ホーム > タグ > 蛆虫駆除

蛆虫駆除

大阪市生野区で特殊清掃作業をしました。

暖かくなると特殊清掃の現場作業では、冬場とは明らかに大きな違いがある。

冬の寒い時期にはほとんど冬眠をしているので活動はほとんどしていないのだが、春の訪れとともに存在感が大きくなるのが蠅である。寒い時期の蛆虫や蠅を見かける事もあるのだが、その動きは遅く処理するのも容易だ。特殊清掃現場では基本的には、そこにご遺体が存在している場所で行うことになる。蠅や蛆虫とは切っても切れない仲である。部屋の扉をあけると何十万の蠅の大群でいっぱいになっていたりすると、一匹の蠅の羽を振る音もそれだけの大群になると巨大な轟音と鳴る。蛆虫も信じられないくらい大量に動いている事がある。バケツ3杯分くらいの蛆虫を見た事もある。蠅や蛆虫の被害では近隣への迷惑である。蠅が微量の死臭を嗅ぎ付けて部屋の小さな隙間から室内のご遺体の場所へ飛んでいく。次にご遺体へ卵を直接産み付ける(1回の産卵で100~150個)それがご遺体から沢山の栄養を摂取した蛆虫が蛹になり、蠅の成虫となる。次に蠅の成虫150匹がご遺体へ卵100~150個を産み付ける。これの繰り返しでネズミ算的な大量発生になり、部屋の中にこれだけ大量の蛆虫・蠅が生息する。厄介な事に、蛆虫は暗い所で蛹になる為に暗いほうへ向かい、床の小さな隙間などから暗所へ移動する。(蛆虫は産まれた直後は一ミリ以下でどんな隙間でも侵入していく)蠅は蛆虫とは正反対に明るいほうへ向かっていく。つまり蛆虫はマンションや集合住宅では床下の暗い所へ向かっていくため、木造の集合住宅などでは下の部屋へ落ちていく。階下の住人からすれば、天井から大量の蛆虫が落ちてくるわけでたまったもんじゃない。一方蠅たちは、室内から外に出たくてしょうがない。換気扇などの隙間から大量に外へにげでてしまうのである。これも隣近所の住人からすればたまったものじゃない。洗濯物をベランダに干していると蠅が大量にくっついている等の苦情が多い。 先日の現場もそうであった。木造長屋2階建ての集合住宅(大阪では文化住宅)での孤独死があった。故人は高齢者で身寄りがなくて、依頼者は物件の大家さん。対象部屋の住人が天井から沢山の蛆虫が落ちてくると訴えかけて、大家さんが2階の部屋を訪ねると高齢者の住人が孤独死されていたとの事。下の階の住人はたまったものじゃなかったのだろう。そのまま知り合いの家へ逃げ込んでいるようで、早く何とかしてほしいとの事で即日作業になった。室内全体を殺菌消毒をして、汚染された布団や畳と床の下地を撤去し、部屋に残された家財道具を遺品整理で仕分けしたのちに撤去しました。そして最後には蛆虫には殺虫剤(乳剤)、蛹には(脱皮阻害剤)、蠅に(ULV乳剤)で防除して引き渡しました。

お亡くなりになられた故人様のご冥福をお祈り申し上げます。

作業写真

CIMG1199

 

作業後

CIMG1214

 

 

ご遺体の発見が遅れた場合のDNA鑑定

SCS特殊清掃ケアサービスの岡本です。
今年は猛暑になると様々な情報がはいっていておりますが、まちがいありません。昨年よりも昼間の温度が高い日がつづいていますね。こんなに暑い日々が続くと私たちももう夏バテ対策をしております。塩飴を舐めながら十分な水分補給だけは要必要です。4月末から連日の特殊清掃と消臭作業が続いております。こんなに暑くなってきたので残念ながらご遺体の腐敗進行が速いのでしょう。大量のハエと蛆虫まみれの現場が続いております。そして例年以上にゴミ屋敷の中で急に心臓麻痺などの病気で倒れられたのでしょうか。誰からも発見されることなくお亡くなりになり、やがて強烈な異臭を放ち大量のハエが飛び回った状態で発見されるケースが連続して起きています。死後1カ月以上たってしまうとどうしてもご遺体の本人確認がなかなかうまくいきません。生前のお姿とは180度まるっきり違うお顔立ちになってしまっている事がほとんどです。なのでご遺体を引き上げられた警察は身内を探す作業と並行にDNA鑑定をします。最近この時期の場合でしたら最大で1か月以上かかることもあるのです。もちろん本人確認が取れないイコール事件性が物件自体に掛かったままになると立ち入り許可がおりません。そうなると玄関ドアから漏れ出る異臭や流れ出る大量の蠅などの処置をしようにも出来ないのです。それで困った物件オーナー様や管理会社様からなんとかしてくれという連絡がはいるわけです。わたしたちも近隣の苦情になっている原因を直接事情を警察にお話しさせていただき、室内の残置物(遺留品)などには一切手をつけず作業します。ただし、腐敗体液に汚染している残置物に関しては貴重品以外処分しますと説明して警察から許可を頂くことになるのです。残置物がある状態では完全に害虫駆除と消臭を施工する事は一時的だと可能ですが、またぶり返します。オーナー様が求めているのは近隣のクレームを抑えて欲しい一点なのでそこに全力投球します。 汚染物は完全に取り除き、蛆虫やハエの成虫には適切な殺虫を施し蛹に関しては殺虫剤が効かないので、蛹から蠅の成虫になるのを阻害する脱皮阻害剤を直接散布しなければいけません。単に特殊清掃といってもきちんとした施工をしなければ二次被害につながる可能性もあります。そこまで施工してももちろん部屋の中には強烈な死臭や腐敗臭が吸着した残置物が沢山あるので100パーセントの解決にはならないのですがまずはオーナー様が求められている結果を出すことです。そのような現場が連続してはいっておりますがお困りの方はSCS特殊清掃までお問合せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

強烈な腐敗臭の除去もお任せください。

SCS特殊清掃ケアサービスです。
新年度になり朝の通勤にもさわやかな学生や新社会人が目立つようになりました。私は電車通勤なのですが満員電車になれない学生さんや新社会人の方が主要駅でドアが開いた瞬間中から一斉に飛び出す人にもまれながら車外に押し出される光景が目立ちます。日本の電車は時間に正確な定刻発車が有名ですがさすがにこのシーズンは少し遅れがちになっています。新年度に私たちの仕事である特殊清掃でも4月から一気に忙しくなるものです。例えば暖かくなるにつれて孤独死や自死されたご遺体の腐敗の進行が早まるために血液や腐敗体液の流出、強烈な腐敗臭を嗅ぎ付けてちょっとの隙間などから家屋内に流入してくる蠅が栄養分とするご遺体に卵を産み付けてそこから蛆虫が生まれます。その蛆虫が腐敗体液を食しどんどん栄養を蓄えて蛹から蠅になりまた卵を産み付けるといった感じで始め1匹のハエから始まったのですが何千、何万と増え続け腐敗体液を食したハエや蛆虫がそこらじゅうを異動するので強烈な腐敗臭が拡散し家屋が大ダメージを受けるわけです。害虫駆除を施すにも一筋縄ではいかず。暖かくなるということはそんな現場が増えてしまうわけであります。SCSではどのような凄惨な現場にも対応して家屋の現状回復をします。ご家族のご不幸に見舞われたご遺族様や物件オーナー様や管理会社様お困りの事がございましたら、SCS特殊清掃ケアサービスまでお問合せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は業界19年間で21000件以上の実績
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蛆虫駆除や腐敗臭除去などの特別清掃

■ 蛆虫駆除や腐敗臭除去などの特別清掃

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。今回は「蛆虫駆除や腐敗臭除去などの特別清掃 」についてです。

人が亡くなるなどして、ご遺体の発見までに時間がかかってしまい、ご遺体の腐敗が進み腐敗臭が部屋に染み付いてしまった、またご遺体に蛆虫が大量に発生してしまっているといった場合、通常の清掃作業ではとても対処できません。
ねずみ講という言葉もありますが、うじ虫が増えて成虫になってその成虫が卵を産んでサナギになって成虫になって・・・と繰り返すさまはねずみ講の数倍早く、数十倍悲惨な惨状になっていることが多いです。

ふとんをめくった瞬間にこの大量のうじ虫が出てくることもあります。また、大量の蛆虫は弱いのですぐに隠れます、布団の下、畳の隅、押入れの中・・うじ虫に関しても、一匹残らず丁寧に駆除し清掃する必要があります。
こういったことは、ご遺族様だけで対処することは、精神的にも大変です。
ですから、腐敗臭除去や蛆虫駆除に関しては、専門業者に任せるのが一番です。

うじ虫に関しては広がっていく危険があります。マンションなどでは、現場が6階なのに、1階の部屋からハエが発生していると苦情が出るケースがあります、これはすでにうじ虫がハエになって飛び回ってしまっている証拠なのでしょう、
そうなると駆除の範囲も格段に広くなってしまいます。

特殊清掃SCSでは、腐敗臭や蛆虫などの害虫発生の状況などを確認し、それに合った方法で特別清掃を行います。
屋根裏にうじ虫はハエが大量発生している場合もあります、ご遺体が発見されたお部屋の腐敗臭除去や蛆虫駆除などの特別清掃が必要になったら、特殊清掃SCSへご依頼ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 蛆虫駆除

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ