ホーム > タグ > 脱臭作業

脱臭作業

トイレで死亡した腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業

■ トイレで死亡した腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「トイレで死亡した腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業」についてです。

特殊清掃SCSでは、トイレで死亡した腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業をさせていただいたことがあります。
この時は、亡くなった方はトイレに閉じ込められた状態で発見され、発見されるまでに時間がかかったため腐乱死体となってしまっていました。

特殊清掃SCSは、この時、ご相談を承ったあとすぐに現場へ急行し確認しました。現場の状況を確認しないと、どのような方法でそして時間を使って目的達成を行
えばいいのかわかりません。

なのでまずが現場に行って確認します。そして、現場の状況を分析して、どのような状況なのか、
においや細菌などチェックして、その状況にあった技法を駆使して特殊清掃を行いました。

さらに、腐乱死体になってしまったため、その強烈なにおいの除去と脱臭作業も併せて行いました。腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業は、
強烈な悪臭ですから、やはり「臭いの専門家」でないと完全に除去するのは難しいんです。

トイレや浴槽など普段利用している場所で亡くなるケースもよくあります。
そこでの発見により、その臭いの除去と脱臭作業、また特殊清掃が必要になったら、特殊清掃SCSへご依頼ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お風呂場で亡くなった場合の腐敗死体・腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業

■ お風呂場で亡くなった場合の腐敗死体・腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「お風呂場で亡くなった場合の腐乱死体のにおいの除去と脱臭作業」についてです。

孤独死や孤立死などの変死や自然死などで突然人が亡くなった場合、場所はさまざまなところになります。
中でも、お風呂場で急死されたりした場合には、通常のご遺体よりも短期間で腐敗・腐乱がひどくなります。
それは、ご遺体がお湯に使っている分、痛みが早くなりますから、短期間でご遺体の発見ができたとしても、腐乱・腐敗がひどい分、
臭いもきつくなります。

こういったケースでは、通常よりも原状回復は困難になります。
腐敗死体・腐乱死体から発生する悪臭臭は、浴室だけではおさまらず、部屋中に臭いが染み付き、充満していることもすくなくありません。
そして、湯船に腐敗した一部が残っている場合もあります。

浴室で亡くなっていたのだからにおいの除去は浴室だけでかまわないのでは、と考える方もいらっしゃいますが、
浴室以外のお部屋もすべて特殊清掃作業を行わなければならない場合も多くあります。

お風呂で足を滑らしてしまう場合や、冬場など特に、寒いところから帰宅し、熱いお風呂に飛び込むと、急激に身体が温まって心臓に負担がかかる場合もあります。そういったお風呂場での孤独死や孤立死などの場合には、浴槽という場所も相まって回復が難しくなるのです。

特殊清掃が必要になったら、特殊清掃SCSへご依頼ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 脱臭作業

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ