ホーム > タグ > 血液

血液

孤独死現場での消毒の必要性

SCS特殊清掃の岡本です。

熊本地震で被災された方、お気持ち察します。私自身が出来る事を被災地に向けて実行します。
お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

4月も早くて後半に突入しましたね。天災の影響が関係あるのか、一気に気温が上がりこの2日間で梅雨時期のような蒸し暑い気候になりました。我々の志事である特殊清掃や感染症予防の為の消毒作業が増え連日手分けしてスタッフ総動員で動いております。
先日、大阪市内のアパートの一室で死後3週間が経ち強烈な異臭が部屋からするとの事でご遺体が発見された現場での事なのですが、とある保険会社からの依頼で、入室して調査するために感染症予防の消毒をしてほしいとの依頼でした。ここまでならばよくある話で10年以上前から業務提携させて頂いている会社もあり、いつもの事だと思っていたのですが、現地につき玄関の扉を開けるとびっくりしました。なんと家財道具が全くない。むしろ空っぽになっていたのです。これには保険会社の方もびっくり。結局は管理会社が先に便利屋やリサイクル屋などが始めた遺品整理を呼んで家財道具を全て出したとの事。そして一番懸念されることは床や廊下のフローリングに血液や体液を踏んだ足で歩き回った足跡がたくさんあり、玄関まで続いていました。そうなると臭いや汚れ、感染症の危険まで拡散する事になり原状復旧が大変な事になります。それよりも作業された方がなんらかの感染症にかかっていないか心配します。作業は入念に消毒をして保険会社様に引き渡しをしました。
SCSでは医療環境管理士が常駐しております。身体から出る汗以外の血液・体液は感染症の疑いがあるを基準として対応するという標準予防策(スタンダードプリコーション)を重視して施工します。不慮の事故や事件現場などの血液や体液には触れず、踏まず、まずは感染症予防策のスペシャリスト、SCS特殊清掃にお問合せください。お問合せスタッフ一同心よりお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特殊清掃による感染症対策とは

SCS特殊清掃・ケアサービスの岡本です。

すっかり春らしく桜が咲きつつあり、なんとも温かな気持ちになれる春になりましたね。
皆さまも春と言えば花見の予定もたちつつあるのではないでしょうか?
良いお酒を飲んでくださいね。

さてSCS特殊清掃では引っ越しシーズンでは無いですが連日・見積・現場の繰り返しでスタッフがフル活動しております。
ケガや事故には細心の注意を払っております。
やはり温かくなるにつれて特殊清掃の作業が増えています。
特殊清掃とは不慮の事故や病死、自死などによりお亡くなりになられた方の最後の生きざまがそのまま血液や体液、肉辺などにより部屋の中や共有部が汚染・汚損された所の原状回復を図る事を指します。実際の作業も単に見た目を良くするだけではなく、目に見えない感染症予防の為の消毒は必ず必要になります。最近はガス燻蒸で消毒している会社がHPなどでたくさん見受けられますが、状況に応じた消毒方法も様々です。ガス燻蒸だけでは直接的な感染症対策にはなりません。勿論工程中で必要とする事もありますが。感染症対策の為の消毒施工を行った後は汚染・汚損部分の撤去作業です。スタンダードプリコーション(標準予防策)によりますと、人体から出たすべての血液、体液は感染症の疑いをもって処理をすると提唱されています。
徹底的に汚染が触れないように真空梱包して搬出します。勿論血液・体液等がついたものに関しましては感染性廃棄物として廃棄処分をします。
単に血液や体液を拭き取るだけではなく、ご遺族様が素手で雑巾がけをしたとお話しを聞くことも多々あるのですが、非常に危険な事なので
そういったときはまず、医療環境管理士が在籍しておりますSCS特殊清掃・ケアサービスへご連絡ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤立死、孤独死、腐敗臭、腐乱遺体、変死、自殺現場の清掃・脱臭・消臭・害虫駆除で
お困りの方のご相談は
特殊清掃専門会社のSCS特殊清掃・ケアサービス
お問い合わせ0120-469-466 電話受付 24時間受付

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感染症の恐怖

●感染症の恐怖

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

エボラ出血熱の二次感染の問題でアメリカがちょっとした混乱に陥っていますね。医療先進国のアメリカでこのような事態になるとは、皆さんあまり想像していなかったのではないでしょうか。日本も対岸の火事とは言っていられません。もし、そうなった場合に備えて色々手を打たないといけませんね。法整備もいろいろと進められていますね。

エボラ出血熱は基本的に、患者の血液や体液に接触することによって感染していくと考えられています。血液や体液によって感染する感染症は多くあります。肝炎やHIVもそうですね。変死現場では血液や体液によってお部屋が悲惨な状況になっていることがほとんどです。何も知らずに触れてしまって感染症に感染してしまったということにもなりかねません。十分な知識と注意が必要です。こういったことを知らない業者の方もいらっしゃいます。選ぶ際にはお気を付け下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

熱中症にお気をつけください

●熱中症にお気をつけください

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

連日、暑い日が続きますね。まだ梅雨も終わってないのにこの暑さ、夏本番が嫌になってきますね。

この時期、気を付けないといけないのが熱中症ですね。特殊清掃の作業中、私たちは防護服に身を包み作業するわけですが、この防護服は血液や体液をシャットアウトするようにできていますので、当然通気性はゼロです。汗だくになっての作業となります。感染症の危険等がありますので脱ぐわけにもいきませんからね。「ミイラ取りがミイラになる」ではないですが、特殊清掃の現場に作業に行って、そこで倒れるなんて笑い話にもなりませんので気を付けて作業しています。

孤独死や独居死される方の中にも、熱中症が原因でお亡くなりになる方は多いのではないでしょうか。熱中症で気を失い、そのまま誰にも気づかれずに脱水症状を起こしてお亡くなりに。その後何らかの異常により発見される。そういったケースはたくさん見てきました。何らかの見守りの仕組みがあればかなり多くの人が助かるのではないでしょうか。見守りの仕組みは、地域コミュニティであったり、行政であったり、民間の企業活動であったりと、色々なアイデアも出てきていますが軌道にのるのはまだ先のお話でしょうね。できることから、コツコツと何かしていけてらなと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特殊清掃って何?

ブログをお読み頂きありがとうございます。

特殊清掃SCSの新米スタッフ真木です。

特殊清掃っていったい何をするんだろう?そのような疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。私もその一人でした。

今日は特殊清掃についてもう一度ご説明させていただこうと思います。

平穏な生活の中で事故、事件というのは突然起こります。ほとんどの人にとって、それは初めての経験です。そして、その現場は皆さんが考える以上に悲惨なものです。

例えば、自殺や孤独死・独居死で発見が遅れてしまったら・・・ご遺体の腐敗や腐乱が進行してしまい通常では考えられない汚染が広がります。その室内は視覚、嗅覚に強烈なインパクトを残し、精神的にも大きなダメージを与えてしまう程です。

このような場合、通常の清掃では室内のダメージを回復することができません。そこで特殊清掃が必要になってくるのです。部屋の消毒、汚染物(体液・血液・腐敗液)の除去・洗浄。腐敗液・腐乱液、血液のしみ込んだ家財道具の梱包・搬出。死臭の染みついてしまった家財道具等の撤去・搬出、ウジや蠅といった不衛生害虫の駆除、染みついた強烈な異臭(死臭・腐敗臭)の消臭をしなければなりません。。お部屋の原状回復までのあらゆるサポートを行う仕事、それが特殊清掃です。

行う作業をお考えいただければ、多くの知識と経験が必要になることがおわかり頂けると思います。私はまだまだ新米。知識も経験もまだまだです。ただ弊社には知識と経験を備えたスタッフが多々います。先輩スタッフに学び成長していきたいと思います。弊社では臭気判定士、医療環境管理士の資格取得を義務付けています。私も資格取得に向け、日々勉強中です。

もしみなさまの身近でこのような事態が起こったなら・・・・・

豊富な知識と経験を持った弊社のプロフェッショナルスタッフにお任せください。

 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

────────────────────────────

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特殊清掃と感染症

ブログをお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSスタッフの松田です。

先日、京都と神戸にて特殊清掃を行ってきました。2件とも現場に血液が散乱しており、その洗浄および消毒のご依頼でした。

最近、ダニ媒介の新感染症による国内での死亡者が発見され大きなニュースになっています。特殊清掃の現場にても感染症は大きな問題となります。孤独死や独居死されてお亡くなりになられた場合、死因がはっきりしないケースは多々あります。故人様が感染症にかかっていた可能性もあります。孤独死や独居死で発見が遅れた場合などは、室内に大量の体液や腐敗液が広がっています。また、血液や糞便といったものがあるケースもございます。これらの中にはどんな病原菌が潜んでいるかわかりません。軽く考えて、自分で処置したため感染症にかかってしまう。さらには自分の家族、友人、恋人にも感染させてしまう危険性がございます。

弊社では医療環境管理士の資格を持ったスタッフが、ユニバーサルプリコーションに基づき適格な作業を実施させていただきます。

自殺や事件、孤独死などの処置にお困りの場合は、お問い合わせください。

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00 ────────────────────────────

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

血液の清掃と清掃業者

■ 血液の清掃と清掃業者 ■ 


ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「血液の清掃と清掃業者」についてです。

最近、和泉市の泉北ニュータウンのほうで仕事の関係で行ってきました。泉北高速鉄道が走っている、泉が丘、光明池、和泉中央の駅のあの泉北ニュータウンのほうです。
帝塚山学院などがあって、堺の南区と和泉市の境目のほうの場所です。

マンションの管理会社の担当者さんと打ち合わせを行って、その後に実際のご遺族様と話をしましたが、いろいろと話の中で変わった質問を受けました。
「血液の清掃はどのように行うのか?」と。
清掃会社といっても、通常のダスキンさんなどのハウスクリーニングのように部屋をクリーニングする、という場合とは内容が異なるので質問されたのだと思います。

確かに、ハウスクリーニングや、イオンなどのデパートで清掃をして「ポリッシャー」という清掃機器を使っている清掃業者さんとは、特殊清掃などの清掃は異なります。
特に、血液は凝固して取りづらくなるのが通常なので、特殊な清掃作業が必要ということはイメージいただけているようです。

どのように、という方法ですが、そのときと場合や、血液が付着しているものも異なりますので、一概にこのような方法とは言えません。
血液の特性上凝固することと、腐敗していけばハエなどの害虫も発生しますのでより被害が拡大してしまいます。そういったことまではなかなか
通常のハウスクリーニング会社さんでも行わないのが普通です。

特殊清掃SCSは、血液が固まり部屋が大変なことになっている、という場合にもしっかり原状回復を目指す会社です。
特殊清掃にお悩みの際にはお気軽にご相談ください。










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特殊清掃と人に喜んでもらうこと

■特殊清掃と人に喜んでもらうこと■

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「特殊清掃と人に喜んでもらうこと」についてです。

特殊清掃現場は、春・夏・秋・冬・関係なく御相談が入ります。
特殊清掃の事故現場に駆けつけ、故人様の血液や体液を拭ったり、ハエやうじ虫などの大群と日々格闘しながら仕事を行います。
こういった現場では、仕事がハードである事は間違いありません。そういった仕事を行いながらも、いつも感じる事があります。

こういった特殊清掃を行うことでご遺族さんや大家さんに喜んでいただきます。
また、亡くなった故人様の力にもなれます。特殊清掃は誰からも喜んでもらえる、そういった仕事だと感じています。人の力になれる事は、とてもうれしい事ですし、感謝される事は素晴らしい事です。
仕事の意義や生きる事の意義について考える事がありますが、世のため、人のため、何らかのお役にたつ事が自分という命が存在している意義なのだと感じます。
特殊清掃の仕事をすると、人の生き死にを真剣に見つめ合わなくてはなりません。

そういう強い気持ちを持って、人に喜んでもらう事を追求する事が、特殊清掃の意義だと感じます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 血液

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ