撤去。そして室内に残された残置物を丁寧に搬出しました。

4時間後にはすべて搬出し、無事に大家さんに引き渡すことができっました。

帰るときに振り替えると、空になった部屋を見ていた階下のおばあちゃの顔がなんとも寂しく印象的でした。

地域の見守りと孤独死

●地域の見守りと孤独死

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

孤独死や独居死が社会問題となってから、数年が過ぎています。自治体や社会福祉協議会が連携して見守っていこうという動きもかなり出てきています。多いのは、ライフライン事業者(水道・ガス・電気・新聞・郵便・宅食等)と連携して、何か異変が感じられた場合に連絡をつないでいこうという動きです。大阪府内でも各自治体がこのような提携を結んで行っていますね。

進んだ動きでは、寝屋川市社会福祉協議会の「鍵預かり事業」。これは65歳以上の独り暮らしの高齢者を対象に、希望される方の鍵を預かり、近隣の24時間体制で職員が常駐しているような福祉施設に鍵を保管、何かあったと思われるときに、鍵を使って確認するといった仕組みです。

さらに踏み込んだと思われるのは、福岡市社会協議会の、「ずーっと安心やすらか事業」。事前に預託金を福岡市社会福祉協議会が預かり、葬儀・家財処分等のサービスを実施するそうです。また、契約後は定期的な見守りサービス(電話連絡や訪問)の実施や、入退院のお手伝いを行うそうです。

まだ取り組みとしては、年月が浅いですが、こういった取組みを通じて、地域コミュニティーや近隣とのお付き合いが復活していき、孤独死や独居死の防止(亡くなること自体は自然の摂理なので防げませんが、怪我や病気などの際の早期発見)、そういったことが起こった場合に放置される危険性が無くなっていけばいいのではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


つまようじ男

●つまようじ男

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。
つまようじを混入し、動画を投稿して、逃走していた19歳の少年が滋賀県の米原で逮捕されました。稚拙な犯行、稚拙な行動にはあきれるほかないというしかありません。この少年、生活保護を受けていたんですね。逃走資金も生活保護費がもとになっていました。ということは、このしょうもない行動に税金が使われたということになります。国の借金が増えて、消費税も値上がりせざるを得ない状況だけに、こういった生活保護費の受給に関しては、もっと考える必要があるのではないでしょうか。

一概に生活保護が悪いわけではありません。孤独死や独居死された方の中には、生活保護が行き届かずに、餓死に近いような状態になった方々もおられます。本当に生活に困窮された方々にはセーフティネットとして生活保護は欠かせません。一方で、不正受給を疑わざるを得ない人たちも多いのが実情です。(某お笑い芸人の件など、話題になりましたが。)保護費を不正受給して、贅沢な暮らしをしているといった話も耳にします。まじめに働いて、税金を払い続けた国民年金受給者が生活に苦労しているのに、遊んで暮らしている生活保護受給者の方が、暮らしぶりがいいといったケースもあります。

この国のありようとして、どういった方向性がいいのか?生活保護の見直しは必要不可欠ではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

年末年始関係なく

●年末年始関係なく

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

年末年始、もう連休に入られた方も多いかもしれません。もしくは今日、明日で仕事納めの方もおられるでしょう。

最近はコンビニもありますし、お店の初売りも早くなっています。年末年始どこも休みなので色々と買いだめをしておかないといけない時代ではなくなっています。昔ながらのおせち料理を作る家も少なくなっているのではないでしょうか。

さて年末年始関係ないといえば、事件や事故も年末年始関係なく襲ってきます。むしろ事故はこの時期多くなるかもしれませんね。殺人事件や傷害事件、自殺なんかもそういったこととはお構いなく起こるものです。また、いつ誰がお亡くなりになるかなんて決まっているわけでもありません。普通にお亡くなりになる人はいますし、それが孤独死や独居死であって、丁度この時期に発見されるといったことがあるかもしれません。そう考えると、警察の方々の当直というのも大変ですよね。なにかあればすぐに駆けつけないといけませんからね。年明け早々に、気の滅入るような事件に遭遇する可能性もあるわけですよね。大変なお仕事だとつくづく思いますね。

警察官の皆様方、どうもご苦労様です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事故物件とお祓い

●事故物件とお祓い

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

「事故物件」自殺や殺人事件などが起こった部屋のことですが、こういった物件には告知義務が必要になってきます。部屋自体には何の物的異常がないとしても、心理的な瑕疵があるということになります。さてこの心理的な瑕疵がいつまで続くのか、判例等でもまちまちです。それは物件の性格、事件の大きさなどがまちまちだからです。例えば、ご近所付き合いのない単身者用の住宅で、人の出入りが激しい物件と、ほとんどの人が顔見知りで長年住んでいるような物件ですと、後者の方が長く続くと考えられます。

特殊清掃がすべて終わった後にお祓い・現場のご供養をお願いされることもあります。自殺や殺人事件などが起こった物件だとご依頼されることは多いですね。次に住まれる居住者のためというのもありますが、周辺住民の方への配慮といった意味合いもあります。孤独死や独居死でお亡くなりになられた場合でも、オーナー様や管理会社様のご意向によってはお願いされることがありますね。その辺のご対応はまちまちですね。心理的な安心感・安堵感を得たいということであれば、現場のご供養はしておくべきだと考えます。

特殊清掃後・原状回復後の現場のご供養等についても対応しておりますので、わからないことがあればご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

市営住宅・県営住宅

●市営住宅・県営住宅

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

市営住宅や県営住宅というのがありますが、老朽化している場合が多いですよね。そしてこうした建物に多いのが、4階建てのエレベーター無といった物件です。若い頃には4階までの階段の上り下りはたいしたことではございませんが、年を重ねるとそういうわけにはいきません。買い物なんかをして重い物があると余計にしんどいですよね。後はゴミの持ち出しでしょうか。ちょっと重くなってしまうとゴミを運ぶのも億劫になってしまいがちです。

そうした関係からでしょうか。こういったところの上層階で孤独死などでお亡くなりになった場合、部屋がゴミ屋敷と化していることも少なくありません。高齢になって、階段の昇降がきつくなり、ゴミを溜めこんだままにしてしまったのでしょうか。リフォームなどされて、居住者の方が多くなっている団地の場合は問題ないのですが、老朽化している団地などは居住者の数自体が減っています。そうなるとこういった団地のよさでもある地域コミュニティーが崩壊、近隣の方の日常を気に掛けることが無くなり、孤独死や独居死が気づかれないといったケースも頻繁に発生します。

すでに多くの団地(市営住宅や県営住宅だけでなく、URでもそうですが)で社会問題化しています。独自の対策をとられている団地も多いですが、なかなか難しい問題です。プライバシーとコミュニティーの再構築、2つの折り合いをどうつけていくのか。そもそもコミュニティーをどうはりめぐらせるのか。また最近は見守りのためのシステムやアイテムも開発されてしますが、費用面の問題があり広がりは緩やかです。

URや市営住宅・県営住宅の孤独死や独居死、これから増加の一途をたどっていくのでしょうか。そうはならないよう祈るばかりです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

親の家を片付ける(孤独死と空き家の問題)

●親の家を片付ける(孤独死と空き家の問題)

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

「親の家を片付ける」という話題が少しづつ増えていますね。かつてのように、2世帯・3世帯の同居というのは少なくなってきました。今はそれぞれ独立した生活をされる家族が増えてきています。そうすると、どうしても親の家をどうするかといった問題は避けては通れない話になってきますね。

さて、孤独死や独居死が起こった場合にもこの問題が出てくるわけですが、分譲マンションや立地のいい場所にあるお家などは、死臭の消臭、不衛生害虫の駆除、消毒、遺品整理、リフォームといった特殊清掃サービスを行い、売却したり賃貸に出したり、または解体して更地にして売却されるなど、再生されるケースが多いです。費用をかけても回収できるケースがほとんどですね。問題は立地の悪い場所にある1軒家などです。昔に建てられた物件などですと、今の建築基準法に適合せず(接道義務など)改築や更地にして売却などできないケースもあります。後は固定資産税などの問題もあります。更地にしてしまうと固定資産税は上がってしまいます。皆さん処分に困り、空き家のまま放置という例は少なくありません。しかも、孤独死されるような方には、家族付き合い、親戚付き合いを断っておられるような方も多々おられます。そうなると、ご近所様に迷惑がかかるため、(腐敗体液のついた)汚染物の撤去、不衛生害虫の駆除、最低限の悪臭の消臭といった特殊清掃だけ行い、後は放置するしかないといったケースもあります。

皆さん、空き家にしておくのは、防犯・防災上よくないのは重々承知なのですが、費用負担したとしても回収困難となればどうしようもないですよね。中の家財道具もそのままに幽霊屋敷・お化け屋敷と化してしまった物件も多々あります。

空き家の問題はこれから、もっと社会問題となってくるでしょう。行政代執行などによる解体など、条例で制定する動きも出ていますし、固定資産税に関する法整備も進められていく方針です。空き家活用バンクなど地方公共団体による取組もあります。

こういった問題でお困りの方のフォローも行っております。お困りの際はご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都市にて特殊清掃

京都市にて特殊清掃

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

京都市内にて、2件立て続けに特殊清掃をしてきました。この時期の京都はやはり暑いですね。防護服を着ての作業となったのですが、2時間の作業で、汗だくになり中の作業着も汗でびっしょり。熱中症に気を付けながらの作業となりました。もう1件は雨中での作業となりました。幸い小降りだったとはいえ、雨で作業着はぐっしょり。こういうときは風邪をひかないように注意しなければいけませんね。雨ということでいえば、先日野球をしていて落雷を受けたというニュースがありました。最近の天気はよくわかりませんね。突然のゲリラ豪雨や落雷など、どうなってしまうのかわかりませんね。作業していても気を付けないといけませんね。

京都といえば、伏見区で放火とみられる火事が発生しましたね、亡くなった方もおられます。こういう犯罪を犯す人はどのような気持ちで行っているのでしょうか。作業した現場も近くでしたので、すごく嫌な気持ちになりましたね。早く犯人がみつかるといいですが。

孤独死や独居死は、発見が不幸にも遅れてしまったために起こるわけで、悲しいことではありますが、自然の摂理だともいえます。しかし、犯罪や自殺は違います。こういたことで犠牲者がでるのは悲しいことですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Home > タグ > 独居死

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ