ホーム > タグ > 遺品処理

遺品処理

展示会が終わって

●展示会が終わって

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。
賃貸住宅フェアへの出展が終わってひと段落つき、ゆっくりしていますと言いたいところなんですが、和歌山市、奈良県、兵庫県、堺市と色々な所からご依頼いただき忙しい毎日です。スタッフ数が多いわけではないので、展示会担当のスタッフも翌日から、各地の現場に行って業務を行っています。

大阪はもちろん、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県は営業エリアとなっておりますので、お気軽に相談ください。営業エリア内のお見積りは無料で行かせていただいております。

特殊清掃はもちろんのこと、遺品の処理等でお困りの方、死臭・腐敗臭の消臭でお困りの方は遠慮なくお電話ください。

今回の展示会の出展に当たり、準備及び当日のプレゼンテーションを通じて、スタッフ一同も仕事の意義、サービスの品質等について改めて考えるいい機会となりました。これからも技術の向上及び、サービス品質の向上に努めてまいりたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特殊清掃必要なケースとは

●特殊清掃が必要なケースとは

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

ちょっとづつではありますが、特殊清掃という言葉も知れ渡ってきました。近頃は遺品整理を業種とされている会社様も特殊清掃をうたうケースが増えています。ちなみに特殊清掃会社の弊社ですが、遺品整理はできないのか。もちろん可能です。遺品整理・遺品処理もサービスメニューの一つです、成りたちは違いますが。弊社の専門は消臭・脱臭・消毒。そこから始まり、死臭の除去や、腐敗後の洗浄・除去を頼まれるようになり特殊清掃が始まりました。その過程で遺品の処理も一括で行った方が良いということで、それらもまとめて、ワンパッケージサービスとしました。

特殊清掃が必要なケースとは?孤独死や、自殺、事故などにより、遺体の損傷などが激しく、腐敗体液の流出が激しい。ウジやハエなどの害虫が大量発生している。死臭のニオイがひどく中に入れないなどといったケースです。専門の知識と経験のない方が作業されると2次被害が発生することもあります。業者選びには注意が必要です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6774-3333 FAX:06-6774-3400

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東大阪市にて文化住宅の残置物処理

●東大阪市にて文化住宅の残置物処理

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

先日、東大阪市にて遺品処理と残置物処理を行ってきました。現場は、いわゆる文化住宅(なぜ文化住宅と命名されたんでしょうか?)です。お亡くなりになった方が、最後の入居者で、大家さんは残置物の撤去が終わった後は解体されるとのこと。まだまだ文化住宅というのは残っていますが、入居者の方が高齢化されているケースがほとんどですね。若い人は文化住宅に入居しませんからね。

残った入居者の方がお亡くなりになってしまった段階で解体というという考えの大家さんは多いのではないでしょうか。ただ、この文化住宅。立地が、狭い路地沿いといったケースが多いんですよね。残置物を運び出す場合も、車の場所まで移動距離が長くなる場所が多いです。

解体される場合でも、重機が入れないとなると人間の手で解体しないといけませんからね。結構費用かさむと思います。とはいえ老朽化した建物をほったらかしにもできませんからね。

こういったケースでお困りの際はご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

供養

●供養

ブログをお読みいただきありがとうございます。 特殊清掃SCSスタッフの松田です 。

このGWは4日間お休みいただいてました。実家に帰省してゆっくりしてきました。

実家は山口県なんですが、出雲大社の大遷宮があるのでお参りに行ってきました。(本殿の屋根の檜皮葺を60年に一度葺き替えるんです。)本殿に神様をお返しするのは10日なので、本当は12日とかに行きたかったんですが休みの都合上しょうがないですね。

さて、遺品整理や遺品処分といった仕事をしていると、仏壇のおいてある家や神棚のある家などあります。特に高齢者の方の家は多いですね。この場合、ご遺族の方が継承していかれる場合は何の問題もありません。問題になるのは処分しなければならない場合。神棚であれば、神様にきちんとお帰りいただく必要があります。仏壇の場合、ご先祖様の供養をどうするかといった問題があります。

無信仰だからゴミとして処分してとおっしゃられる方もいらっやいますが。。。。信仰心を抜きにして考えたとしても、お仏壇や神棚にはそこにお祈りしていた人の思いが宿っているのではないでしょうか。その思いをゴミとして処分してよいものでしょうか?どういう形で処理するのがいいかよくお考えください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談

特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ0120-469-466 電話受付 8:00~19:00

大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12

TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070

東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F

TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Home > タグ > 遺品処理

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ