ホーム > タグ > 賃貸物件

賃貸物件

「事故物件」に住む人々

●「事故物件」に住む人々

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

ある新聞の記事によりますと、賃貸物件の家屋内で自殺や孤独死、殺人事件などが発生したため、「縁起が悪い」などとして敬遠されがちな「事故物件」をあえて指定して借りるケースが目立ってきているそうです。経済的に余裕がない人たちが、安い家賃を求めて入居しているとのことです。

UR都市再生機構などでは、そういった物件を事故物件として家賃を減額して、ホームページなどにも記載して募集をかけていますね。「縁起が悪い」そういったことを気にされない方なら、「事故物件」というのはお得ですよね。たいてい家賃などは半額になっているケースがほとんどです。好立地で広い部屋、しかも築年度が新しい物件でもお得な値段で借りられます。きちんとした特殊清掃の施工を行えば、悪臭や害虫の問題もなくなり早期に復旧が可能になります。放置して、家賃収入が0になるよりは、半額でも回収できるほうが家主様にとってもメリットですよね。

とはいえなんですが。。。こういったお部屋に入り、特殊清掃を行うことには何の抵抗もないのないのですが、住むとなるとちょっと気が引けてしまいますね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業

■ 大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。今回は「大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業」についてです。

以前、大阪市で起きた殺人現場の特殊清掃作業のご依頼をいただいたことがあります。
自殺や孤独死・孤立死などと違って、殺人現場は非常に凄惨な状態にあることが多いです。このケースも、例外ではありませんでした。

室内に残された多数の血痕、ご遺体も無残な状態で見つかり、外傷が酷い状態でした。
殺人現場は警察の現場検証などが済むまでは誰も立ち入ることはできません。とはいえ、こういった場合には、感染症などを防ぐために、特殊清掃が済むまでご遺族様には現場に立ち入っていただけないことがほとんどです。

特殊清掃SCSでは、こういった殺人現場の場合でも、まず現場へ急行し、状況を把握し分析します。
そして、血痕がどのていど残されているのか、ご遺体の状況はどうか、また菌などが繁殖しているかどうかなど、徹底的に現場を調査し、そのうえで特殊清掃を行っていきます。

適切な道具や薬剤を使い、たとえ殺人現場であっても、賃貸物件ならまた再び使用できるように原状回復リフォームを行います。血液などは簡単に除去できない場合もあります、SCSでは特殊なケースでも、確実に対応いたしますので安心してお任せください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

西宮市の事故物件における死臭消毒

■ 西宮市の事故物件における死臭消毒

特殊清掃画像ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「西宮市の事故物件における死臭消毒作業」についてです。

「死臭を消毒する」という言葉に何か違和感は感じませんか?
死臭を取り除くという意味に関してですが、消毒が含まれることもありますが、正確には死臭の消臭作業になります。

特殊清掃SCSで、西宮市の事故物件における死臭の消臭作業を実施しました。
このケースは、西宮市の賃貸物件で故人様が孤独死され、約2週間後にご遺体が発見されたという状況でした。
そのため、ご遺体の腐敗が進んでおり、死臭の消臭作業が必要になりました。

特殊清掃SCSでは、こういった場合にはまず現場を徹底的に分析致します。
汚染の範囲やそれによるダメージ、死臭の発生源や拡散度や吸着度そして臭気の濃度、不衛生害虫の発生状況や感染症の問題などを明確に把握しま す。

さらに必要な場合には特殊除去・洗浄作業まで徹底的に行い、賃貸などの場合には次に入居される方に気持ちよくご利用いただけるよう、完全に原 状回復を行います。

孤独死や変死、自然死などで住人が亡くなった場合、このケースのように発見が遅れることが多くあります。
そうなると、ご遺体の腐敗や腐乱が進んでしまい、汚れはもちろん、においが部屋に染みついてしまったり、さまざまな不衛生害虫や菌が繁殖する といったことが起こります。
ですから、こういった場合には全ての知識と技術を有した、プロの特殊清掃業者に特殊清掃を依頼することをおすすめいたします。

死臭の消臭作業が必要になったら、特殊清掃SCSへお早めにご依頼ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 賃貸物件

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ