ホーム > タグ > 高齢化社会

高齢化社会

腐乱死体からみる現場の特殊清掃

■ 腐乱死体からみる現場の特殊清掃

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「腐乱死体からみる現場の特殊清掃」についてです。

孤独死や孤立死が現在日本でも着々と増加しているようです。
高齢化社会が刻一刻と迫り、日本の人口は2050年には8000万人まで減少する、とされています。
そのようになると、死後を看取ってくれる人がいない、というケースも徐々に増加中です。

一人暮らしなどの人が自殺されて、そのまま長い間発見されず、腐乱死体で見つかるということは実は少なくありません。
ひとりぐらしで近隣の方々とも付き合いがないといった状況なら、自殺されてもしばらくは発見されず、
ご遺体が腐乱していくのにあわせて発生する腐乱臭で周囲が異変を感じ、部屋を調べたところ亡くなっていた、という発見のされ方をすることは多くあります。

こういった場合に、自殺現場の特殊清掃が必要になります。
ご遺体の損壊によって特殊清掃の内容も違ってきますが、腐乱死体で見つかった場合は、細菌や虫が大量に発生している可能性があるので、現場の状況をまず分析して、
どのように特殊清掃を行えばいいかを検討し、適切な作業工法を選択し、徹底的に特殊清掃を行います。
また、菌や虫に対する殺菌消毒や殺虫消毒、部屋に充満した死臭の消臭作業も徹底して行い、お部屋が再度利用できるようにまで原状回復させます。

特殊清掃SCSは、特殊清掃のプロ集団ですから、現場を細かい部分まで徹底的に特殊清掃作業を行います。
それは、腐乱死体から発せられる臭いが、現場のあらゆる場所に染みついてしまっているからです。
また、消臭・消毒まで確実に行い、ご遺族とともに遺品整理も行って、現場を元の状態に戻します。

特殊清掃が必要になったら、特殊清掃SCSへご依頼ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

末期癌患者の余命宣告と特殊清掃業務

■ 末期癌患者の余命宣告と特殊清掃業務

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「末期癌患者の方の遺品整理と特殊清掃業務」についてです。

特殊清掃SCSにいただくご依頼の中に、末期癌患者の方の遺品整理と特殊清掃業務のご依頼があります。
末期癌患者の余命宣告をすでに告げられており、もういつ亡くなってしまうかもわからないという時に、
「自分が死んだら部屋の整理をお願いしたい」というケースがあります。

こういった方々は、亡くなってからもご家族様に迷惑をかけたくないということで、ご自分で身辺整理をし、亡くなった後のことまでを自分で手配なさいます。
末期癌という現実は非常に重いものでしょうし、あといくらも生きられないということは、精神的に大きな負担となっていることでしょう。
しかし、末期癌患者の方々の中でも、自分が死んだ後のことを考えて気丈にそのための準備をされている方も少なからずいらっしゃいます。

といっても、末期がん患者様でしたら、もし何かあってもご家族様が側についていただいているかと思いますが、
そうではないケースもあります。いわゆる孤独死になって、死後何日も何週間も放置されているようなこともあります。

特殊清掃SCSでは、こういった方々からのご依頼の場合、亡くなったというご連絡をいただくのはご家族様からとなります。
もちろん生前からご相談を承っていたりするのですが、その事情などをご家族様がはっきり知らないとご依頼後の作業に進めません。
自分が死んだ後もご家族様の手をわずらわせたくないという気持ちを尊重し、スピーディに特殊清掃業務をしたくても出来ないのが実情ですし、まずはご家族様にご確認いただき進めます。

高齢化社会になって死後を意識して暮らす方も増えてますが、やはりご家族様ともしっかりした話し合いも大事です。
特殊清掃が必要なら、特殊清掃SCSへご依頼ください。特殊清掃ならSCSにまずはご相談を。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12
TEL:06-6717-2244 FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高齢化社会と忍び寄る大阪市の孤独死の現状

■ 高齢化社会と忍び寄る大阪市の孤独死の現状

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「高齢化社会と忍び寄る大阪市の孤独死の現状」についてです。

大阪市では核家族化が進み、市内では毎年100件を超える孤独死が発生しています。
警察では変死とされる孤独死は、その正確な数こそ判明していないものの、非常に多い数の孤独死が発生していることは事実です。
孤独死は、高齢化社会が進むにつれさらに増え続けている傾向があります。

孤独死は、元気だった人が突然の病に襲われ死亡するというケースが多くあります。
ひとり暮らしのため誰にも看取られることなく突然死し、そのまましばらく発見されないケースが非常に多いんです。
また、亡くなる方は高齢者が多いのも特徴のひとつです。

孤独死すると発見が遅れることがほとんどですが、夏場ともなると腐敗の進行が早く、1週間も見つからなければご遺体が液状化していることもあるほどです。
そうなると、ご遺体の腐敗臭が周辺に漂い、その臭いで発見に至る、ということも少なくありません。

お年寄りのひとり暮らしで、親族やご近所とのお付き合いがないという場合に、発見が遅れるケースが多発しています。
発見が遅れると、ご遺族は故人様の顔を見ることなくお別れをしなければならなくなります。
高齢化社会が進む現代、さまざまな対策を講じて、孤独死を防ぎ、また孤独死したとしても発見を早くすることが必要なのではないでしょうか。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS?お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公団住宅での孤独死や変死の増加

■ 公団住宅での孤独死や変死の増加

ブログお読みいただきありがとうございます。特殊清掃SCSのスタッフ松田です。
今回は「公団住宅での孤独死や変死の増加」についてです。

公団と聞いてもピンと来ない方も多いかも知れないですが、UR賃貸などの民間マンションではなく、財団や官公庁などの土地開発関連で
作られた総称として公団といわれます。この公団住宅などでは、お年寄りがひとりで暮らしている世帯も多く入居されています。

大阪では千里ニュータウン、都心部では多摩ニュータウンなど有名ですね。
しかし、自然人口の減少が日本でも始まってます。100年間で半分にもなり、昭和の初めと並ぶ人口になると予測もあります。

となると、公団住宅での孤独死や変死は、高齢化社会に伴って増加しつつあります。
ひとり暮らしのお年寄りが公団住宅でそのまま孤独死や変死されていて、しばらく気付かれないということも少なくありません。

こういったことから、公団住宅での特殊清掃のご依頼も増えています。
ご遺体の発見までに時間がかかった場合、腐敗など傷みが激しい場合には特に、特殊清掃はもちろん殺菌や消毒、消臭などの作業も行う必要があります。

死臭というものは独特であり、ご近所にお住まいの方々にも不快な思いをさせてしまいます。
また、「近所で人が亡くなった」ということが、ご近所の方々にとって精神的なストレスになることもあります。
そういったことも踏まえて、現場を確実に特殊清掃し、特に公団住宅などでは再び利用することができる状態にまで原状回復を行います。

公団住宅での孤独死や変死でお身内を亡くされた方、特殊清掃が必要になった場合にはお早めに特殊清掃SCSへご依頼ください。
現場の徹底した特殊清掃・殺菌・消毒・消臭を行い、ご遺族様の精神的負担をできるだけ軽くできるようサポートいたします。
孤独死・変死・自然死などで特殊清掃が必要になった場合は、特殊清掃SCSへお早めにご相談ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS?お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

多死社会と特殊清掃

■ 多死社会と特殊清掃 ■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
特殊清掃のスタッフ松田です。

今回のテーマは多死社会と特殊清掃についてです。

2012年、団塊の世代が年金受給年齢である65歳以上になり、
社会保険費用を収めてきたことによって年金を受給することになります。
いわゆる高齢化社会が生まれてきます。

団塊の世代が年金を受給することによって、今後毎年2兆円以上の社会保険費用増加が見込まれることが予想されており、現役の世代はそれを上回る税金や保険料を収めることが必要になります。

そうなってくると若い世代の負担も増えますし、団塊の世代が亡くなるケースも増えてきますので、どのように自分の最後を迎えるのかということが問題になってきます。

特殊清掃SCSでは、孤独死をなくしたいという理念を持っているものの、まだまだ実現は難しいと考えており、今後の社会に対して特殊清掃が成し得ることをもっともっと見つめていかなくてはと考えています。

■ 多死社会と特殊清掃 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
孤独死、腐乱死体、腐乱遺体、変死、死体、自殺などのご相談
特殊清掃専門会社のSCS お問い合わせ
0120-469-466 電話受付 8:00~19:00
────────────────────────────
本社 〒544-0021大阪府大阪市生野区勝山南3-4-2
TEL:06-6711-6060(代) FAX:06-6711-7070
東京支店 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL:03-5664-3707 FAX:03-5664-3708
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Home > タグ > 高齢化社会

最近の投稿
カテゴリー
タグクラウド
アーカイブ
ページの先頭へ